シン・ワンコソバ

作者 にぽっくめいきんぐ

22

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

街コン優秀賞の受賞おめでとうございます。
一度どこかでタイトルを見掛けた事が有ったのですが、シン繋がりの企画物と勘違いして無視しておりました。
受賞されたので、私も拝読する機会に恵まれました。
面白いですね〜。
ところで、遠野大会は作者の想像の産物なのでしょうか?ネットで調べても、ドンピシャのサイトを探せません。
花巻大会や盛岡大会でも、同じ戦いが繰り広げられているかもしれませんが、敵方にも麺を投入して瓦解させられるというルールは、良く考えられているな、と思いました。このルールの存在が、駆け引きを可能にしますものね。

★★★ Excellent!!!

タイトルから文学をバカにした作品だと、腹が立った。
しかし、受賞作なのでとりあえず読んでみることにした。
すると、若者の一生懸命な姿、仲間と助け合う様子、それを通して成長する過程が描かれていて、感銘を受けた。
読む前の評価とは一転した。
個人的にはこの作品が街コンの大賞だと思う。

★★★ Excellent!!!

確かに、私もわんこソバは盛岡で何回か食べたことがある。リズミカルに「はい、じゃんじゃん」とか言いながら追加のソバを入れてくる給仕さん。満腹になったら、その動きの機先を制してフタをしなければならない。

駆け引きが面白い。しかし、それをここまでスポーツ化して描かれるとは、驚き。短編ながら、見事なスポーツ青春小説となっている。
蕎麦部の活躍をもっと読みたい!