アリア

作者 桜庭かなめ

105

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ヒロインの女の子の一途な愛が気持ちいい。何があろうと主人公に対する愛がぶれない。ぶれないったらぶれない!少しの揺らぎも発生しない。
恋のライバルが現れても全く動じないし、ここまで一途だと安心してしまう。主人公も何があろうと動じない。いろいろと障害が発生するが常に冷静、落ち着いたものである。妨害する敵も現れるが、この安心カップルの前ではザコでしかない。
まったり安心カップルの甘々物語にザコ敵のスパイスを振りかけた一途なラブコメを召し上がれ。

★★★ Excellent!!!

中学生だった少年は、遊園地でとある女の子を助ける。女の子はその場で少年にプロポーズし、結婚出来る年齢になったら考えるとやんわりと答える。
そして月日は経って10年後。
少年の目の前にその時の少女が現れ、再びプロポーズしてくる。
そこから同僚との恋のバトルや、少女が隠していたとある問題など、順風満帆とはいかずに――

一気に引き込まれてしまいました。
最初は単純ないちゃいちゃで、かつ、同僚も含めた異様な光景で正直うらやましいを通り越して呆れの領域にいたのですが、しかし中盤のとある問題には腸が煮えくり返るような思いをしながら読み、現況は息を呑んで先がかなり気になる展開となっています。早くスッキリとした解決してほしい……と、登場人物に感情移入して思ってしまいました。ただ感情移入してしまったのは智也ではなく、羽賀の方ですが……

前半の展開でただのラブコメと思うなかれ!
後半の圧倒的な社会問題に思う所があるはずですので、是非とも読んでみてください。