第201話 久水流の牙と爪

 ――随分と手強くなったもんだ。「龍を統べる者」の性能にサムライダイトという新装備、そして久水流銃剣術……。

 久水先輩が楽には勝てんと太鼓判を押したのも納得の強さだ。なるほど、確かにこれは楽勝とは行かない。


 だが、付け入る隙はあるはずだ。


 銃剣は接近戦において、槍に近しい性能を持ってはいるものの……長槍ほどのリーチがあるわけではなく、得物としての高い効果を発揮する部分は剣の辺りに限られている。


 あのテイザーライフルの懐に踏み込み、取り付けられた電磁警棒さえ躱せれば……!


「――電磁警棒もテイザーガンも知っていながら、丸腰で相対することに全く抵抗がなく、怖気付く気配もない、か。オレの見立て通り、相も変わらず痛みを恐れぬ男だ」

「痛みは怖いさ。怖いなら、当たらなけりゃいい」

「オレの攻撃全てを躱し、その拳で打ち抜く算段があるということか。いいだろう、見せてもらうぞ」


 油断も慢心もなく。茂さんはただ悠然とサムライダイトを構え、俺の出方にいつでも対応できるような臨戦態勢を整えていた。

 ――寸分の隙も見逃さないし見せない。って言いたげな構えだな。澄んだ水みたいな眼、してやがる。


 だが、俺にも負けられない理由はある。ここであんたを抜かなきゃ、ダスカリアンは救われない。ダウゥ姫も、見殺しにしちまうんだ。

 そんな未来を呼ばないためにも――あんたを、討つ。


 軸足となる足を前方に構え、そこに全体重を掛ける。一瞬で相手に接近する、必殺の体勢。

 それを前にしてなお、茂さんは姿勢を崩すことなく――穏やかささえ感じさせる佇まいで、勝負の瞬間を待っている。


 言葉が途切れ、互いの動作が完全に静止し、風の音ばかりが響く頃。

 誰もが息を殺し、静寂がこの世界を包む頃。


 一枚の深緑の葉が、林から吹き抜けるそよ風に運ばれ、俺達の間へ流れ出る。


 ひらひらと左右に揺れ、石畳に吸い寄せられるかのように、地に落ちて行く。

 ――この葉が地面に届けば、揺れることもなくなる。命を失った人間が、動かなくなるように。


 一年前のあの日。鮎美先生に見せられたダスカリアンの惨事が蘇る。

 あの悪夢が……ああなってはならないという焦りが、俺をここへ誘った。


 だから、俺は――


「……ァァァアアアチャアアァアァッ!」


 ――葉が大地に伏せる時、地を蹴るのだ。眼前に立ちはだかる障壁を、打ち破るために。


「この愚か者がァァァッ!」


 茂さんの怒号と共に、テイザーライフルの針がこめかみを掠め、左の角を貫いて行く。酸素タンクが破かれ、空気が猛烈に吹き出し――その勢いに流されるように、俺の進路は軌道を変えた。


 ――こんな動き、あんたは見たことないだろう。狂った予測に思考が追い付く前に、ブチのめす!


 変則的な動きで間合いに踏み込んだ俺に向け、茂さんは咄嗟にサムライダイトを構える。だが、そんな見え透いた攻撃手段で俺を止めることはッ……!?


「久水流銃剣術、蛇流撃じゃりゅうげきッ!」


 銃剣のリーチを測るため、持ち手から切っ先にかけての銃身全体を見ていた俺に、衝撃が走る。

 銃剣の状態で突き込んで来ると思わせておいて――あっさりと、銃身から電磁警棒を切り離しやがったのだ。

 銃身から外れた電磁警棒は、当然ながら銃身とは違う軌道で動く。銃剣という一括りに気を取られ、銃身も電磁警棒も同じ軌道を描くだろうと見ていた俺を、欺くように。


 切り離された電磁警棒は、しなる鞭のようにうねりを上げ、俺の顔面を狙う。

 確かに意表は突かれたが――その程度の小手先でどうにかなる俺じゃないぜ。


 最小限の動きで首をひねり、電磁警棒を躱す。これで奴の攻撃は品切れ、今こそ反撃――!?


「……シュッ!」


 茂さんが息を吹く瞬間。

 躱された電磁警棒が、攻撃の軌道をさらに転換させる。


 紙一重で躱された刺突から、さらに水平への薙ぎ払いに繋げてきたのだ。さながら、獲物を追う蛇のように。


「ぐっ……!」


 さらなる焦燥が、俺から余裕を奪い去って行く。なまじ「紙一重」で最初の刺突を避けてしまったがために、二撃目の薙ぎ払いへの反応が出遅れてしまったのだ。


 咄嗟に伏せる俺の頭上を、青白い電光が掠めていく。読みがあと一瞬、ほんの一瞬遅れていたなら、この時既に脳を打ち抜かれ意識を失っていた。


 ――見事に俺の予想を超える連撃。さすが、勝つ気満々で向かってきただけのことはある。正直、全て避け切れたのは運と言っていい。

 さぁ、あとはその技の数々に敬意を表して、無防備な顔面に手痛いしっぺ返しをお見舞いしてやるだけだ。


 俺は地に伏せた体勢から、バネのように身体を打ち出す。そして、下からえぐりこむように拳を放ち――


「ぐぼあッ……!?」


「久水流銃剣術――虎流撃こりゅうげき


 ――電磁警棒とは逆の手で持たれていた銃身の端……つまり銃床で、無防備な頬を横薙ぎに打ち据えられていた。


 完全に意識の外にあった、反対の手に持たれた得物による挟撃。その真打を受け、俺の身体は石畳の上へ投げ出されて行った。


「貴様の算段と読み、見事であった。だが、蛇の牙からいかに逃れようとも、虎の爪を躱すことは出来ぬ。真に守るべき者を、守るべき正義を見失った、貴様にはな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!