知らない懐古と愛す土地

作者 なすみそ

25

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

小さな街から出たいという若者らしい願いを持った筆者が、ふと気づいた「懐かしさ」という感情。それは故郷だけにとどまらず、国内のいろいろな場所の人々の暮らしを思うと湧いてくる不思議な気持ち。DNAに刻まれているかはともかく、僕にもわかる気がする。
情景の描写が上手く、筆者の感じた「懐かしさ」や想いがよく伝わってくる。哀しいような、温かいような、切ない気持ちになった。

★★★ Excellent!!!

冬の朝市で新鮮な海産物に目を輝かせていた観光客の一人です。
故郷、そこに生きる人の美しさに触れて、地域の「ならでは」を探すようになる。知らない土地を旅する醍醐味ですね。読んでいてまた函館に行きたくなりました。今度はオルゴール堂にも。