「もう一度、再生してみろ」

 スタジオのモニター・ルームでケン太は命令した。その命令に、スタッフがビデオのスイッチを入れる。

 モニターのひとつに、太郎が四人の男たちを相手にした一件が再生されている。ひらひらと太郎の両腕がひらめき、次の瞬間、四人の男たちはうめき声をあげて倒れている。

 ケン太は身じろぎひとつせず、じっとモニターを見つめている。顎に手をやり、指先をこめかみに当てている。ケン太の背後に洋子がトレーを手に持ち、あらわれた。トレーにはコーヒー・ポットと、マグ・カップが載っている。ポットから注がれたマグのコーヒーをケン太は受け取り、一口すすった。

「うまい! いつものコーヒーと違うな」

「新入りのコック見習いが淹れたものです」

 洋子の答えにケン太はちょっと首をかしげた。

「新入りの……ああ、もと真行寺家に奉公していたという少年か。見習いにしては、いい腕をしている。ちゃんとしたコーヒーを淹れられるやつは、いまどき貴重だからな」

 洋子は頭を下げ、トレーを持って退出した。退出するとき洋子が確認すると、ケン太はまたモニターに太郎の動きを再生させ、あきもせず眺めていた。洋子はそのまま部屋を出て、キッチンへ向かった。

 

 キッチンでは田端幸司が、食器や、調理器具の後片付けをしていた。洋子が入ってくると、幸司はちらりと目を上げた。

 トレーを返し、洋子が口を開いた。

「ケン太さまは、あなたの淹れたコーヒーの味を誉めていたわよ」

 口調は平板で、時刻表を読み上げるように感情がない。幸司はうなずいた。

「そうかい、そりゃよかった」

 幸司がそう言うと、それじゃ、と返事をして洋子は戻っていった。

 その後ろ姿を見て幸司はちょっと肩をすくめた。

「どうした幸司。あの女の子、気になるのか?」

 先輩の調理人がにやにや笑いを浮かべ、幸司に話しかけた。幸司はちょっと赤くなると、答えた。

「そんなんじゃないですよ。ただ、あの山田洋子って女の子、ちかごろひどく無愛想になったと思いませんか?」

 ふむ、と調理人はうなずいた。

「そうさな……あのメイド、入ってきたときはうるさいくらいおれたちにも気軽に話しかけてきて、もっと陽気だった気がするな」

 そうでしょう、と幸司も相槌を打つ。

 いったいどうしたんだろう……。

 幸司はなぜか洋子のことが気になっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます