月を愛でる


「明日はスーパームーンなんだって」


 スマホをいじりながら由香が言った。


「ふうん」

 大して興味もないので、こちらもスマホをいじりながら気のない返事を返す。


 途端。


 バシン、と大きな音がして、俺のスマホは部屋の隅まで飛んでいった。


 何すんだ、と、出かかった科白を咽の辺りで寸止める。



 由香のきれいに整えられた眉が吊り上がっている。

 なのに、目尻が微妙に垂れて瞳が潤みかけている。



 やばい。

 これは面倒臭いやつだ。


 考えろ、俺。

 正しい答えは何だ?



「一緒に見に行きたい、な?」


 こくん、と由香が頷く。



 よし、正解。

 セーフ。



 ちらりと部屋の隅のスマホに目を遣る。

 あっちは、多分アウトだ。


「どこに見に行く?」


 由香の顔が嬉しそうに輝き、スマホの画面を見せてくる。


「ちょい待って」


 転がったスマホを拾い上げて画面を確認。

 小一時間掛けて組上げたデータはパア。


 まあ、いいか。



 頬を付けるようにして、ふたり小さな画面を覗き込む。




 さあ、明日はどこに行く?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます