第203話 雄の性

 突き出される稲妻の銃剣。

 その唸る切っ先から、さらに奥へ踏み込み――電磁警棒の柄に当たる部分へ、拳を伸ばす。そして、下から突き上げるように拳を打ち出し……弾く。


「むうッ!」

「銃剣の主要な戦術は刺突! こうして踏み込めば突きは打てず、さっきのような切り離しも間に合わんッ!」

「ぬかせぇッ! 突きと切るのみが銃剣ではない! もう一度この銃床を味わってみるかッ!」


 その崩しを見越して、茂さんは突き上げられた弾みを転用し、上方へ回る銃剣の流れを活かして銃床をぶつけてくる。下方から迫る琥珀の鎚が、風を切り裂き轟音を上げた。

 ――が、そんな手にいつまでも引っかかる俺ではない。今度はその銃床の一撃、こちらが利用させてもらう。


「とオッ!」

「……んぬッ!?」


 銃床が弧を描き、俺の顎に向かい始めるよりも速く――俺の足裏が、その鎚に触れる。そして銃床が打ち出すその衝撃は「期待」以上の効果を発揮し、俺の身体を遥か上空へと打ち上げるのだった。


「……とッ……!」

「飛んだ!? だけど、あれじゃ……!」

「真上に飛んで重力を利用したところで、迎撃されたら意味がない……。しかも、お兄様は既に位置を把握している。あれではただの的でしかなくてよ、龍太様……!」


 女性陣は俺の判断に驚いているようだが……すぐに俺が置かれている状況に気づいたようだ。

 確かに、ただ高く飛んで真上を取ったくらいでは、優位になど立てはしない。現に、茂さんはもう俺を発見し、銃剣を構えている。

 このまま落下の勢いを活かして攻撃を仕掛けようにも、その前に電磁警棒の一閃を浴びてしまえばダウンは必至。なにしろ、こちらは人工内臓で生かされている半死人なのだから。


「万策尽きたな、一煉寺龍太。銃床の一撃を恐れる余り、空中に飛んで難を逃れたつもりだろうが――真上に上がってしまっては、ただの動かぬ獲物も同然」

「――獲物はどっちか、じきにわかるさ。あんたの方こそ、さっさとそこから離れた方がいいんじゃないか?」

「戯れ言を……と、言いたいところではあるが。貴様のことだ、迎撃を浴びて刺し違えようとも、オレを殴り倒すつもりだろう。……せっかくの真剣勝負なんだ。せめて一瞬でその意識、刈り取ってやる」


 茂さんは寸分たりとも俺から目を離さずに、静かに銃剣を構え――待ち構える。俺の身体も重力に引き寄せられるように、その瞬間へ向けて動き始めていた。

 勝負は一瞬、チャンスは一度。この一閃で、茂さんの急所に手痛い一発を叩き込み――この決闘に終止符を打ってやる。


 そうだ。矢村のためにも、俺は、絶対に……!


「――勝つ!」


 大気の壁を突き抜け、空間を破るように。俺の赤い身体は、眼前の強敵へ吸い寄せられて行く。茂さんも決着の一瞬に備え、銃剣の狙いを定めていた。

 そして――俺が腰を捻り、右の拳を突き出した瞬間。トリガーに、指が触れる。


「終わりだッ!」


 絶対に外さぬよう、ギリギリまで引きつけて。テイザーライフルの麻酔針が、俺の眉間へ撃ち放たれた。

 突き出された拳とすれ違い、俺の頭に向かって鋭利な弾丸が伸びていく。刹那の世界で、今まさに勝負が決しようとしていた。


 ――だが、こんな針一本でこの戦いを終わらせるつもりはない。まだ、俺は何もしちゃいないんだから!


「……トワチャアッ!」

「――なっ、に!?」


 そう。この瞬間、彼の意表を突くために、俺はわざわざ先に右拳を突き出していたのだから。


 テイザーライフルの麻酔針は俺の額に突き刺さるよりも早く、俺の左手で弾かれていたのだ。正しくは、俺の左手に握られていた――電磁警棒で。


 今まで自分の電磁警棒を戦いで使ったことがなかった俺にとっては、ほとんど賭けに近い戦法。

 だが、あの電磁銃剣に立ち向かうには電撃を凌げる同質の「防具」が必要なのだ。不意を突くために、わざわざフェイント用の右拳を突き出した甲斐はあったらしい。


 とにかく、テイザーライフルの麻酔針はかわせた。あとはライフルに取り付けられた電撃警棒さえ防げば、拳で叩きのめすのみ。電磁警棒の扱いで劣る俺がこの勝負を制するには、その分野での技能差が露呈する前に決着を付けるしかない!


「貴様がッ、電磁警棒とはッ……!」


 ――読み通り。茂さんは今まで一度も電磁警棒を使ってこなかった俺の不意打ちに動揺している。あとはこの隙と落下の勢いを利用して、一気に畳み掛けるのみ。


「あんたの迎撃を受けるくらいなら――ポリシーなんざ捨ててやる」


 左から右へなぎ払い、麻酔針を弾いた姿勢から、さらに反対方向へ電磁警棒を振り抜く。その一閃を受け、迎撃のために突き出された茂さんの銃剣は、左方向へ弾かれてしまった。

 ここまで来れば、もうこの禿げた石頭を守る得物は何も無い。墜落の勢いに身を委ね、赤い鉄槌を下す。


「終わりだ――トワァァアアッ!」

「ぬぅ、ん……アァアァアアッ!」


 そして。為す術もない茂さんの眉間に、俺の拳が激突し――全てが終わる。


 終わる。

 はずだった。


 最後の力を振り絞って、茂さんが第三の迎撃を仕掛けて来ることさえなければ。


「ごはァッ!」

「う……が、ああッ!」


 互いにのたうちまわり、地に伏せる。狙い通りに拳は入ったが、想定以上の反撃を受けてしまった。刺し違えられたのは、こちらの方らしい。


 ……頭に、電磁警棒を受けたようだ。視界が、歪んでいる。目眩が、止まらない。

 だが……はっきりと、覚えている。

 あれは――久水流銃剣術、蛇流撃。


 俺が拳を茂さんの急所に叩き込む、あの刹那。片手だけでライフルから電磁警棒を切り離した茂さんは、俺がやったように弾かれた反動をバネにして、反対方向へ電磁警棒を薙ぎ払ったのだ。

 俺に裏をかかれていながら、さらにその裏を瞬時にかいてきやがった。……どうやら、技量の差はあの一瞬で暴かれちまったらしい。


 ……ま、いいさ。どのみちその分野で勝てるとは思っちゃいない。結局俺の拳は入ったんだから御の字さ。

 あとはもう一度立ち上がって、勝利宣言でもすりゃあ、それで終わ……り?


 あ、あれ。参ったな。

 うまく、立てねぇや。


「……ぐ」


 向こうも、手痛い一発を食らってグロッキーだってのに。相打ちじゃあ、意味ねぇってのに。


 ちくしょう。これじゃあ、約束はどうなるんだよ。矢村はどうなるんだ。ダウゥ姫はどうなるんだ。

 俺が守りたいものは――どうなっちまうんだよッ!


「うっ……ぐ、おおおッ、ああッ……!」

「ん……むぅ、ぬぅぅうぅ、オオォッ!」


 己の身から、滾る血を絞り出すように。

 俺達は、もう一度立ち上がる。


「や、むら……!」

「あゆ、み、さん……!」


 呼んだのは、女の名前。

 俺達の中にある雄を突き動かす、理由の全てだった。


 そして、その原動力が命ずるままに。

 動くはずのない身体を引きずり、再び俺達は向かい合う。


「負けられない、んだ……!」

「ま、け、られぬッ……!」


 もう、どれほど攻撃を入れればいいとか。どう立ち回ればいいとか。そんなことを考えていられる余力はなさそうだ。

 だが、これだけは間違いない。


 最後まで、意識を保ってさえいれば。

 生きてさえいれば、俺の勝利は揺るがないのだ。


 生きなければ……そう、生きて、戦わなくては。


 ……けど、変だ。

 今まで、俺は人間を辞めるつもりで……心から「怪物」になる気で、戦ってきた。

 そうでなくては、誰も救えない。兄貴の傷を見た時からは、より強くそう思えたから。


 ――それなのに。


「……?」


 そんなことを望める身分じゃないのに。


 死にたくない、と思ってしまう。


 そんな自分を、心のどこかに感じていた。


 俺は、「怪物」には……なれなかった……?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!