第10話

 間もなくフェーズ2が開始された。

 青森県三沢空軍基地から緊急配備した、F-16J二個小隊によるミサイル攻撃だ。戦闘機を都内の空軍基地に配備するにあたり、通告に出向いた将校たちは、これならやれると思っていたという。何と楽観的なことか。そんな噂をオペレーターたちが真に受けていなければいいのだが。


「その程度で奴を倒せるのか? いや、そもそも通用するのか……?」


 と、俺の頭は疑問符で一杯だった。

 相手が生物であるならば、一瞬の爆発よりも、表皮をえぐり取るような貫通性の高い弾頭を使うべきだ。それも、機雷による傷口を狙えるような、精密誘導弾に搭載して。しかしそれができない今、戦闘機のパイロットたちも、ヘリ部隊の兵士たちと同じ目に遭うのではないか。

 俺の心配はその一点だった。

 

 かといって、ここで怪獣を食い止めなければならない。さもなければ、フェーズ3が発動してメガフロートが爆沈させられることになるのだ。

 込み合った都内から誘導弾を発射するにあたり、ミサイルの発射場所は極めて限られたものとなる。そのギリギリの有効射程を使おうと考えた場合、どうしてもメガフロート一帯は戦場と化す。


「頼むぞ、空軍……」


 俺はスクリーンの隅に映されたバッジシステム、すなわち敵と味方の位置を識別する地図を見ながら腕を組んだ。


         ※


 23:50。F-16J二個小隊が、都内の二十三区外に設置された空軍基地から発進した。

 テレビでは、離陸する戦闘機に向かって手を振る民間人や、怪獣の迎撃に失敗してヘリ一個小隊が全滅した旨を告げるニュース番組が流れている。

 フェーズ3については、どのテレビ局も報じていない。要はバレていない、ということだろう。

 黒崎がうまく処理したのだろうか。あの無表情、何を考えているか分からないが、案外やり手なのかもしれない。


《こちらファウンド1、目標と思われる熱源を確認。東京湾を、先ほどの作戦区域から真っ直ぐ北上中》

「了解。Yラインを展開しつつ、目視可能な部分に機銃弾を撃ち込め。第二ラインの機雷まで誘導せよ」

《了解》

 

 俺たちはしばし、引き続き哨戒中ヘリからの映像に見入っていた。どうやら怪獣の放つ火炎弾は、見かけ通り多分の熱量を発するらしい。あたりは真っ白な水蒸気に包まれていた。これでは、目視確認は難しいかもしれない。


「ファウンド1、目標を視認できるか?」

《こちらファウンド1、高さ五十メートルほどに及ぶ水蒸気を確認。目標と思われる赤い発光体を目視。背びれと思われる》

「了解。機銃弾で様子を見る。攻撃を開始せよ」

《了解》


 バルルルルルルルッ、っと機銃が唸り、怪獣の背びれを掠めていく。俺は戦闘機に乗ったことはないが、それでも操縦桿の振動が伝わってくるような錯覚に囚われた。

 次々に機銃を浴びせては、ヒット・アンド・アウェイを繰り返す戦闘機部隊。その様子を哨戒機からの映像で眺めながら、俺は怪獣の反応をまだかまだかと待った。


「ファウンド1、目標の進路に変化は?」

《確認できない。以前品川方面にむけ進行中。繰り返す、目標は進路を変えずに北上中》


 その時、別な回線から通信が入った。


「こちら武田少佐」

《哨戒機より報告。燃料僅かのため、横須賀に一時帰投する。GPS及びバッジシステムを活用されたし》

「了解」


 俺は回線が切れたのを確認しながら、


「メインスクリーンをバッジシステムに切り替えろ!」

「了解、GPS経由のバッジに切り替えます!」


 すると、急にスクリーン映像は素っ気ないものになった。碁盤の目のように縦横に線が引かれ、怪獣の現在位置と進行方向が表示される。その付近で、一回り小さなバッジが編隊を組んで飛行している。戦闘機部隊を表したものだ。


《代替哨戒機、現場到着まで約五分》

「三分にしてくれ。目標の動きは極めて流動的だ。何をしでかすか分かったものでは――」


 と言いかけた、その時だった。

 バチン、と音を立てて、メインスクリーン、及びサブスクリーンが真っ暗になった。照明を設けていないUGOCは、淡く青い光に包まれる。


「何事だ?」


 俺は振り返りながら声を張り上げた。


「何か把握している者はいるか?」


 すると、一人の手が挙がった。よく見えなかったが、あの席は確か、航空衛星通信担当オペレーターのものだ。


「たった今、東京湾を監視中の軍事衛星と、UGOCを結ぶラインが切断されました! 復旧まで約二時間!」

「な……」


 つまり、次の哨戒機が来るまで、こちらは何もできないということか。この五分間、戦闘機部隊に指示することも、その安否を確かめることもできない。

 それに、最後に捉えたバッジシステムの映像も気になる。怪獣が直進した場合、機雷の合間を縫って、ほぼ無傷で上陸してくる可能性すらある。無論、作戦はフェーズ3に移行し、国防軍は『メガフロートを沈めた』という汚点を残すことになる。

 薄闇の中で、しかし黒々とした沈黙が立ち込める。

 俺が立ち上がり、デスクに手をついて唸っていると、


「参りましたな」


 涼しい声音で声をかけてくる。間違いようがない、黒崎少佐だ。いつの間にUGOCに入ってきたのやら、スライドドアの擦過音も全く聞こえなかった。それだけ緊張感に包まれていたということだろう。

 それにしても、黒崎恭也……。こいつは一体、今回の事態を何だと思っているんだ?

 俺が訝しげに黒崎の横顔を見つめていると、


「武田少佐、そう慌てても事態は好転しません。今は戦闘機部隊が上手くやってくれることを祈りましょう」


 祈る? こいつの口から出る言葉とは思えない。だが、黒崎の言葉が的を射ているのは確かだ。

 俺は唇をぐっと噛み締めた。


 長い長い、五分間だった。


《こちら哨戒機、目標上空へ到達。戦闘機部隊、編隊を維持したまま攻撃を継続中。映像を回します》


 映された映像は、あまり変わり映えのしないものだった。凄まじい勢いで水蒸気が立ち昇っている。戦闘機部隊はフォーメーションを保ったまま、低空飛行を繰り返していた。


《こちらファウンド1、全機機銃弾切れ。ミサイルの使用を申請する》


 こうなっては仕方がない。


「了解。各機増槽を外し、空対海ミサイルの発射に備えよ」

《了解》


 増槽を外した戦闘機部隊は、今まで以上に高みへと舞い上がる。


「怪獣は遠距離攻撃手段を持っている。くれぐれも高度には気をつけろ」

《了解。全機、ミサイル発射準備よし。――ファイア》


 ドゥ、ドゥとミサイルが火を噴く音が聞こえてくるかのような臨場感。

 哨戒機からの超高画質映像からは、ミサイル尾部から放たれる火炎の光がはっきりと見えた。それが一つ、二つと背びれに直撃していく。その直後、


「!?」


 怪獣の周囲の水蒸気が、唐突にその勢いを増した。五十メートルだった水蒸気は、目測だが二百メートルほどにまで盛り上がっている。


《こちらファウンド1、目標を捕捉できない!》

「赤外線誘導は可能か?」

《極めて困難! 目標の周囲はより高温の蒸気に包まれており――うっ!》


 何があったのかは、俺には見えた。真っ白で不定形な水蒸気の中から、怪獣の火炎弾が飛び出してきたのだ。

 散開し、これを回避する戦闘機部隊。

 俺は、ヘリ部隊がやられた時のことを思い返していた。怪獣は直立姿勢から火炎弾を発射する。今現時点で直立姿勢を取ろうとすれば、胸部の傷口をさらけ出すことになる。


「今だ、やれるぞ! 火炎弾の発射地点を逆算できるか?」

《可能です!》

「多少精度に欠けても構わん、そこにありったけのミサイルを撃ち込め!」

《了解! 各機、第二波攻撃準備! ――ファイア!》


 再びのミサイル一斉射。俺は、今度は自分の尻や脚部から、パイロットの感じている振動が伝わってくるように思われた。

 哨戒機を経由して、怪獣の呻き声が聞こえてきた。重苦しくも弱々しさが露呈している。怪獣は、鯨が身を翻すような挙動で、水蒸気を切り裂きながら南下を始めた。


《UGOCへ、追尾して攻撃を続行しますか?》

「深追いは無用だ」


 俺はきっぱりと言い切った。


「ご苦労、本日の作戦はここまでだ」


 それから室内を振り返り、物資運用担当オペレーターに


「明朝、現在の戦闘水域から海水を採取してくれ。怪獣の血液や細胞片を採取して、解析に回すんだ」

「了解しました」


 そして、


「状況、一時停止」


 疲れを伴ったため息が、UGOC全体に広がった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます