工場飼育についての所感

作者 鰐人

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 工場は一種の器官である。常に人によって保守管理されなければその活動を継続する事のできない貧弱な器官にして、常に近隣住民の苦情や抗議活動に気を配らなければならないという生来のデリケートさも併せ持つ。工場とは蚕のように野生回帰能力を持たず、その巨大さにはおよそ似つかわしくない脆弱さと繊細さから成り立つのだ。
 工場は人に益をもたらす。それと同時に工場の夜景は美しい。
 従って工場と人は共生関係にあるのであり、人は自身を愛するが如く工場も愛するべきである。
 近代文明の申し子たる工場よ万歳。その飼育は正に文明開化の足跡である。
 本作はそうした工場への偏執的で奇妙な愛情に充ちた趣深い作品です。ぜひ一読して、工場に対する愛をあたため、工場夜景をご鑑賞ください。