1

 夜明けのしらじらとした光があたりをまぶしく染めていた。この時間は気温も肌に粟粒をたてそうなほど低く、廃墟の壁はじっとりと朝露に濡れている。

 からり……と、地面に積み重なっている破片のひとつが音を立てた。

 はっ、と息を呑む気配。

 卵形の顔をした、目の大きなひとりの少女が、あたりの気配を読んで用心深そうに歩を進めていた。

 年は十四か、十五……まだ子供といっていい身体つきをしている。肌は陽に焼け、ミルクをたらしたコーヒーの色をしていた。

 髪の毛は赤く染め上げ、おもいきり短くしたショートにしている。後れ毛が朝日をあび、金色にひかっていた。身につけているのは夏用のセーラー服だ。半そでから伸びている二の腕はほっそりとしているが、ふと見せる俊敏な動きと、ぱっちりと見開いた目が小猫のような印象を与えていた。

 彼女はかすかに唇を噛んだ。

 ひとり、ふたり……唇がそう動いていた。

「出てきなさいよ!」

 叫んだ。

「いるんでしょう? そこらにこそこそ隠れたって無駄よ! あたしわかっているんだからね……ずっと前から、あたしを尾けているのは知ってるんだから……いったい、何のようなの?」

 少女の声はひと気のない廃墟に凛々と響いていた。

 ぐわぁり……と音を立て、あたりの廃墟の影から数人の男が姿を現した。

 人数は四人。

 みな思い思いの格好で、見るからに不良、といった服装であった。

 少女は背を壁につけ、身構えた。

 男たちの背後に朝日が昇っている。逆光を受けたかれらは無言で少女を取り巻いていた。

 少女は目を細めた。

 いったいかれらは何者なのか?

 服装から見るとトーナメントの参加者に見える。しかしここ数日、どういうわけかかれらは少女一人を標的に、尾行を続けていた。

 それに気付いたとき、少女は心底震え上がった。

 島に来た当初、後をつけてくる男たちは何人かいた。たいていはひとりでいる少女が心配だから、一緒にいて守ってやるよというセリフだったが、ありありと下心が透けて見えて、彼女はいっさい相手をしなかった。

 彼女が島にやってきた目的はトーナメントにはなかった。ほかにあったのである。

 そのためにはひとりで行動する必要があった。

 つきまとう男たちをふりきり、少女は島のあちこちを移動していた。

 ひとりで行動するには制限がある。

 島で生き抜くためにはバッジが必要であったし、それを奪われないために人目を避ける一日はなにかと不便だ。

 そんなある日、彼女は尾行に気付いたのである。

 また下心のやからか……と思ったのだが、どうも違う。ただ、ひっそりと、無言で、なにをするでもなく、たんたんと尾行しているだけである。

 それに気付いたとき、なぜだか心底から怖ろしくなった。

 こいつらはほかのやつらとは違う!

 それから少女は必死に尾行をふりきろうとしたのだが、かれらは楽々と追いつき、まるで監視するように遠巻きに取り巻くだけで、いっさい手出しはしなかった。

 それが今朝にかぎって姿をあらわにした。

 なにが目的なのだろう?

 取り巻いている男たちは無表情に少女を見つめている。なにをするでもなく、ただ少女が逃げないよう見張っているだけのようだ。

 と、ひとりがかすかに目配せをした。

 その瞬間、男たちの表情が激変した!

 それまでの無表情から一変して、下卑た、野卑なものに変化した。にやにや笑いが浮かび、みだらな目つきで少女の全身を舐めまわすように見つめている。

 へへへへ……と軽薄な笑い声がかれらから沸き起こった。

 なんなのこいつら……?

 少女は首をふった。

 まるで芝居の一場を見ているようだ。

 それも安っぽい、三文芝居。

 なにかのスイッチが入ったように、男たちは欲望をむき出したぎらぎらする視線で、じりっ、じりっと少女に近づいてくる。

 氷の塊のような恐怖が少女の胸元にこみあげてくる。

「やめてよ……こないで……」

 少女の目に涙がこみあげた。

「いやーっ!」

 彼女の叫びがこだました。

「待ちなさい!」

 その時、あたりを圧するような女の声がした。

 はっ、と男たちは動きを止める。

 少女は目を開けた。

 まぶしい朝日の中に、ふたりの人影が見えていた。

 ひとりは女、もうひとりは男のようだ。

 女はセーラー服、男はタキシードで、ふたりとも朝日をバックにこいシルエットとなっている。

 少女を取り巻いた男たちは身構えた。

「なんでえ……邪魔すんなよ」

「そうだ。おれたちゃ、この可愛い娘ちゃんと一緒に、トーナメントを戦い抜こうと相談していたとこなんだ」

「帰れ!」

 口々に口を開く。

「あなたたち……恥ずかしいと思わないの。ここはトーナメントをするところよ」

 女の声は威厳がこもり、聞いているだけで少女の胸に安堵がわきあがってくる。

 大丈夫だ……この人なら信頼できる。

 なぜかそういう確信がわいた。

 へへへ……と、男たちは野卑な笑い声をあげながらふたりの方へ向きを変えた。

「なんだか叱られているみたいだぜ」

「そうだよ、おれたちママに叱られたんだぜ!」

 ひゃははは……と笑い声。

「それじゃあ、そこの女からおれたちの相談に乗ってもらうか……」

 そうつぶやき、ひとりの男がいきなりセーラー服の女に襲い掛かった。

 女はそれを予期していたように身を沈め、素早い動きで抜き手を男の下腹部へ突きたてた。

 すごい!

 少女は目を見張った。

 女の動きはよく鍛錬された、達人クラスのものだった。あの抜き手がまともに突き刺さったら、ただではすまない。あっという間に反吐を吐き、ころげまわって苦しむだろう。

 が、男はまるで平気だった。

「なんでえ、こりゃ? え、なんの真似だい。お嬢ちゃん!」

 女の目が大きくなった。信じられない、という表情になる。すばやく側に立つ少年に声をかけた。

「気をつけなさい太郎さん。この男たち服の下に……」

 太郎と呼ばれた少年はうなずいた。

「判っております。この男たちは服の下に防具を隠しております。わたくしにお任せください」

 すっ、と少年は女の側をすりぬけ、前へ出る。

 と、さっきまでへらへらしていた男たちの態度が急変した。表情は真剣になり、油断のない構えを取る。

 少年はするすると男たちに近寄った。

 とん、と少年の足もとが突き出した岩角を踏む。その途端、少年の身体はまるで宙を飛ぶように浮き上がった。稲妻のような動きで、かれは男たちの間を駆け抜けた。

 一瞬の出来事だった。

 まるで舞を見ているようだった。

 少年の腕が目にもとまらぬ速さで旋回し、男たちの身体にわずかに触れたのは見てとれた。が、次におきた変化に少女は息を呑んだ。

 なんと、男たちは全員その場に倒れ、うめき声をたてていたのである。

 何が起きたのだろう?

 呆然となっているのは少女だけではなかった。隣に立つ、女もまた驚いているようだった。

「太郎さん、あなた、いまなにをなさったの?」

 太郎と呼ばれた少年はかすかに頭を下げた。

「申し訳ございません。でしゃばるつもりはなかったのですが……」

 少年は本当に恐縮しているようだった。

 あんなことして、すまながるなんて変な奴!

 少女はぼんやりそう思っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます