洋子

1

「あいつらが中へ入った!」

 モニターを前にケン太はつぶやいた。モニターには太郎と美和子、勝と茜の二組の姿が映し出されている。広い屋敷の中で、二組は油断なく歩を進ませていた。その姿を、邸内に仕掛けられている無数のカメラが追っていた。

 ふむ、とケン太はデスクで手を組み合わせ考え込む姿勢になった。ドアのところで立っている洋子に目をやる。

「洋子、お前は執事学校での戦闘訓練を受けているはずだな」

 はい、と洋子は無表情に首をたてにした。

 よし、とケン太は顎を引いた。

「お前、太郎と手合わせしろ。出来るか?」

 出来ます、と洋子は返事をすると、ふいと部屋を出て行く。それを見送るケン太は、ふたたびモニターに目をやった。

 

 じい──とかすかなモーター音をたて、ゆっくりとカメラが首をふる。それを見上げ、幸司はそろそろと歩を進めた。

 屋敷の中はどこもかしこもカメラだらけだ。

 かれはカメラの視界からなるべく離れるようにして、屋敷の中を進んでいった。

 じぶんがなにをすればいいのか、まだ分からない。とにかく美和子のためになることなら、なんでもやってやろうと思っていたが、肝心の美和子がどこにいるのか判らない。

 飛行機が墜落して、太郎と美和子が出てきたのを見て、幸司は動き出した。ふたりが邸内に入ったのは確認できたが、複雑な屋敷の構造のせいで、出会うことすら出来ない。

 幸司はさ迷っていた。

 いったい、ふたりはどこにいるのか?

 かすかな声が幸司の足を止めさせた。

 耳をすませる。

 それは──

 すすり泣きの声だった。声は女である。

 ぎくり、と幸司は凝然と固まった。

 広い屋敷で、女性のすすり泣く声を聞くのは、正直いい気分ではない。

 しかし聞いた声だ。

 幸司は思い当たった。

 声をたよりに歩き出す。

 すすり泣く声は、ひとつのドアから聞こえてくる。幸司はドアにぴったり耳を押し当て、中の気配をさぐった。

「あのう……」

 ささやく。

 すすり泣く声がぴたりと止まった。

 急ぎ足で近づく音がして「だれ?」と尋ねる。幸司は早口でこたえた。

「ぼく、田端幸司っていいます。以前、お話しましたね」

 ああ──というこたえ。

 声の主は杏奈である。しかし高倉ケン太の妹である彼女が、なぜ泣いているのか?

「コックの人ね。こんなところで何をしているの?」

「その……道に迷ってしまって……」

「ここから出して!」

 向こうから切迫した声がした。

「あたしだったら、この屋敷のこと何でもわかるわ! 道を教えてあげるから、ここから出して!」

「判りました!」

 幸司は返事をした。

 ドアノブを掴んでまわすが、がちゃがちゃと鍵がかかっていて開かない。ドアの向こうの杏奈は苛立った声をあげた。

「だめよ! 鍵がかかっているわ」

 どうしよう、と幸司はあたりを見回した。消火器が目に付いた。消火器の架けてある壁に、非常用の棚がある。開けてみると、斧が消火ホースとともにしまってあった。幸司は斧を手にし、ちょっと考えた。

 ええい、非常事態だ!

「お嬢さま、ドアから離れて! 壊します!」

 息を呑む気配があって、ばたばたと足音がする。ドアから離れたのだろう。

 幸司は斧をふりあげた。

 がつん! と、斧がドアにめりこんだ。

 がつん、がつん! めりめり、ばきばきと幸司の斧で、ドアは木屑を跳ね散らかし、真っ二つに割れた。

 がたん、と音を立ててドアは倒れこんだ。

 その向こうに、ひとりの少女が目を見開いて立っている。紺のワンピースに、おおきなピンクのリボンを髪にとめている。卵形の顔に、びっくりするほどおおきな目をしていた。

 美人だなあ……というのが幸司の第一印象であった。

「杏奈さまですね。はじめまして、田端幸司といいます」

 ありがとう……と彼女は答えた。

 立ったままなにかを待っている。

 幸司は彼女の足元を見た。

 木屑が散乱している。

 ああ、と納得。

 幸司は手をのばした。

 杏奈はその手をとり、ぴょんとちいさく飛び上がってドアの残骸を飛び越えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます