俺の取り柄は顔しかない。

作者 来真らむぷ

86

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

寒い作品というテーマで作品を選出したのだが、ぱっと見たときこの作品をそういう風に思う人はいないだろうし、普通のラブコメとして読んでもらってもいいのだが、冷静に考えるといじめをきっかけにひきこもりのFPS生活に追い込まれ、ゲーム中に脳卒中か何かで死んでしまうというのは結構なホラーである。

幸運(?)なことに主人公は真条基というイケメンに転生できたのだが、必ずしも順風満帆ではなかった。
父が急死、彼が保証人になっていたことで借金を背負い、持ち家を失うなど家は困窮、子どもたちを養うために働き詰めだった母は、基が成長する頃には病院送りになっていた。悲惨である。
転生した意味はあるのだろうか。

物語の本筋が始まるのはここからで、人口減に苦しむ国家が、特定の人にだけハーレムを形成することを許可・促進するアダムプログラムというものがあって、基はそれに選ばれる。

やった!チートハーレムだ!

……と思うじゃろ? 
基は前世の卑屈ヒキニート性格を大いに引きずって、せっかくのイケメンという能力をぜんぜん活用できんのじゃ……。

(寒すぎる夜をより寒く!? 怖い話4選/文=村上裕一)