日光と氷と僕のおもいで

作者 宮 都