第179話 龍虎相打つ

 戦いの流れは、その瞬間を境に大きな唸りを生んだ。


「ホォワァアァアッ!」

「ぐぬッ……!」


 鈍く輝く銅色の鉄槌をかい潜り、俺の赤い拳が弾丸の如く――鼻頭の急所、「三角」を捉える。

 将軍は僅かにふらつきながらも、もう片方の鉄腕を薙ぎ払うように振るうが、同じ轍を踏んでばかりの俺ではない。


「ぬりゃあぁあッ!」

「く、おぉッ!」


 咄嗟に外腕刀で身を守り、その一撃を辛うじて受け止める。俺の身体はその衝撃に押され、両足で地面をえぐりながら真横の方向に数メートル退避させられてしまった。


 急所への攻撃で体勢がふらつき、体重が乗らないままでのカウンターだったはずだが……それでもこの威力、か。パワーだけなら、間違いなく瀧上凱樹にも引けを取らないだろう。


「フゥッ……!」


 ――しかし、それだけでやすやすと勝てるほど、今の俺は鈍くはない。さっきの防御が間に合ったのは、電磁警棒を捨てて体幹が安定し、動作に無駄がなくなったからだ。


 長さ三十センチ、重量八キロの電磁警棒。腰に吊されたG型共通のその装備は、残念ながら俺にとっては体幹のバランスを奪う「重り」以外の意味を成さない。


 ゆえにそれを外してからが、俺の本領となるのである。着鎧甲冑の超人的運動能力の前では八キロ程度の重りなど些細な荷物に過ぎないが、それでも体重差で敵わない以上、技のスピードと精度で勝負せざるを得ない俺には死活問題なのだ。


 敢えて自己のバランスに枷を与え、相手の様子を見てから本性を現して一気に畳み掛ける。

 それが将軍に手の内を読む隙を与えないために即興で編み出した、俺の新戦法なのだ。効果の程は、古我知さんとの模擬戦で実証済みである。


「フウッ……ホォオォーウッ!」

「くっ!」


 一息ついての怪鳥音とともに、地を這うように姿勢を低くして前のめりになるように突き進む。そんな俺を迎撃すべく、将軍は丸太のような脚でローキックを放った。

 外見に似合わぬ速さで迫るその蹴りは、風を裂く轟音をあげて俺の頬を狙う。だが、その攻撃のためのモーションが始まるより早く、俺は次の一手に臨んでいた。


 両の手を伸ばして倒れ込むように地面へ覆いかぶさり、手が砂利の上に接した反動で下半身が持ち上がると、一瞬だけ逆立ちの体勢になる。そこから地面に付けられた両手を全力で押し出し――その勢いで突き上げられた両脚が、将軍の顎を打ち上げた。

 顎にある急所「三日月」への一撃を受けた将軍は今までよりも大きくよろめき、大きな隙を見せた。脳を揺らされたショックは、やはり大きいものだったらしい。


「フウウッ――トアチャァアアーッ!」


 無論、ここまで来ておいて追い討ちを掛けない手はない。俺は畳み掛けるように前傾姿勢でさらに突き進み、銅色の胸に突きを見舞う。胸部の急所の一つだ。

 俺の呼吸と雄叫びが、廃工場に轟いていく。


「ぐっ……ぬ!」

「ワ、ワーリッ!?」


 パワーに差はあれど、やはり急所を突かれてはダメージは避けられないようだ。追い込みの一発を受けた将軍は数歩後ろへ下がり、同時にダウゥ姫から悲鳴が上がる。


「――ぬぅおぉあッ!」

「く、うっ!」


 その声を聞いて、このままではいかん、と奮起したのだろうか。将軍の巨体が背中から突き飛ばされたかのように突っ込んできた。

 予想よりあまりにも速い、急所攻撃からの回復。その予期しない動きに反応が遅れた俺は、回避は間に合わないと判断して腕を十字に構えた防御体勢に入る。

 刹那、まともに受けてはならないはずの将軍のストレートが、俺の両腕に衝突した。さっきの薙ぎ払いとは比にならないパワーが、予測を超えるスピードでのしかかる。


 当然、凄まじい勢いで俺は地面をえぐりながら後退させられる――のだが、今回はそれで終わるような生易しい攻撃ではない。

 パンチを防御された反動を受けてもなお、将軍はスピードをほとんど殺さず、そのまま突き進んでくる。


 一方、将軍の剛拳を真っ向から受けてしまった俺の両腕は、痺れという形で悲鳴を上げていた。その想定外の痛手に仮面の奥で顔をしかめていた俺は、反応が間に合わず――追撃として伸びていた巨大な両手に、己の両肩を掴まれていた。


「うぐっ!?」

「素晴らしい攻撃だったが、ここまでだ!」


 肩に掛かる重さは尋常ではなく、身じろぎすらままならない。

 そんな俺に打開策を練る暇も与えまいと、将軍の頭が天井へ向けて振り上げられる。その姿は、さながら獲物を喰らわんと唸る「虎」のようだ。


 これは――ただのヘッドバットではない。兜の頂に取り付けられた、トサカ状の斧による斬撃だ。直撃したら、マスクどころか……!


「――トワァアッ!」


 俺は動かせない両腕に代わり、両足を振り上げて空を切り裂く将軍の斧を挟み込む。両方から膝蹴りを当てられた刃の先端が、マスクを突き破りバイザーの中へ侵入する――が、そこから先へ進み出ることはなかった。

 膝で真剣白刃取りを間一髪成功させた俺は、ヘッドバットに意識を向けていた将軍の不意を突き、掌側にある手首の急所「寸脈」に手刀を当て、拘束から解放させる。


 そして、ここまで真っすぐ突き進んできた将軍の体勢を利用し、彼の両腕を引きながら――銅色の腹の下へ滑り込んだ。


「チャアァアアッ!」

「ぬぐあっ!?」


 闘牛すら跳ね飛ばすであろう、巨大な鋼鉄の弾丸。そう呼ぶに相応しい攻勢を見せた将軍に対抗するには、やはりこれしかあるまい。

 俺はつんのめって覆いかぶさって来る将軍の身体を、将軍自身の勢いと「救済の超機龍」の脚力を以って、ひっくり返してみせた。


 巴投げをお見舞いされた将軍は宙に己の巨体を投げ出され、やがて轟音と共に地面へと墜落する。舞い上がる土埃と砂利が、作戦が成功したことを告げていた。


「やったぁああ!」

「いよっしゃあぁい! 行ける、行けるで龍太ッ!」


 俺の優勢ぶりに救芽井と矢村が歓声を上げる――が、当の俺はそれどころではなかった。


 ――今の肩を掴んでからのヘッドバット。これまでにはない、将軍からの本格的な攻撃だった。

 今まで様子見だった彼が、ついに本気で動き出した、ということなのかも知れない。膝の白刃取りが間に合わなかったら、切り傷では済まなかっただろう。


 それに、向こうも段々と俺の攻撃のリズムを掴み始めてるみたいだ。これ以上手の内を読まれる前に勝負を付けないと、決着がつく前にこっちのスーツがバッテリー切れになっちまう。

 「銅殻勇鎧」とやらのエネルギーが持続する時間がどの程度かは知らないが、俺のように激しく動き回っていない以上、向こうが先にバテてくれる線は期待できない。リミットは、俺のバッテリーが切れるまで、か。


 俺は弾かれるように飛び起きると、将軍が飛ばされた方向へ視線を向ける。そして、ぐるりと移り変わる景色に銅色の甲冑が現れた時――


「ならばこれはどうだ!?」


 ――鉄腕に搭載された漆黒の銃身が、火を噴いた。


「うぉっ……!?」


 俺は思わず腕で顔を覆い、緊急防御の体勢に突入。俺の全身はもちろん、その周囲にも鉛玉が浴びせられることとなった。

 篭手に内蔵された小型のガトリング――か。ガチンコの戦闘用に載せられてる武器があのトサカだけ、なんてことはないだろうとは思ってたが、まさかあんなモンを持ち出して来やがるとは……!

 それなりに距離が離れていたから、まともに喰らっても激痛で済んだが――あんな連射を至近距離で貰ったら、三年前みたいな銃創じゃ済まないぜ。


「な、なんなんアレッ! 鉄砲なんてずるいやろッ!」

「いや、この決闘で武器の使用は禁止されてないんだ。将軍は今まで使おうとしてなかっただけだし、龍太君は持ってても邪魔にしかならないらしいから、これまでは肉弾戦になってたけど……」


 憤慨する矢村を宥めている古我知さんも、苦虫を噛み潰すような表情を浮かべている。飛び道具を持たない俺の不利を憂いているのだろう。

 確かに、丸腰同然の俺に銃器は天敵そのもの。まともにやり合えば勝ち目はないだろう。


 ――だが、そんなことで勝負を諦めるつもりはないぜ、俺は。


「……ンンッ!」


 視界に映す対象を「ガトリングそのもの」から「ガトリングを持つ将軍」へ切り替え、俺は彼の周辺を回るように駆け出す。その後ろでは、砂利だらけの地面が立て続けに銃撃を受け、小さく土埃を上げていた。


「クッ!」

「射撃が止まった……? なるほど、そういうことか」


 しかし、俺が様子見のために距離を置いて周回を始めた途端、ガトリングの銃口から煙が立ち上り、銃撃が止んでしまった。


 どうやら、流れ弾を防ぐために照準はなるべく下の方へ向けているらしい。円形に駆け回りながら、ある程度距離を取ってみると銃撃がピタリと止んでしまったのだ。

 逆に、ぐるぐると周りながら一定の間合いまで近づくと、たちまちガトリングが猛威を振るう。向こうも、それなりに戦い方には気を遣っているらしい。


 確かに、射線をあらかじめ下に向けておけば誤射の可能性は薄まるし、近距離で足を撃てれば俺のアドバンテージであるスピードを殺すこともできる。一石二鳥、というわけだ。


 だが――俺は、一鳥たりとも取らせはしないぜ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!