第202話 茶番の本番

 ……な、んだ。今の、一発は。


 俺の意表を完全に突くように――計算し尽くされた、銃床の一撃。あれを、直情的なフェンサーだった茂さんがやったというのか。


「三日月――顎の側面に当たる人間の急所を突いた。貴様なら、わかるだろう。そこを攻める一撃を受けてしまえば、立ち上がることさえ困難になると」


 今までとは、根幹の精神から違う戦い方。その現実を改めて、実感させる攻撃だった。

 それを悟るには……遅すぎたのかも知れないが。


 だが、まだ終わりではない。……終わりになど、させるものか。


「……そんな、人間様の理屈。怪物まがいに当てはめるんじゃねえ」

「……一寸の狂いもなかったはず。完全な直撃だった。にもかかわらず――立ち上がるか、化物め」


 震える足に幾度となく拳を打ちつける。頭の痺れを忘れるように。手の痛みだけで、他の感覚全てを塗り潰すように。


「……!」


 自分でもわかるほどの、この常軌を逸した行動を繰り返す俺を目の当たりにして、女性陣は戦慄の表情を浮かべる。

 本来、女の子に見せるようなものじゃあるまいが――ここは戦地だ。男も、女もない。一蓮托生の相棒を前に、猫を被る必要もないだろう。

 そして、その暴挙をただひたすらに繰り返し――足元が血溜まりを作る頃。俺は、更に紅く染め上げた拳を翳し、完全に立ち上がる。

 これが、人間をやめるってことだ。救えるものを救うために、人間の壁さえ越えんとする意思の証なんだ。


「どのような痛みに苦しもうと、己は曲げられぬ。それが貴様の答えか」

「……ハァッ、ハッ……」

「――しかし如何に精神が肉体を凌駕しようとも、その肉体が機能を失えば全て無に帰する。ダスカリアンを守らんと立ち上がった兵士達が、あの巨人に蹂躙されたようにな」


 そんな俺を冷徹に見下ろし、茂さんは淡々と言葉を紡ぐ。俺の為すこと、全てが無駄であると諭すかのように。


「貴様はそのダスカリアンの民草と平和を守るため、と宣うが――その身と心を突き動かしている原動力は、そんな曖昧な大義名分ではなかろう」

「……!」

「言えぬか。当然だな。所詮、何もかも貴様のわがままから生まれた戦いでしかないのだから」


 ……大義名分、だと。何を言うつもりだ、こいつは。


「言えぬというなら、それでもいい。オレが代わりに言ってやろう」

「……な、に」

「貴様は矢村賀織を好いている。故に、その面影を持ったダスカリアンの王女にその姿を重ね――見捨てられなくなったのだ」


 面影……? ダウゥ姫と、矢村が……。


「だが、そんな貴様のわがままに付き合わせるためだけに、鮎子君に『新人類の身体』に立ち戻ることを強いるのは忍びなかった。だから貴様はダスカリアンの民草という体のいい大義名分を持ち出して、彼女の顔を立てようとしたのだ。……気づいていたのだよ、梢はな」

「……!」


 茂さんの言及に反応し、俺は咄嗟に視線を女性陣に映す。

 久水先輩はただ苦々しい表情で、俺をじっと見つめていた。……もう見ていられない、と言いたげに。


「男が命を張る理由など、そんなものだ。だから貴様も、プロポーズしてまであの娘を手に入れようとしたのだろう。今の自分の生き方では、長くは持たないとわかりきっていたのだから」

「……ッ!」

「オレも、鮎美さんに汚れ役をさせたくない、という下心から貴様に挑んでいる。だからそれが悪いことだとは思わん。だが、そんな理由で動く男が『怪物』であるはずがない。常人よりは遥かに強くとも、その壁を破るには至らぬ。『救済の超機龍』が貴様の兄のようなオーバーヒートを起こしていないのが、その証だ」

「……だ、まれ……!」

「まだドス黒い悪夢の中にいるのなら、オレが覚ましてやる。いいか、貴様は怪物などではない。怪物になろうと足掻いているだけの人間。そんな貴様を動かす理由など、女一人で充分だ」


 好き放題に言いたいことを言いながら、茂さんはじりじりと間合いを詰めてくる。既にフラフラな俺を前にしているというのに、その構えには一片の慢心も感じられない。

 実際のダメージ以上にフラついて油断を誘うつもりでいたが――こりゃあ、読まれてるな。

 なら、実力で制圧するしかない。俺の胸中に土足で上がり込んでくるこの男を、黙らせるために。


「――どこまでも、周りに信を置かぬ男だ。四郷姉妹も、梢も、樋稟も……そして恐らくは矢村賀織も。皆、貴様が振りかざすわがまま故にその身を救われ、それ故に貴様を慕っている。そんな彼女達が、貴様の本音を知ったところで想いを揺るがすはずもないというのに」

「……にが……てんだ……!」


 その今にも噴き上がらんと燻る激情を、さらに焚き付けるように。茂さんは挑発を重ね――刺突の間合いに入る。

 俺も防御を無視した攻撃の構えを取るが……さっきの一撃もあり、足元がふらつく。


 だが、負けられない。これはラドロイバーやダスカリアンがどうこうじゃなくて――単純で野蛮で、ある意味最も俺らしい怒り。

 ――こいつが、気に入らない。その奥底から流れ出る本音という激情の奔流が、俺の全てとなっていた。


 そして――


「……よく知りもしない小国などをダシにくだらん御託を並べおってッ! 人を本気で動かしたいのなら、貴様も本音を語らんかァァァァッ!」

「あんたに……なにが、わかるってんだァァァァッ!」


 ――大義名分も何も無い。ただムカつくという理由だけの、一騎打ちに発展する。

 ダスカリアンの命運を分ける決闘なんて、格好のいいものじゃない。


 こんなもの、ただの茶番だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!