色、着物、パラダイス

 おばあちゃんのお葬式のとき、まだ死ってものがよくわかってなかったんだ。色のとぼしい空間が恐くて、お母さんにずっとしがみついてた。黒に、白に、少しのグレー。特に真っ黒な着物の女の人たちが異様にみえた。

「おばあちゃんはどこ?」

 って聞いたら、困った顔をされた。そりゃそうだけど。

「お話してくれるって、約束したのに。パラダイスのお話の続きがまだなの」

 お母さんは私をなでて、優しい声音で言った。

「おばあちゃんはパラダイスに行ったのよ」

「じゃあ戻ってきてお話してくれる?」

「いいえ。いつかあなたもパラダイスに行くまで、会えないの」

「じゃあ、わたしも行く」

「今はだめよ。神さまが決めたときまでこの世界にいなくちゃ、パラダイスには行けないの」

 私は首をかしげた。やっぱりよくわからなかった。おばあちゃんのお話の続きを勝手に考えるようになったのは、それから二年くらい後。おばあちゃんの死をようやく理解できた頃だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます