愛しの彼女を埋めました。

作者 喜多川 信

38

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

もうね、何もかも上手い。
導入も上手ければ展開もオチも上手い。
登場人物はみんな一癖も二癖もあり、
主に変態と変人で構成されている。
このキャスティングもまた上手い、上手すぎる。

笑いのセンスもあり過ぎでしょう。
まんべんなく笑かしにきているのに加えて、
時々とんでもないパワーのパンチが飛んでくる。
通勤バスの中で吹いてしまったくらいである。

詳しくはまぁ、チラッと読んでみてください。
多分止まらないから。

ていうか、こんなに変態を活き活きと描写できるということは
きっと作者も変態さんなんだと思います。大変良いと思います。

個人的には山下がイケメンを振り切り過ぎてて大好きです。
あと生瀬ちゃん天使。

★★★ Excellent!!!

腹を抱えて笑いたいのならこの作品だ。
個性の強いキャラクターが多い。恐ろしい。
読みやすいしこともあって、展開がぐいぐい進んでいく。
これはもっと評価されてもいい作品なのではなかろうか?

最近ストレスが溜まってイライラしている方。必見です。笑いがすべてを掬ってくれる!!

★★★ Excellent!!!

この小説には随分と笑わせてもらいました。
登場する人物が次か次へと個性的です。どう個性的かは、まあ、みなさんの目でお確かめください。

オススメは山下君ですね。彼の行動はある意味かっこよかったです。(私は見習いたくありませんが)

皆さんの腹筋を鍛えるためにどうぞ一読を!