「『小鳥遊』――この名字、読める?」

作者 アルキメイトツカサ

「『小鳥遊』――この名字、読める?」」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 面白い。名字は土地と縁深いものですね。
    しかしながら、独身を貫いてもその問題は解決しないという。
    こういった問題で消失した名字も多そうです。

  • 名字や地名って、面白いですね。
    私も一緒に「なるほどーっ!」と聞き入ってました。