第3話 用務員・才羽幸人


 それから一ヶ月。ゴールデンウイークが終わり、季節が夏に向かい動き始める頃。


 聖フロリアヌス女学院の高度な授業にも難無く適応し、そればかりか勉学に苦心するクラスメートを積極的に助けて行く真里の人望は、入学当初より高いものとなっていた。

 現在では勉強を教わりたいと他クラスから訪問者が来るほどの人気者となり、当初は彼女を妬んでいた一部の生徒達も、徐々に彼女を認める傾向を見せている。


(恋の一つでも、か……)


 ある一人の、二年生を除いて。


(……あ。才羽さいば君、花壇の水やりしてくれてる。後でお礼言いに行こっと……)


 そんな先輩がいるとは、露も知らない真里は。休み時間中、ふと窓際から校庭を見下ろし、白マフラーの用務員の姿を見つけていた。

 相変わらずの仏頂面だが……その顔つきには似合わないほどに、丁寧に草花を扱う彼の様子を、真里は華やかな笑顔で見守っていた。


(あ、くしゃみしてる……かわいい)

「まーた才羽のこと見てんなお前」

「ふひゃあ!?」


 その時。不意に至近距離から、前の席の恵に声をかけられ、真里は仰天するあまり可笑しな声を上げてしまう。その珍妙な悲鳴に注目する周囲に、彼女はひどく赤面した。


「……も、もう。なによ恵、いきなり」

「そっちこそなんだよ。入学式の日からずっと、暇さえあれば才羽のヤツのこと見てんじゃんお前。確かに用務員にしちゃあ珍しいイケメンだが、お前が惚れるほどのモンか?」

「ほ、惚れっ……そんなんじゃないってば!」

「そうかい。んじゃ、なんなんだ?」

「そ、それは……」


 恵が言う通り、真里は入学式の日に出会って以来ずっと、ふとした時にあの仏頂面の用務員を見つめるようになっていた。


 用務員の名は、才羽幸人さいばゆきと

 十六歳……つまり真里達と同い年であり、昼は女学院で働き、夜に定時制学校に通っているという。


 普段から無表情の仏頂面で、同い年の真里や恵に対しても敬語を崩さない。しかし女学院を彩る花々への手入れは丹精が込められた仕事ぶりであり、花を好む真里には非常に好印象だった。


『ねぇ、才羽君。トゥルシーの栽培とか出来ないかな?』

『トゥルシー……医学的効能のあるハーブの一種ですね。基本的に日本の土壌では一年草ですが、近年ではこちらの土壌に合わせた品種も開発されているとか。生徒の希望として、上に掛けあってみましょう』

『やったぁ、ありがとう!』

『いえ、これも仕事ですから』


 そんな彼女は時間を見つけては彼に話し掛け、花の話題を咲かせており、彼の方も無表情ながら、真里の話にはいつも付き合っている。女学院の学生と男の用務員、という圧倒的な身分差がなければ、その様子は恋人同士のようにも窺えた。


 実際。真里が、いつも花を大切に扱う彼に好意を持っていることは明らかだった。だが、幸人の方はまるでそんな兆候を見せない。

 恵としては互いが好き合っているなら、身分差なんて気にせず付き合えばいい、というスタンスだが、大切な幼馴染がここまでアプローチしているのに眉一つ動かさない幸人の態度については、どうにも気に食わないのだ。

 それだけに、幸人を気に掛ける真里に問い質しているのである。あの男のどこがいいのか、と。


「……なんて、言うのかな。うまく言えないけど……ぽかぽかするの。才羽君を見てると」

「はぁ? あいつ作業着に湯たんぽでも仕込んでやがるのか」

「も、もぉ違うよ。……中学の頃から今まで、わたしの近くに来る男の子って、みんな欲塗れっていうか下心っていうか……何か、イヤな感じの人ばかりだったんだ」

「……まぁ、お前のルックスで悪い男が寄らねぇはずがねぇしな。実際、悪い虫を近づけたくなかったから、親父さんもお前をここに通わせたんだろ?」

「うん……。でも、才羽君には、そういうイヤな感じが全然しないの。ちっとも女の子として見られてないってことかもだけど……それでも、安心して隣にいられる男の人って、才羽君が初めてなんだ」

「へぇ、『才羽君が初めて』かァ」

「ちょ、ちょっと恵! 変なとこ抽出しないでったら!」


 恵のからかいに、真里はぼっと顔を赤くする。そんな幼馴染の様子を見遣りながら、彼女は無機質な表情で花壇の世話をしている幸人を見下ろす。


(……ちっ、いけすかねぇ顔つきでアタシの親友を振り回しやがって。ここは幼馴染として女の端くれとして、アタシがガツンと言ってやらなきゃな)


 そして忌々しげに、その顔つきを睨むのだった。


 ◇


「つまり。私の煮え切らない態度が、佐々波様を困惑させている……と」

「そうだ! あんたは結局、真里とどうなりたいんだ? 付き合いたいならさっさと付き合え! その気がねぇならさっさと友達宣言しろ! ぬか喜びさせて真里を泣かせやがったら、このアタシがただじゃ置かねぇ!」


 その日の放課後。真里がいないタイミングを見計らい校舎の外れにある花壇へ呼び出した恵は、彼を正座させていた。彼らのすぐ後ろでは生徒達が自宅や部活に向かっている。


 幸人は全身から殺気を放つ恵の眼光を前に、眉一つ動かすことなく真摯な眼差しを送っている。多少腕に覚えのある武道家でも戦意を失い、並の男なら失禁するほどの威圧を真っ向から浴びせられて、なおも。

 彼は視線を外すことなく、恵を瞳で射抜いていた。


(……こんだけ肝が据わってる、ってこたァ……アタシが怖くて正座してるわけでもねぇんだな。あくまで生徒様の指示だから付き合ってるだけってか)


 凄もうが脅そうが、幸人は顔色一つ変わらない仏頂面のまま。微かな震えも怯えも見えない。

 日本武道の頂点に長らく君臨している父親ですら構えさせるほどの自分の気迫を浴びておいて、ここまで無反応を貫かれた経験は、恵も「初めて」だった。


(なんっ、だよコイツ涼しい顔しやがって! 腹立つ〜っ!)


 まるで真里への煽りが自分に跳ね返ってきたようだった。その羞恥心から来る怒りが、恵の頬を赤く染める。

 一方、幸人は何もしない内から怒り出した恵の様子に小首をかしげるのだった。


「……玄蕃様。もしやお身体の具合が悪いのでは」

「う、うるせぇ許可なく立つな! ……だいたい! お前のその『何言われてもどこ吹く風』って感じの態度が気に入らねぇんだ! 真里は辛いことがあったって前を向いて笑ってんのに、お前ときたら何もかもどうでもよさそーな顔しやがって!」

「返す言葉もありません」

「いや返せよそこは! アタシの気迫を浴びて平気なくらいの大物のクセして、なんでそんなに卑屈……」


 幸人の心配を他所に、さらにいきり立つ恵。そんな彼女がさらに声を荒げた瞬間。

 何かに気づいたように、彼女は説教を中断した。


 そのまま振り返った先には、純白のテニスウェア姿の真里がいた。遠巻きに見つめているだけでも魅了されてしまいそうな、可憐な佇まいの彼女は、同じ部活の仲間達に笑顔で手を振りながら駆け寄っている。


 真里の姿を遠目に見たことで、バツの悪さを感じたのだろう。恵は気まずそうに視線を逸らし、舌打ちする。


「……佐々波様、部活にも入られたのですね」

「医者やるにも体力は必要だから、ってな。聞いた話じゃ、一年なのにもうレギュラーの座は固いそうだ。何やらせても天才だなあいつ」

「ええ、全くその通りです」

「……お前、只者じゃねぇくせに嫌に卑屈だな。そういう実力以上に自分を下に見る奴には、安心して親友は任せねぇぞ」

「あなた方に比べれば私は凡人です」

「だからそういうところがアタシは気に食わなッ……!?」


 またしても。彼女は、最後まで言い終えることが出来なかった。

 幸人の肩越しに、信じ難い光景が現れたのだ。


 屋上から、何かが落ちている。


 あれは、植木鉢だ。


 落ちる先は、


 真里の、頭上。


「……真里ぃぃぃいいぃいっ!」


 そこまで思考が追い付いた瞬間、恵は弾かれたように走り出していた。その叫びから僅かな間を置いて、周囲に悲鳴が広がる。


「えっ!?」


 誰もが自分に注目し、叫んでいる。突然起きたその出来事に、真里は事態を飲み込めず、何が何だかわからないまま、ふと頭上を見上げた。


 そして、理由に気づいた。


 気づいたが、もはや目と鼻の先。

 かわすことも防ぐことも、間に合わない。


「くそォォォッ!」


 なんで、こんなことに。一体誰が、こんなことを。そんな当たり前の疑念すら、頭から吹き飛んでいた。


 もう少し近くにいたら。幸人の説教なんてしていなければ。ひた走る彼女の脳裏は、一瞬にして後悔の色に飲み込まれた。


 もう、間に合わない。


 その時だった。


「え――」


 誰もが。本人までもが。真里と頭上の植木鉢に注目していた時。それ以外のものになど、見向きもしていなかった瞬間。


 間違いなく先に走り出していた自分を風のように抜き去り、疾走する幸人の背中が見えた。


 上着を脱いでいた彼は、体にメタリックレッドに塗装された鋼鉄製の袈裟ベルトを巻いている。その物体と風に靡く白マフラーが、ある存在を連想させた。


 その光景に、恵の頭脳が追いつく前に。

 幸人は袈裟ベルトのバックル部分のカバーを開き、その中に、懐から引き抜いた漆黒のカードキーを装填する。


「――接触コンタクト


 彼の声と共に。バックルのカバーが、閉じられた。


『Armour Contact!!』


 その電子音声が響いた、次の瞬間。

 幸人の顔と全身を、真紅の仮面とヒーロースーツが覆い隠した。


 さらにその関節各部が、黒と黄色のプロテクターに固められて行く。


 その自動装着が完了し、首に巻かれた白マフラーがふわりと揺れた時。


『Awaken!! Firefighter!!』


 最後の電子音声と共に、ヒーローと化した幸人が地を蹴った。この瞬間は、彼の後ろにいた恵しか見ていない。


 人間の域を逸脱した跳躍力が、すぐさま彼の体を紙切れのように吹き飛ばして行く。向かう先は、植木鉢。


 だが、彼は植木鉢を破壊して颯爽と登場、という派手なアクションは見せなかった。

 あくまで壊さないように。真里の頭上を走り幅跳びのように飛び越した彼は、そのまま両手で優しく包むように、植木鉢をさらっていた。


「……っぁ……」


 やがて、幸人は――「救済の遮炎龍」は、マフラーを揺らしてふわりと着地する。その後ろ姿を見つめ、真里は声にならない叫びを上げる。

 そして真里の無事と噂のヒーローの登場に、ギャラリーの脳が追い付いたのは数秒後のことだった。


「きゃ、きゃあぁああ! 『救済の遮炎龍』よ!」

「な、なんでこんなところに!?」

「……だ、誰か会長を呼びなさい! きっと大喜びだわ!」


 瞬く間に周囲を黄色い悲鳴が席巻する。幸人は無言のまま、ゆっくりと植木鉢を花壇のそばへ置き、素早く跳び上がってこの場から消え去ってしまった。

 僅か一瞬、去り際に。恵と真里を、交互に見遣って。


「……う、そ」


 理解が追いつかない。いや、追い付いたとして、受け入れられるだろうか。

 呆然と立ち尽くして、恵はそう思案する。


「『救済の遮炎龍』様〜!? キャ〜ッ、ナマ『救済の遮炎龍』様よ〜ッ!」


 知らせを聞いた残念な会長が、あちこち駆け回っているようだが、それを気にする暇もないほどの、衝撃だった。


 才羽幸人が、「救済の遮炎龍」だった。なぜ、彼なのか。なぜ、ここで用務員などやっているのか。


 疑問は尽きず、彼が姿を消した方向へと視線を移しながら、ようやく彼女は歩き始めた。……見なかったことにはできない、と。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!