乾坤一擲

作者 響 恭也

235

87人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

織田信長といえば誰もが知る人物ですが、早世した弟【織田秀孝】は注目されることが少ないです。かの人物にスポットライトを当てたのが本作になります。

現代の大学生【秀隆】が事故によって意識を失うと、戦国の世で死に瀕していた織田秀孝の肉体を得ていました。以後彼は【織田秀隆】として、歴史の知識および現代の科学的手法を使って信長の天下統一を手伝うことになります。

物語の展開としては、歴史のifを想像するのが好きな方が思わずうなずく合戦や人心掌握が中心です。後半戦になると海外進出まで視野に入ってくるので、飽きがきません。時代小説となると敷居を高く感じますが『乾坤一擲』は史実を知らない読者にも優しいですよ。

★★★ Excellent!!!

ホントにひどい作者です。

面白くて1日休み全部使って読破してしまいました。

バトルは比較的あっさり(笑)
新年の宴会はまったり。
武将がみんな似てしまってるのは作品のご愛嬌。

軽妙な文章の運び(誤字は・・まあ、脳内変換で)で
まったくストレスなく読み進められます。
細かいことはさておき、みなさんも読んでみましょう。