5

 ごおっ!

 強い風が勝の足もとをすくうように吹き付ける。風は高倉邸の複雑な形状で思いがけない方向にそれ、ときには真正面から、ときには背後から吹き付ける。

 やっかいなのは降り出した雨だ。

 慎重に、じりっ、じりっと勝は前へ進んでいった。気がつくと橋の表面が雨で濡れ始めている。気をつけていないと滑りそうだ。

 そら滑った!

 あやうく立ち直り、勝は目を閉じ立ち止まった。心臓が爆発しそうだ。

 ケン太の笑い声が響いた。

「ははははは! そうか、きみは高所恐怖症なんだ! 知らなかったよ。悪かったな、そんなところを渡らせて」

 てやんでえ……。

 勝は不敵に胸のうちで思った。

 こんなところ、高所恐怖症でなくとも渡るのは怖ろしい。出来るだけ足元を見まいと思うのだが、それでもつい下に視線がいく。

 怒りだけが勝の推進力であるようだ。

 歯を食い縛り、がくがくする膝をこらえながら、勝は一歩、一歩前へと進んでいく。

 ようやく半分まで進んだとき、ケン太がふいに動き出した。

「まったく、待ちくたびれたよ! きみがさっさと来ないなら、こっちから行くぞ!」

 大股で歩き出し、橋を渡りだした。

 凍りつく勝の目の前に、ケン太は恐れもせず近づき、立ち止まった。

「な、な、なにを……?」

 勝の叫びは悲鳴ににていた。

「ここで一丁、勝負するってのは、どうだい? 面白いんじゃないのかい」

 ケン太はにやにや笑いを浮かべていた。それはひどく嗜虐的で、頭ひとつ背が高い勝を完全になめきっている。

「う、う、う、う……!」

 勝は完全に動顛していた。

 こんなところで?

 勝負?

「どうした、怖いのか」

「怖い? おれが──」

 勝の怒りに火がついた。無意識に拳がかためられ、ケン太に殴りかかる。

 ひょい、とケン太はそれをよけ、沈み込むとどすんと勝の胸に頭突きをくらわす。

 わっ、と勝はおおきく両腕をふりまわした。

 とっ、とっ、とっと小刻みにあとじさる。つい視線が足もとにいってしまった。

 数十メートルもの高みにある自分が痛いほど意識された。すとんと内臓が落ち込むような恐怖が喉元にせりあがる。

 ひいーっと、声にならない悲鳴がこみあげた。

 ついに座り込んだ。両手が必死に板の端をつかむ。

 もう動けなかった。がくがくと両腕が勝手に震え、青ざめた顔で立ちはだかるケン太を見上げていた。

「やれやれ……まったくがっかりだ。こんなところまでやってくるから、もうすこし歯ごたえがあるものと思っていたが、ぼくの買いかぶりだったな!」

 ケン太はちっ、ちっと指先を左右にふった。

 くるりと背を向けた。背中の〝男〟の刺繍がきらめいた。

「ま、待て……っ!」

 勝は必死に声をふりしぼった。

 ケン太は立ち止まり、首だけねじむける。

「どうした? まだやるのか」

 くそう……と勝は足掻くが、足はまるで自分のもののようではなく、へろへろとまるで力がはいらない。それでも四つん這いになって、橋をわたっていく。

 ほう──と、ケン太は感心したようなため息をついた。

「その意気は買ってやる。しかしこれまでだな」

 はっ、と声をかけると足先を旋回させた。

 がつん、とケン太の爪先が勝の顎をとらえる。げっ、と勝は痛みに気が遠くなった。

 とんとんと踊るような足取りで、ケン太は四つん這いの勝を足先で攻撃していた。容赦なく、残酷に。

 ぶん、とうなりをあげ、ケン太の回し蹴りが勝の首根っこをとらえた。この痛打に、勝はがくりと腕からちからがぬけ、指先が離れてしまう。

 わっ、と勝は橋にしがみついた。足がぶらぶらと揺れている! ケン太の攻撃で、かれは橋から身体を半分、落としてしまっていた。しゃにむに掴む、片方の指先だけが命の綱となっている。

 必死に足先が足がかりをさがすが、むろんそんなものはない。

「やめてーっ!」

 茜の叫び声が勝の頭のうえを通過した。彼女のスカートの端っこが勝の視界を一瞬、かすめた。

 うおっ、とケン太のくぐもった声がする。

 なんだ、と勝はようやく顔だけあげた。

 ケン太がよろよろと胸をおさえていた。痛みに、眉間に皺がよっていた。

「貴様……」

 ものすごい形相である。

「茜!」

 勝は叫んだ。

 なんと、茜が橋の上に立っていた。板一本の橋を彼女は駆け抜け、勝の身体を飛び越えてケン太の胸めがけ、とび蹴りをくらわしたのだった。蹴られたケン太は、切妻屋根の屋上へ位置を変えている。

 ようやくのことで勝は橋に這い上がった。茜はケン太に向かって、さらに攻撃を加えようと橋を渡りきっていた。

 がくがくする手足で、必死になって向こう側の屋上へたどりつく。その時、ケン太は怒りのあまり茜に襲いかかっていた。両腕を伸ばし、彼女の細い首にまきつけている。茜は顔を真っ赤にさせ、必死になって振りほどこうとするが、ケン太の腕は万力のように彼女の首を締め上げていた。

 うおおっ、と雄たけびを上げて勝はケン太に体当たりを食らわした。

 わっ、とケン太はたたらを踏み、茜の首から腕を離していた。茜はけほけほと咳き込み、しきりと首筋をなでている。

「茜、おめえ……」

 勝は絶句した。

 じぶんが半死半生の思いで、やっとのことで渡りきったあの橋を、彼女は軽々と駆け抜けたのである。兄貴の面目丸つぶれ!

 咳き込みながらも、茜は兄の言葉の意味を悟って弱々しくほほ笑んだ。

 と、その目が見開かれた。

「お兄ちゃん、うしろ!」

 はっ、と勝がふり返る。

 ケン太が肩から勝に体当たりをしてきた。

 どすん、とケン太の肩が勝の胸板を突き上げ、かれの両足が一瞬、屋上の床から持ち上がる。背中から勝は倒れこんだ。

「てめえら! 殺してやる!」

 ケン太は荒々しく叫んだ。いままでの冷ややかな態度は豹変していた。いや、いまのかれが本来なのかもしれなかった。顔は真っ赤に染まり、ひくひくと唇がめくれあがった。

「だれを殺すというの?」

 ふいの女の声に、ケン太はぎくりと身をこわばらせた。

 勝、茜もその声の方向に顔をねじむけた。

 美和子が立っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます