流れていく橋を渡る

作者 雪瀬ひうろ

18

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 私の場合は嵐山でした。
 学生時代京都に下宿していた私はなんとなく考え事がしたいときに早朝原付バイクで嵐山まで向かいました。
 嵐山は観光地のため日中は人が多いのですが、早朝は人がほとんどいないので考え事をするのに最適だったのです。
 そこで桂川の流れを眺めながら物思いにふけったものでした。
 この作品を見てそのことを思い出しました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました