第19話 移ろう季節に抱かれて ~【和尚さんの春夏秋冬】~

 ――春は桜を抱く。

 人でごった返す公園ではなく、ひっそりと佇む一本の桜の木がいい。

 ゆらりゆらりと舞い落ちる花弁を、ひらりと受け止めた杯で、冷酒を味わうのが春の楽しみである。


 ――夏は海を抱く。

 ビーチで大はしゃぎする人々を遠目に、海の家でゆったりと過ごすのがいい。

 潮風を感じながら、どこの浜で取れた物かも分からないイカの丸焼きを肴に、ビールを煽るのが夏の楽しみである。


 ――秋は紅葉を抱く。

 朱に染まった山々を愛でながら、その山々の合間に沈む夕日に涙を流すのがいい。

 秋の夜は冷えるけれど、あまり厚着はせず、秋の味覚を肴に熱燗で腹を温めるのが秋の楽しみである。


 ――冬はコタツを抱く。

 寒いのは嫌いなので外には出ず、じっと動かず無駄な時間を過ごすのがいい。

 部屋を温め、コタツに足を突っ込んで、それでいて少々薄着で、アイスでも食べながらテレビを見るのが冬の楽しみである。



「ちょっと隊長、冬だけ雑すぎません?」


 隊員の意見に、隊長はあからさまに嫌な顔をしてみせた。


「これは手記だ。俺の好きに書き、俺の好きに残す」


 この日二人が訪れているのは、とある寺。

 かなり古い寺ではあるが、それなりの規模を持った宗派の寺である。

 聞くところによれば音雨山おとうさんという本山までが存在するらしいのだが、元々がこの世界の人間ではない二人にとっては聞きなれない事この上ない。


「噂に聞いて遠路はるばる来ましたけど、和尚が不在じゃあやる事ありませんね」


 隊員の言う通り、二人はこの寺の噂を聞きつけてここまで掘り進んできた。

 だが残念な事に、その目的である和尚に会えなかったのだから残念である。


「まあそう言うな。貴様も何かを書き残しておけ。和尚の目に留まれば、何か連絡をしてくれるかもしれん」


 隊長のその言葉に、隊員は首をひねる。


「だったら普通に書置きでよくないですか?」


 だが隊長は小さく首を振った。


「貴様は阿呆か。由緒正しい寺の、噂にまでなる和尚だ。書置きや手紙など山のように寄せられるだろう。その中から俺達の書き残した物が目に留まるかどうか、生き残れるかどうか、そこが問題なのだ」


 ――今日は書置きを抱く。

 未だ会えぬ人への想いを乗せ、ここに気持ちを書き……


「ちょっとまった、隊長、そんな変なポエムで字数を稼ぐのはやめて下さい」

「何っ!? 貴様、俺の手記を変なポエム呼ばわりとはいい度胸だ! 表に出ろ!」


 いきり立つ二人は一触即発。


「ええいいですよ。下らない。実に下らない。大体なんなんですか和尚って」


 隊員は眼光鋭く言い放つ。


「いつからカクヨム界は仏教ブームになったんです? 隊長のポエムなんて下らないですよ! そんな下らないポエムが絡むような仏様が出てくる物語は、直ぐに昇天する小僧の話が書籍化決まったからもう十分でしょ!」

「ばっかもーーーーーーん!」


 隊長はすさまじい剣幕で怒鳴る。


「確かにそうだ! お前の言う通りだ! だがその下らん坊主がいいのだ! だから態々ここまで掘りに来たのだ! 下らん坊主の何が悪い! 下ネタ小僧がアリで、下らん坊主はナシだとでも言うつもりか!」

「下ネタ小僧、最高に下らなくて面白いじゃないですか!」

「そうだ! その通りだ! 故に霞んでしまう!」


 隊長は寺の庭に佇む一本の桜の木を指さした。


「さくらさんが見ているここで、争うのはやめよう。だがな……聞いてくれ」


 そして熱い想いを握りしめるように、拳を握って言葉を続けた。


「作られた時代が悪かったのだ。あの下ネタ小僧と同時代に生まれし不運、それによって及ばなかった下らん坊主を、俺は掘り起こしたいのだ」


 隊員はさっぱり意味不明な隊長の言動に困惑した。


「まあ……そんなに掘りたいなら掘りましょう? 自分も頑張りますから!」


 こうして二人は、この寺でスコップを握りしめるのであった。




◆以前読んだ作品を紹介します。


タイトル:和尚さんの春夏秋冬

ジャンル:現代ファンタジー

  作者:よろしくま・ぺこり 様

  話数:29話

 文字数:101,233文字

  評価:★25 (2017年9月9日現在)

最新評価:2017年1月20日 20:58

 URL:https://kakuyomu.jp/works/1177354054882133400

 検索時:『和尚さん』で検索しましょう。


キャッチコピー

 和尚さんの不思議でおかしな毎日


感想★★★

 最初に申し上げておきます。

 下らないです(笑)


 そして、心温まります。


 下らないネタをベースに、しっかりと物語を添えて、其々を短辺として一話完結型で連載されています。

 まあ、その、こんな言い方が適正かどうか分かりませんが、サザエさんを見ているような感覚で、ゆるく読んで頂きたい作品です。


 ただただ下らない面白エピソードもあれば、心温まる骨太エピソードも。

 隊長も言ってますが、生まれた時代が悪かった。

 イックーさんと被りまくってるというか、内容は全然違うのですが、坊主が、下らないお話で、一話完結。


 願わくばこの作品が打ち上げられて、カクヨム二大坊主として語り継がれる事を望みます(笑)

 いやまぢで!


 そんな感じで、緩く読んでください!

 面白いですよ!

 ぜひご一読下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます