2

「あたし、勝又茜あかねっていいます。助けていただき、有難うございました」

 そう言って茜と自己紹介した少女はぺこりと頭を下げた。

「よろしく茜さん。あたくしは真行寺美和子と申します」

「ぼくは只野太郎です。よろしく」

 茜が襲われた場所から少しはなれたところで、三人は自己紹介しあった。太郎に倒された男たちはすぐ気がつき、無言でおたがいうなずきあうと黙ったまま三人の前から姿を消した。

 茜はぴしゃりと自分の額を叩いて叫んだ。

「いっけなあーい! こんな挨拶するなんて、一生の不覚だわ!」

 そう言うと、彼女は美和子の前に出て、いきなり姿勢を変えた。

 下腹に力をいれ、スカートから出ている足をがばっ、と大股に開き腰を落とし、左手を背中に、右手を前へ突き出す。右手の手の平は上を向きぐっと美和子を見上げる姿勢をとる。

「お控えなせえ!」

 叫ぶ。

 その声に、美和子と太郎は顔を見合わせた。

「な、なにかしら、太郎さん」

 さあ、と太郎も首をひねった。

 なにかの挨拶らしいが、このような挨拶は執事学校では教えられていない。

「お控えなせえ!」

 茜は再度叫んだ。

 叫びつつ、彼女はぐっと上目遣いになって美和子を見つめている。いや、睨んでいるといった按配である。

 ひそひそと太郎は美和子にささやいた。

「とりあえず、彼女と同じ姿勢をとられてはいかがでしょうか?」

「そうね……」

 疑わしそうな視線で、美和子は茜を見た。

 ぎこちない動きで腰を落とし、茜の真似をして手を突き出す。

「こうかしら?」

「さっそくのお控え、有難うござんす!」

 茜は声をはげました。

「わたくし姓は勝又、名は茜。上州勝又村に生を受け、十五の春まで地元の高校に通い、わけあって中退、いまはこの番長島にてゆえあって姐さんにお世話となりかたじけない次第にございます。わたくし育ちましたところの上州名物はからっ風にかかあ天下、利根川にて産湯ゆぶゆをつかり、気風きっぷと度胸は三国一の土地柄。一宿一飯の恩に、不肖この勝又茜、どのような恩返しもいたしますので、姐さんにはお引き立てよろしく願います!」

 まさに〝立て板に水〟といった調子で、美和子はぽかんと口をあけているだけだ。

 茜が腰を上げたのを確認して、美和子もまっすぐの姿勢に戻った。

「あの……、これでよろしいのかしら?」

「はい! ちゃんと仁義を切れるかどうか、心配だったけど美和子の姐さんに受けてもらえて、嬉しかったです! これであたし、姐さんの妹分ってことになりましたので、よろしく!」

「妹分?」

「そうです! 美和子姐さんと、そこの太郎さんに助けられたんです。あたし、おふたりの妹分になって、なんでもいたします! どうぞ、よろしく!」

 そう言ってぺこりと頭を下げた。

 美和子と太郎は顔を見合わせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます