第181話 禁じられた着鎧

 鉄骨は俺の背中から胸元を突き抜け、砂利の中に深々と埋まっている。


 自分に何が起きたのかを俺自身が悟る頃には、バイザーの視界が俺の血で閉ざされていた。次いで、重たい何かが墜落する轟音が断続的に響き渡り、天井を支える俺の両手に振動が走る。

 だらり、とバイザーにへばりついた血が落ちていくにつれて、その音の実態が少しずつ見えてきた。どうやら、俺を貫いたものとは別の鉄骨が、あちこちに落っこちて来ているらしい。


 周囲を見渡してみると、いくつもの鉄製の杭が天井をぶちぬいているのがわかる。大量の鉄骨がどこに消えたのかは確かに気掛かりではあったが――まさか、上から降って来るなんてな。


 こんな手の込んだマネをしたのがどこのどいつかは知らないが……随分と、痛手を負わせてくれたもんだ。


「お、ごっ……」


 膝がかくかくと笑い、両腕に込められた力が抜けていく。呼吸が止まり、目眩がする。

 痛みは、ない。ただ、苦しい。息が、できない。


「ああっ、あああ……! テンニーン……テンニーン! や、やだぁああっ……!」

「こ、これはッ……!?」


 しばらく腰を抜かしたままへたりこんでいたダウゥ姫が、頭を抱えて泣き叫ぶ。俺と死んだテンニーンとやらを重ねているのだろうか。

 ジェリバン将軍も突然の事態に驚愕を隠せず、俺と頭上を交互に見遣っていた。暗雲が立ち込める空が剥き出しにされたせいか、俺が支える天井は豪雨に晒されており、その勢いが更に重量を上乗せしている。


「え……あ……りゅ、りゅう、た……!?」

「あ、あああ、あ……いつっ!?」

「何をボサッとしてらっしゃるの!? 決闘は中止ざます、さっさと龍太様の救援に向かいなさいッ!」

「龍太先輩……!」


 一方、ギャラリー側もこの事態にたまげているらしく、救芽井と矢村はあまりの展開に呆然と立ち尽くしていた。そんな彼女達の尻をひっぱたく久水先輩も、明らかに声色に焦りを滲ませている。

 四郷の悲痛な呟きが聞こえた頃には、我に帰った救芽井が深緑の着鎧甲冑を纏いながら、こちら目掛けて全力疾走していた。世界初の着鎧甲冑、「救済の先駆者」だ。


「な、なんてことだ……! と、とにかく僕も!」

「いかん剣一君! まだ何かあるかも知れんのだぞッ!」

「……あのレーザー、やはり……!」


 古我知さんも尻を叩かれて飛び出した救芽井に続き、俺の傍へ駆け寄って来る。彼を制止せんと伊葉さんが叫ぶが、留まる気配はない。

 鮎美先生は俺の惨状に痛ましい視線を送りつつ、上を見上げていた。


 そして、兄貴は。


「……」


 目を伏せて、ただ沈黙し――拳を握り締めている。

 悩み抜き、そして何かを決断する前触れのように。


 ――兄貴。俺は、死ぬのか? 兄貴は、どう、思ってる……?


「龍太君ッ! 今、助けてあげるからッ! しっかりッ!」

「意識を失うな! すぐに助けるからッ!」


 ……朦朧とする意識の中で、その答えを求めようとしていた俺の前に、救芽井と古我知さんが現れる。二人は互いに顔を見合わせて強く頷くと、同時に天井に両手を当てた。


「なんとか鉄骨を抜きましょう! 抜けた瞬間、龍太君が出血死する前に私の瞬間止血剤で傷を塞ぎます!」

「ああ! すぐに使えるよう、バックルから用意しておいてくれ!」

「はい!」


 さすがはたった一年で一時代を築いたスーパーヒロインと、その元開発スタッフだ。二人は一切無駄のない動きで迅速に対応を決め、それを実行に移している。

 救芽井は一瞬だけ片手を離して腰周りのバックルに手を伸ばし、そこから一つの白い球体を取り出した。野球ボールくらいの大きさを持ったソレは、傷に当てると血に反応して液状化し、僅か数秒で硬化する特殊な瞬間止血剤。


 これを使うことで、一時的に血を完全に止める止血剤の効果を得ることができるのだ。俺も資格試験や一年間のヒーロー活動の中で、何度か使ったことがある。……昔は間違えて自分の顔に付いた傷にへばりつけたりして、エラい目に遭うこともあったなぁ。


 そして、そのことを思い出したのが契機となったのか――これまでに経験してきた戦い、任務、部活で過ごした日々や関わってきた人々との記憶が、濁流のように脳裏へ流れ込んで来る。

 これが……走馬灯って奴なのか。


「うぐっ、うおぉおぉッ……!」

「う、あぁ、あぁああぁッ!」


 鉄骨で貫かれた人間が辿るであろう、死という結末。そのエンディングを覆すべく、救芽井と古我知さんが天井を押しのけるべく全力を注ぎ、唸る。

 救芽井の片手に握られた止血剤が、俺の生死を分ける最後の希望だった。


 しかし、天井は超人二人の力を以ってしても、容易には動かない。斜めだったり垂直だったりと、様々な角度で周囲に突き刺さっている他の鉄骨が重なり合い、相当な重量となって彼らの奮闘を阻害しているのだろう。

 俺の背中に刺さっている鉄骨だけ切断できれば簡単なのだが、あいにく俺の背中と天井は、ほぼ密着してしまっているのだ。古我知さんの高電圧ダガーでは、俺の身体ごと焼き切られてしまう。


 結局はこの天井をどうにかしなければ、俺には死しかない。


「ヌッ……ウウッ!」

「ジェ、ジェリバン将軍!?」

「――協力、させてくれ。姫様のためにも、彼のためにも!」


 その事実に、突き動かされるものがあったのだろう。さっきまで敵対していたはずのが将軍までもが、一切の迷いも見せず救芽井達に加勢していた。

 将軍の装甲服は旧式なれど、そのパワーはこの中においては間違いなくトップ。銅殻勇鎧の常軌を逸した馬力を受け、大量の鉄骨の重量がのしかかっているはずの天井が、一際大きな軋みの音を上げた。


 尽くせる手は、尽くされた。

 あとは天命を待つのみ。


 そして、与えられた末路は――ハッピーエンドを許さなかった。


「クッ……! まだ、足りぬ、のか……!?」

「まさか龍太君との戦闘で、電力を大量に消耗したせいでは……!」

「そんな……! ダメ! そんなのダメッ! 絶対ダメぇえっ!」


 これほどの力をぶつけてもなお、天井は動かない。古我知さんが言う通り、将軍のパワーも限界を迎えようとしているのだろうか。

 頭を振り、現実を振り払わんと叫ぶ救芽井の声色が、絶望と恐怖を覗かせている。目の前で人が死んでいく。それはレスキューヒーローの始祖たる彼女にとっては、何よりも堪え難い結果に違いない。


 だからこそ、俺の死を止められない自分を責めているのだ。頭上で自分の邪魔をする、無機質な鉄の板に全力を込めながら。

 彼女も、古我知さんも、将軍も。誰もが叫び、唸り、渾身の力を天にぶつけ続けている。例え、それが届かない願いの現れであったとしても。


 ……そんな彼女達に水を差すようなことかも知れないが。


 俺は、このまま死んでいくなら、それもいいと思っている。


「……」


 混濁していく血まみれの視界の中に、確かに見える褐色の肌。涙に頬を濡らすやんちゃな姫君は今、駆け付けた鮎美先生に保護されていた。


 俺が助けた、この命の対価。その無事をこの目に映る世界に認めた時。

 安堵する自分が居るのだ。こんな時であっても。


 いや、こんな時だからこそ、だろう。

 ここで彼女に何かあったならば、それこそ俺は自分が生きてきた意義を見失っていた。


 自分も助からなければ、レスキューヒーローとは言えない。それはわかっている。

 だけど。彼女だけでも生き延びた事実を喜んでいる、この気持ちを否定はできない。


 だから、これでいい。これでよかったのだ。


「……も、う、いい」


 ゆえに俺は、今も闘い続けている彼女達に、そう呟いていた。聞こえるはずもない程の小声で。

 ――この天井が落ちてきたのは、間違いなく人為的なものだ。この場にいる彼女達にも、何らかの危害が及ばないとも限らない。


 少しでも全員を危険から遠ざけるならば、すぐさまここから離れるしかない。天井と鉄骨を落とした張本人がどこにいるかわからない以上、とにかく現場から少しでも距離を取るのが先決だ。

 俺の命を拾うための行為でさらに被害が拡大しようものなら、その方が俺には堪えられない。


 そのためにも、彼女達には一刻も早くここから逃げて欲しかった――のだが、歯痒いことに今の俺には、その考えを届かせる手段がない。

 どれだけ声を振り絞っても、どれだけ叫ぼうとしても。胸を貫かれ、呼吸を遮断された俺の声量などたかが知れている。


「まだなん!? まだ動けへんの!? 龍太は、龍太はどうなんのッ!」

「取り乱しては……取り乱してはなりませんわよッ! 龍太様は死にません、死んで……たまる、ものですか……!」

「梢……」


 一方、着鎧甲冑部の面々の表情は、さらに険しいものになっていた。半ば錯乱状態の矢村を必死に宥めている久水先輩も、唇を強く噛み締める余り、艶やかな桃色の口先から鮮血を滴らせていた。

 そんな親友の形相を前に、四郷も顔を曇らせ、服の胸元をギュッと握り締めている。こちらを見遣る深紅の眼差しは、張り裂けるような想いと後悔の念を滲ませていた。

 普段は冷淡なくせに、ここぞってところで情に厚くなる彼女のことだ。かつて、自分が機械の身体を持っていた頃のあの力があれば、などと考えているに違いない。そんなものが今も残っていたら、一年前に俺が戦った理由がほとんど吹っ飛んじまうだろうに。


「着鎧甲冑、必要悪、銅殻勇鎧が揃っても動かせんというのか……! これでは、手の打ちようがッ……!」

「えぇ……。それに、龍太君にはほとんど助かる気がないようにも見えるわ。それよりも早くやった奴を探せ、っていいたげね」

「オレッ……ダメ、ダメだこんなのッ! 早くなんとか……あぁ……!」


 伊葉さんと鮎美先生も、どうにもならないこの状況に歯を食いしばっているようだった。

 鮎美先生は俺の考えを汲み取ってはいるみたいだが、救芽井達にそれを伝えようとしていないところを見るに、彼女も俺をどうにか助けようってクチらしい。


 当の俺には、もっと他にやって貰いたいことがあるというのに。そこで泣きわめいているダウゥ姫を、守り抜いて欲しいというのに。


「龍太君ッ! しっかりしてッ! 死んじゃダメッ、死なないでよぉッ!」


 そんな俺の意識を断ち切るように、救芽井が懸命に呼び掛けている。半狂乱と言って差し支えない取り乱しようだ。

 ……すまん、救芽井。プロ合格早々だが、俺はもう殉職らしい。


 俺の身体の震えが、少しずつ小さくなっていく。そろそろ、この姿勢を維持するのも限界のようだ。

 そんな俺の様子にいよいよ最期を感じたのか、救芽井は手を緩めないままべそをかき、俯いてしまう。


 ――このまま俺は死に、レスキューヒーローとしての短い人生を終える。それが、避けようのない結末。


 そして、その運命付けられた瞬間が訪れようとしていた時まで。俺は、見失っていた。


「あ、に……き」


 生まれた時から共にいた、掛け替えのない家族を。


「りゅ、龍亮さ……ッ!?」


 いつの間にか救芽井達の傍らまで来ていた、この世でただ一人の兄弟。自分と同じ遺伝子を持った血を見るその瞳は、ここに駆け付けた古我知さんと同じ色を湛えている。


 しかし、そんな彼が最初に見せた行動は俺の予測から大きく外れたものだった。


 兄貴はいきなり救芽井の後ろから、振り下ろすような手刀を見舞ったのだ。


 戦闘ロボットを素手で破壊する、正真正銘の「超人」のチョップを背後から喰らっては、いかに着鎧甲冑といえどただでは済まない。背面のバックル部分に隠された、深紅の円形スイッチを覆う防護ガラスが一瞬で砕け散り……その奥に眠る強制着鎧解除装置が作動された。

 悪意ある第三者に強制解除されないための防護ガラスは、本来ならば着鎧している本人のパワーでなければ破壊できない。その設計思想を根本から覆すチョップに、救芽井は短い悲鳴を上げる。


 彼の一撃を受けた救芽井はあっさりと着鎧を解除され、今度は瞬間止血剤を握ったまま砂利の地面に突き飛ばされてしまった。咄嗟に顔を上げた彼女の信じられない、といいたげな表情があらわになる。


「……済まねーな、樋稟ちゃん。頼めるような立場じゃねーが……その球、ちゃんと弟に使ってくれよ」

「い、一体なにをッ……!?」


 救芽井の視線は、兄貴の手に握られた翡翠色の「腕輪型着鎧装置」に向けられていた。その行動に、古我知さんと将軍も目を見張る。


「龍太。わりぃな、これくらいしかしてやれない――ダメな兄ちゃんでさ」


 当の本人はそんな視線など全く意に介さない様子で、俺と向かい合うように天井を支える。

 次いで、今まさに力尽きようとしている弟と全く同じ姿勢で、兄貴は自分の右腕に嵌めた「救済の先駆者」の腕輪を一瞥した。


「……着鎧甲冑」


 そして――僅かに伺えた微笑と共に。


 聞き慣れた言葉ではあるけれど、彼の口からは一度も聞いたことのない「コール」が、廃工場に轟くのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!