6

「いまのは撮れたか?」

 無数のテレビ・モニターが光る中、高倉ケン太はささやいた。このトーナメントを中継するためのテレビ・スタジオにある、モニター・ルームであった。

 はい、ばっちりですと背後のスタッフのひとりが返事をする。モニターには島でのあらゆる出来事が映し出されている。美和子と勝の争いもまた、テレビのカメラは捉えていた。

「いまのはつかえるな! トーナメントの初戦としては絵になる」

 ケン太のつぶやきに、背後のスタッフから賛意があがる。このトーナメントは高倉コンツェルン主催で、テレビ番組として全国に放映をしている。さっきの戦いも、わずかな時間で編集され、ハイライトとして全国に流れるはずだ。

「視聴率が出ました。現在、八十パーセントを越えています」

 うおおお、というどよめきがスタッフの間からあがる。番組は大成功である。ケン太はそのどよめきに眉をしかめた。

「そんなことで浮かれるな! この視聴率をいかに維持することが大事だぞ」

 ケン太の言葉にスタジオ内に緊張がはしる。

 かれは美和子にも見せたことのない、独裁者の顔をあらわにしていた。

 ケン太の椅子の背後には、洋子がひかえていた。

 いまは彼女はメイドのお仕着せになっている。

 彼女の目は無数のモニターのうち、ひとつに吸いつけられていた。

 画面には太郎が映し出されている。カメラのアングルからすると、相当高い場所から見下ろしているようだ。飛行船の船首にあるカメラが望遠レンズで太郎を狙っていたのだ。

 洋子の視線を追ったケン太は、にやりと笑った。

「只野太郎か、美和子についてきたんだな。さすが執事学校の卒業生はどんなときでも忠実だ」

「それが教えですから」

 ふむ、とケン太は肩をすくめた。

 と、かれは興味津々といった様子でモニターを食い入るように見入った。

 太郎の側にひとりのガクランを着た男が近づいてくる。あきらかに太郎を標的としていた。

 ケン太は座りなおし、結果やいかにと待ち受ける。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます