第2話 特別優秀生・佐々波真里


 ――それから、七年。


 二◯三五年の四月に高校生となり、上流階級の子女しか通えない、と言われる「聖フロリアヌス女学院」へ特別成績優秀枠で入学を果たした彼女は。


「見て、あの子よ! 庶民の子なのに、特別成績優秀枠で入学を許されたっていう……!」

「綺麗ね……庶民の家の子だなんて、信じられない……」


 他の入学生から羨望を集めるアイドル的存在となっていた。

 上流階級で英才教育を受けてきた令嬢ですら、一握りの天才でなければ辿り着けないという特別成績優秀枠。それに一般家庭の少女が合格したという事実が、彼女に注目が集まる所以なのだ。

 生徒だけでなく教員達の間でも、佐々波真里の名は有名であった。それほどまでの偉業を、彼女は齢十五にして成し遂げたのである。


 春風に靡く、艶やかなセミロングの黒髪。雪のように白く、瑞々しい柔肌。薄い桜色の唇。少女という歳でありながら、「大人」への成長を感じさせる、均整の取れたプロポーション。

 そのスタイルの良さと美貌も、彼女が注目を集める理由の一つだった。彼女と共にこの超お嬢様学校への入学を果たした同級生達は、自分達より(相対的に見て)遥かに貧しい家柄でありながら、努力を重ねて特別枠を勝ち取った彼女に深い尊敬と好意を寄せていた。

 しかし。


「ちっ……先生方も他の下級生達も……どいつもこいつも、あの小娘の話ばっかり。何よあんなの、ただちょっとそこらの庶民より頭がいいだけの芋女じゃない」

「だいたい、あんな田舎娘がこの聖フロリアヌス女学院に入学できる今の制度がおかしいのよ。この女学院は由緒正しき子女しか入れないはずよ! それを、いくら成績が飛び抜けて優秀だからって!」

「そうよ……! 学園長も何をお考えなのかしら! より優れた者を上流階級として取り立てるなんて……下々が付け上がるだけなのに!」


 真里を含む新入生達を遠巻きに睨む上級生達はその殆どが、強烈な嫉妬心を滾らせていた。


 元々、聖フロリアヌス女学院は家柄が裕福な名家でしか入れない。だが、家柄にあぐらをかいて学業を疎かにする学生への戒めとして、近年から一般家庭からの受験を受け付けるようになっていた。


 「名家に恥じぬ努力をせねば、一般庶民に出し抜かれるぞ」という、一種の脅しとして。


 だが、今年に入るまではその難易度と門の狭さから、一般家庭からの合格者は一人も出ていなかった。それが余計に在学生達を増長させていたのだが。


「佐々波真里……! あの思い上がり娘めっ……!」

「許せないわ、この私達を差し押いて特別成績優秀枠だなんて……!」


 初の一般家庭からの合格者である上に、ただ一人の特別成績優秀枠。

 その衝撃的なデビューに、誰もが注目を注ぐようになってしまった。


 彼女の存在は、単に「庶民のくせにこの女学院に通うことが許せない」という者達だけでは収まらず。特別成績優秀枠を狙えた才女でありながら、「自分達を差し押いて特別成績優秀枠という頂点を庶民に取られた」という者達からも疎まれる結果となっていた。


「なによあの小娘、涼しい顔なんかして……! ちょっと栄えある先輩としてお灸を据えてっ……」


「何をしていらっしゃるの? あなた方」


「……っ!? 琴海ことみ様!?」


 そんな彼女達の一人が、真里に物申すべく一歩踏み出した時。澄んだ声が彼女達に響き渡り上級生達の視線が、その声の主に集まった。


 その人物、文村琴海あやむらことみは、日本人離れした亜麻色の長髪を靡かせ、豊満な胸に乗る金色のペンダントを揺らし、自身の取り巻きの一人である二年生を睨む。三年生の生徒会長という絶対の存在に見つめられ、二年生は緊張のあまり膝を震わせた。


「感心しませんわね。名家の淑女ともあろう者が、嫉妬を露わに陰口など」

「しかし……! あのような下賤な庶民がこの女学院を闊歩するなど、私達には耐え難い苦痛で……!」

「耐え難いのなら簡単なこと。この女学院を去ればよいのです。あなた方が真に彼女に勝る存在であるならば、学校側が引き留めるかも知れませんが」

「……っ!」


 白い氷原を彷彿させる白い肌と、豊満に飛び出した胸や臀部を持ち、切れ目の艶やかな瞳を煌めかせる、氷雪の女神を彷彿させる妖艶な美女。

 そんな絶対的な美貌の前に、二年生である吾野美夕あがのみゆは反論すら許されないほどに圧倒され、同時に、魅了されてしまった。


「……失礼しました」

「よろしい。素直なあなたが、わたくしは好きですわ」


 そんな彼女を見つめる琴海の眼差しが、ふっと柔らかくなる。その変化に翻弄されながら、美夕は情熱的な瞳で琴海の美貌を見遣った。


 美夕の琴海に対する敬意は崇拝の域にも達しており、彼女が微笑を浮かべるだけで、美夕は一瞬ながら真里への敵意すら忘れかけてしまう。


「では、わたくしも生徒会長として一言挨拶に伺おうかしら」

「なっ……!」


 だが、次に飛び出した琴海の発言で我に帰されてしまった。目の前の状況を脳が把握し「琴海様があのような下々に」といきり立つより早く、彼女は悠然とした足取りで真里の方へと歩んで行ってしまう。

 暫し呆然と、その後ろ姿を見送っていた彼女は、やがて煮え滾る憎しみの視線を、何も知らない真里に叩きつけた。


「あいつが、あいつがッ……!」


 ◇


「しっかし、やっぱウチに来たんだなぁ真里。いや、お前が落ちるだなんて思っちゃいなかったんだけどさ。まさか特別成績優秀枠なんてモンに食い込むたぁな」

「えへへ、ありがとう。でも、めぐみがいてくれてよかった……。誰も知り合いがいなかったら、不安だったんだ」

「そうかい? アタシとしちゃあ、一般の高校が良かったんだけどなぁ。『軟弱な庶民の学校に通うなど許さん! それでも玄蕃げんば家の娘か!』って親父がうるさくってよ」

「あはは……」


 風が桜を運ぶ校庭の中で、真里は隣を歩く少女と親しげに言葉を交わす。

 焦げ茶色のシャギーショートをふわりと揺らす、長身の美少女――玄蕃恵げんばめぐみは、色白のしなやかな肢体の持ち主。切れ目の鋭い目つきからは、お嬢様らしからぬ強気な雰囲気が漂っている。

 さらにそのスレンダーな体型に反して、出自は日本武道の頂点と謳われる玄蕃家の娘であり、彼女自身も空手の世界選手権で活躍するほどの達人である。


 だが、それほどの名家の生まれでありながら。

 恵は幼い頃から、東京の街に飛び出しては一般家庭の子供達と遊ぶ変わり者でもあった。東京の住宅地で生まれ育った真里とは、その頃からの幼馴染である。


「悪口のつもりじゃないんだけど……やっぱり恵って、お嬢様って感じじゃないよね」

「アタシに限った話じゃねぇさ。姉貴も家飛び出して女子アナやってるし。玄蕃家にまともなお嬢様なんざいねぇよ」

「あはは、そんなこと……あれ?」

「あん? どした真里」


 その時。真里の視界に、カーキ色の作業着に袖を通し芝刈りや箒がけに勤しむ男達の姿が入り込んできた。


「こういうお嬢様学校にも、男の用務員さんっているんだ。がっちがちの男子禁制って聞いてたけど……」

「ん? まぁ、女子の用務員が嫌がるような野外の汗くせえ仕事もやってくれるしな。人件費も安いし、例外なんだよ。ただまぁ、庶民の男っつー理由で生徒達からは白い目で見られてるし、役得って感じはねーんじゃねぇか? ま、アタシは庶民も男もカンケーないけどさ」

「ふぅん……よし」


 この女学院にも男子用務員がいると知り、同時にここの性質ゆえに肩身の狭い思いをしている、ということも聞いた彼女は僅かな逡巡を経て、ぱたぱたと走り出す。

 そんな彼女の行動パターンを読んでいた恵は、「仕方ないな」と溜息混じりに笑いながらゆっくり後を追った。


「用務員さん。いつも校舎を綺麗にしてくださり、ありがとうございます」

「……」


 無表情で掃き掃除をしていた、白マフラーを巻いている用務員の一人に、真里は恭しく笑顔でお礼を口にする。声を掛けられた用務員は、一瞬驚いたように目を見開きながらも、すぐさま応じるように頭を下げた。


「いえ、仕事ですから。こちらこそ、私達のような下々に目をかけて下さり、感謝の言葉もありません」

「えっ……や、やだ、わたし一般家庭の出なんです! お嬢様じゃないんです!」

「存じております。ですが、この女学院の生徒様であることには変わりありません」

「で、でも……」


 お嬢様学校に通っているのであって、お嬢様というわけではない。その後ろめたさから、真里は眼前の用務員が深々と頭を下げていることに順応できずにいた。


(……あれ?)


 そんな中。彼女はふと、用務員の人相に気を取られてしまう。

 切り揃えられた艶やかな黒髪。切れ目であり、冷たさを感じつつも端正に整った目鼻立ち。仏頂面でありながら、どこか美しさすら覚える顔の造形は、美少年と呼ぶに値するものだった。深く作業帽を被っているせいで、ほとんど隠れてしまっているが。


 だが、彼女が気にしていたのは用務員らしからぬ美男子であることではない。彼の顔に、既視感を覚えたからだ。

 

「あ、あの……」

「はい」

「……どこかで、お会いしたこと、ありますか?」


 今一つ自信なさげだが、気になって仕方がなかった。その好奇心ゆえか、彼女はおずおずと用務員に問い掛ける。

 だが、彼は何も答えない。ただじっと、真里と視線を交わしていた。


 やがてそこへ、歩いて追ってきた恵が合流するが。


「初めまして、佐々波真里さん。聖フロリアヌス女学院へようこそ」

「あっ……! あ、文村琴海生徒会長!? は、初めまして! 佐々波真里です!」

「あら、すでにわたくしをご存知でしたの。光栄ですわ佐々波さん」


 それより一足早く。生徒会長の文村琴海が挨拶のために姿を現したのだった。

 予期せぬ生徒会長との遭遇に、真里は緊張で固まりながらもなんとか言葉を絞り出す。そんな彼女に聖母のような微笑を送り、琴海は真里を歓迎する旨を伝えた。


 周囲は今話題の新入生と、憧れの生徒会長とのツーショットを前に、大きくどよめいている。彼女達のフィルターには、二人の周囲に咲き乱れる百合の花が映っていた。無論、用務員達は林と同化している。


「中流階級からの初の合格者。それも特別成績優秀枠という泊も付いているあなたには、生徒会長として大変期待しておりますのよ。本校の模範としての、華々しい活躍を楽しみにしておりますわ」

「お、恐れ多いです模範なんて! わたしは、ただ医者になりたくて……」

「そうですわ。あなたのお話を伺った時から、そこが気掛かりでしたの。ただ医者になるだけなら、一般の高校からでも目指せるはず。なぜわざわざ、この女学院へ?」

「それは……」


 そんな琴海の質問に、真里は僅かに言い淀む。聞いてはならないことだったか、と当たりをつけた琴海は話題を変えようと口を開くが、それより早く。

 真里は意を決したように、声を絞る。


「……ただの医者じゃない。どんな怪我も治せる、最高の名医になりたいんです。普通の学校じゃ目指せない、医師の高みへ」

「……なるほど。並々ならぬ決意を感じますわ。そこまで自分を駆り立てる『何か』が、あなたにはありますのね」

「はい。……七年前、わたしを命懸けで火災から助けてくださった消防士様が、ひどい怪我を負って……亡くなられました。たった一人の、御子息を残して」


 そこから語られた、佐々波真里がこの女学院まで登りつめたルーツ。近くでその一節を聞いた用務員の眉が、ぴくりと動く。


「あの時、医療技術がもっと進んでいれば……あの人を、鳶口纏衛様を助けられたら。あの子は、独りぼっちになんてならなかった。だから、わたしが医療界を進化させるんです。もう絶対、あんな思いをする子を出さないために」

「……そうだったのですか。わかりました。その願い、必ずや叶えなさい。その子と、あなた自身のために」

「はい!」


 真里の真摯な瞳を前に、琴海も思うところがあったのか。差し出された彼女の手を、真里はしっかりと握り締める。

 そんな友情が芽生えた瞬間を、恵や周囲は暖かく見守っていた。


「あの、会長。わたしも、一つお伺いしたいことがあるのですけど」

「あら、何かしら」


 そんな時。真里からの質問に小首を傾げた琴海は、彼女が指差す方へ視線を移す。

 その先には。


 白いマフラーを首に巻き、頑強なプロテクターで身を固めたヒーローの像が飾られていた。


「……あの像、もしかして『救済の遮炎龍ドラッヘンインパルサー』ですか?」

「そのっっっ通りっ! よくぞ触れてくださいましたわっ!」

「ひぃ!?」


 刹那。琴海は豹変したように目を光らせ、先ほどまでの気品に溢れた佇まいからは想像もつかないテンションを見せた。

 人格が変わったかのような叫び声を至近距離で聞かされ、真里は怯えたように短い悲鳴を上げる。一方、恵や周囲は「また始まった」と目を伏せていた。


「昨年の十二月に初めて姿を現して以降! 今日に至るまでの半年間に渡り! 東京やこの女学院の近辺で活躍している謎のヒーロー! 消防庁と協力してあらゆる火災現場に颯爽と駆け付け、多くの人命を助けては風のように去ってゆく! 人命救助用パワードスーツ『着鎧甲冑』の最大手『救芽井きゅうめいエレクトロニクス』の新製品と噂されつつも、その正体は誰も知らない! そんな謎だらけのヒーローの名こそ! 『救済の遮炎龍』様なのですわ〜っ!」

「え、えっと……」


 長々と、最近東京でも話題になっている謎のヒーロー「救済の遮炎龍」の概要を熱弁する琴海。自分がテレビや新聞でしか知らない存在に、ここまで熱を上げる生徒会長の姿に、真里は困惑を隠せない。

 そんな彼女をフォローすべく、恵がそっと耳打ちする。


「……この人はな。去年の十二月に起きた火災で『救済の遮炎龍』に助けられて以来、ずっとコレなんだ。あの銅像も、今年に入って会長権限で作らせたのさ。なんでも会長室には、あれのソフビ人形が山ほど飾られてるって話だぜ」

「そ、そうなんだ」

「しかもニュースによると最近、この辺でよく出没してるって話だから、もしかしたら生でまた会えるかもって息巻いてんのさ。滑稽に見えるだろうが、堪忍してやってくれ」

「あぁ……『救済の遮炎龍』様……あなた様の勇姿の前では、わたくしの美貌など砂上の楼閣……。あなた様の堅牢な腕でもう一度抱かれてしまわれたら、わたくしはもう骨抜きに……ハッ」


 琴海はその間も、恍惚とした表情で「救済の遮炎龍」の像を見つめていたが。

 やがて新入生の前だということを思い出したのか、我に返ったように背筋を正した。そしてコホンと咳払いをしたのち、頬を赤らめながら凛々しい顔つきを作り出す。


「ま、まぁその、アレですわ。勉学も結構ですけれど、花の女子高生ですもの。恋の一つでも経験されてはいかがでしょう? きっとあなたをより成長させてくれますわ」

「あはは……そうですね」


 そんな生徒会長が可愛らしく見えたのか。すっかり緊張がほぐれてしまった真里は、華やかな笑みを浮かべるのだった。


 自分をジッと見据える、用務員の視線には気づかずに。


(……アイツ……)


 だが。恵は、気づいていた。真里を見つめる用務員の眼に、普通とは違う「何か」を武道家の勘から感じたのだ。


 そうして恵が、鋭い眼差しを用務員に送っていた頃。


「ねぇ、あなた達。佐々波真里と同じクラスでしょ?」

「は、はい……そう、ですけど」

「悪いけど。折り入って、頼みがあるのよ」


 吾野美夕は、真里のクラスメート達に声をかけていた。そのえもいわれぬ凄みに、幼気な少女達はなす術もなく身を震わせる。「頼み」という言葉ではあるが、その語気には明らかな「強制力」があった。

 そんな気迫に耐えられるほど、この女学院に集まる箱入り娘は精強ではない。「頼み」という名の「命令」に、従う他なかった。


 反発する気配のない少女達をじろりと一瞥したのち。


 美夕は、歪に口角を吊り上げた。


「敷地の端の旧校舎は知ってるわよね? ――あそこの最上階に、薪を用意してちょうだい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!