第225話 弾雨と閃光

 夜空の暗闇を、幾つもの白煙が駆け抜けていく。流星群のようにも見えるその実態は、やがて俺達を飲み込まんとする濁流へと姿を変えた。


『先輩ッ!』

「――くッ!」


 鮎子の叫びに突き動かされるように、俺は後ろへ飛び退いていく。その流れに勢いを加えるため、鮎子は両足のバーニアを噴射させた。

 脹脛に装備されたバーニアの推力は、弾くように俺の身体を後方へと導いて行く。そして――俺の足元を、降り注ぐ流星群が吹き飛ばしていった。


 小型ミサイルはホーミング機能も備えているらしく、全てのミサイルが一箇所に着弾したわけではなかった。

 急降下した飛行機が地表すれすれで持ち直すように、軌道を修正してさらに追尾してくる弾頭もあったのだ。


『くう、うッ……!』


 鮎子は苦悶の声を漏らし、バーニアの噴射角を不規則に変えていく。

 右へ左へ。上へ下へ。

 そうして撹乱を繰り返せば、単純な追尾プログラムしか持たないミサイルにも限界が来る。


 その縦横無尽な動きに軌道を乱されたミサイルは、一つ、また一つと、俺達を捉えきれずに地面で爆発していった。

 そして、その最後の一発を凌ぎ――


『ミサイルの全弾回避を確認……!』

「よし、体勢を立て直して――ッ!?」


 ――反撃に移ろうと顔を上げる瞬間。

 既にラドロイバーは、二射目に入ろうとしていたのだった。


『速い……!』

「もう装填が終わったのかッ!?」

『先輩、「超機龍の鉄馬」に! 最高速度で振り切るッ!』

「……よし!」


 あの弾幕を何度も繰り返されては、こちらも対処のしようがない。しかし、手をこまねいていては鮎子が持たない。

 ――ここは、鮎子のもう一踏ん張りに賭けるしかない、か。


 俺は踵を返し、近くまで来ていた「超機龍の鉄馬」に飛び乗る。鮎子が急発進で地表から飛び出したのは、その直後であった。


「……」


 そんな俺達を静かに見上げながら、ラドロイバーは地上から第二のミサイル弾幕を斉射する。再び、無数の弾頭が俺達を猛襲するのだった。


『う……く、ぅッ……!』


 夜空を疾走する俺達二人を狙う、数十発のホーミングミサイル。その追撃をかわすため、鮎子はミサイル同士の誘爆を狙っていた。

 螺旋状に回転し、ミサイルに自分の動きを真似させながら――上下左右に機体を振り、弾頭の衝突を誘う。


 俺の背で、幾つもの爆音が轟いていることを考えれば、この作戦は成功したと言っていいのだろう。


『う……ぅ、う……』

「もう……少しだ、鮎子ッ!」


 ――だが、鮎子に掛かる負担は生易しいものではなく。螺旋状の回避で順調にミサイルを凌いではいるが、この機体を飛ばしているバーニアの勢いは、目に見えて弱りつつあった。

 最大速度でこの機体を飛ばしながら、俺が吹き飛ばないように装甲ジェットの出力も調整する。そんなことを続けていれば……こうなるのは目に見えていたはずだ。

 ……くッ。なのに、俺は……!


 それに、このままでは第二射は凌げても、その次は、もう……。


『せん、ぱい……ごめん、なさ……』

「くッ……あ、鮎子!」


 鮎子自身、それを察しているのだろう。二発のミサイルを、やっとの思いで落としたところで――「超機龍の鉄馬」は、バーニアの力を失い……失速していく。

 蝋燭に灯された火が、その光を失って行くかのように。


「……これで、最後ですね」


 そんな俺達を屠らんとするラドロイバーは――淡々と、第三のミサイル発射体勢に入ろうとしていた。

 ――「超機龍の鉄馬」はもう、最大速度は出せない。そんな状況で、またあんな一斉射撃を浴びせられたら……。

 恐らく、もう逃げ切ることは出来ないだろう。弾幕を掻い潜り、近づくなど以ての外だ。


「……だったら!」


 やむを得ない。こうなったら鎧をパージして機体から降り、直接ラドロイバーに挑むしかない!

 勝ち目は薄いが……このままでは確実に共倒れだ。


 俺は強く息を呑み――装甲を強制解除するボタンに指先を伸ばす。

 ……ここまでありがとう、鮎子。勝てるかどうかはわからないが、お前の頑張りに応えられるだけの結果は残してやる。

 ただでは死なない。救芽井達が捕まえられるように、命が続く限り奴の力を削って――!


『……せん、ぱい。待って……!』

「あ、鮎子!?」


 その時。俺が何をしようとしていたのかを察したのか――絞り出すような彼女の声が、俺を引き止める。


『まだ手はある……! 「超機龍の鉄馬」を乗り捨てて、残りの力を装甲ジェットのバーニアに集中する!』

「なんだって!?」

『……次のミサイルは、恐らくこの機体をロックオンしてくるはず。マシンを囮にしてミサイルを凌げれば、ラドロイバーに接近できる!』

「無茶だ! 遠隔操作で動かしてるったって、お前の脳波と繋がってるマシンなんだぞ! 破壊されたら、操作してるお前の脳にもっと負担が掛かることだって……!」

『わかっ……てる! だけど、先輩を死なせたりしたら……それこそ、ボクがこうして戦ってる意味がなくなっちゃうんだ!』

「くッ……!」


 ――確かに、少しでも勝率を伸ばすなら……鮎子の賭けに乗るしかない。だが、それは憔悴し切っている鮎子に、さらなる負担を課すことを意味していた。

 やるしか……ないのか、俺は!


「さあ、終わりにしましょうか」


 俺の答えを待たずして、ラドロイバーの第三射が始まる。おびただしい数の弾頭が、群れを成して――地上から伸びる龍の如く、俺達を喰らおうとしていた。


『先輩、思い出して! 先輩は、何を守りたいの!』


 そして、鮎子の一言が――俺の葛藤を断ち切らせて行く。


 俺を、ここまで連れてきてくれた……みんなのために。そして……!


「……俺のために、力を貸してくれ!」

『……了解!』


 その決意に応えるように。鮎子は、「超機龍の鉄馬」を飛び降りた俺を――精一杯のバーニア噴射で、弧を描くように舞い上がらせて行く。


 刹那、俺達のそばを通り過ぎて行く弾頭の流星群が――蒼いマシンを、爆炎で飲み込んで行った。

 生まれ出る激しい爆風は、俺達を後押しするように大敵の元へ誘う。ラドロイバーが一瞬、俺達を見失う程の――最高速度だった。


『う、ああああぁあぁあっ!』

「鮎子ッ!」


 それと時を同じくして、ラドロイバーに向かっていた装甲ジェットの推力も……その力を失ってしまう。

 頭脳となる鮎子の脳波を受信していた「超機龍の鉄馬」が撃墜されたのだ。……当然、だろう。


『先輩……あと、は……』

「――任せとけッ!」


 ノイズに掻き消され、次第に途切れて行く鮎子の声。せめて希望を持って帰りを待てるように――俺は、精一杯の威勢を込めて応えて見せた。


 そして、鮎子の通信は完全に途絶え――二段着鎧の装甲がただの鎧となる。


 だが、それで十分。


 ラドロイバーの両肩に乗っていたミサイルランチャーは、弾切れになったらしく既にパージされている。しかも、最後の全力噴射が付けてくれた勢いのおかげで、ジェットが切れても十分飛び蹴りが狙える。


 ――そして、鮎子が最後の力を振り絞って導いてくれた先は……ラドロイバーの背後。加えて、今の彼女は爆風と鮎子の速さに撹乱され、俺を見失っている!


 ……行ける。鮎子が残してくれた力を掛け、ラドロイバーに渾身の突撃をぶつけてやる。この一撃に、全てを掛けて!


「これで、全て終わりだッ――!」


 そう、決意した時だった。


「……そこでしたか」


 ラドロイバーの首が――ギュルリと、こちらを向く。

 まるで、俺の居場所など初めからわかっていたかのように。


「なっ……!」


 あれ程、速く動いていたというのに……もう俺の正確な位置をッ……!?


 そう驚いた頃には既に――


「確かに、大部分の兵装は失いましたが……」


 ――俺の胸は、真紅の閃光に貫かれていた。


「生体センサーとレーザーシステムは、まだ生きていますから」


「……ちく、しょう……ちくしょう……!」


 悔し涙を流す力さえ、出なかった。

 俺の意識は、胸を貫く一閃によって――あっさりと、刈り取られてしまった。


 ……なにも、出来ずに。なにも、応えられずに。

 こんなところで……俺は……。


「――もう少し……もう少しですから。ヨシエさん……」


 そうして、俺の意識が暗転していく直前。

 ……彼女は何かを、呟いているようだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!