400文字。

早瀬翠風

いつものカフェで


 そのひとのことを私は知らない。


 その「おじさん」は、いつもコーヒーショップのテラス席に座っている。

 朝の通勤時間帯、慌ただしく行き過ぎる人波から切り離されたように、ゆったりと座っている。


 テーブルの上には、どっしりとしたマグカップと、小さなノート。

 青いインクで書かれた文字は、通りを歩く私に読み解くことは出来ない。


 何が書いてあるのだろうか。

 何を想っているのだろうか。


 そのひとは、いつも同じテーブルに座っている。


 私はいつも、そのテーブルに視線を引かれる。




 けれどこれは、恋ではない。




 だって、

 年が違いすぎる。

 そのひとのことを何も知らない。



 ときどき、おじさんのいない日がある。


 誰もいないテーブルに、私はそれでも視線を引かれる。


 


 けれど断じて、恋ではない。




 いつものテラス席におじさんが座っていた。


 テーブルの上にはマグカップがふたつ。



 おじさんが優しい顔で笑っている。


 笑顔を初めて見た。




 けれど、これは失恋ではない。


 決して。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます