• 後書き

  • 「新桃太郎」を書き終えて

「新桃太郎」を書き終えて

私にとってはこれまで唯一の二次創作物であり、ネット再開後に書き始めた新作の「新桃太郎」。


元々、私は二次創作には全く関心はありませんでした。


他人の作品を全然読まない私には当然かもしれません。


しかし、ある事を切っ掛けにして、この物語を書こうと思うに至ったのです。


その切っ掛けとは、某SNSのとあるコミュニティでのメンバーさんとのやり取りでした。


その中で桃太郎の話題になり、黍団子を鬼に食べさせたらどうなるか、という他愛の無い話を元に書いてきました。


他人の作品を知らない私でも、桃太郎なら知ってます。


その「新桃太郎」も、やっと一通り書き終えました。


初めて二次創作をやってみた感想としては、やはり、最初から書くよりは「楽」なのかなぁ、と。


勿論、二次である事で表現が限定されたりする面もあるけど、物語を書いていく上で原作には沢山のヒントがあったりもする。


そして原作に対して何処を倣い、何処を違えるか、その選択をする楽しみはあった様に思う。


その上で、やはり私は一から書いた方がいいかな。


大変だったりはするけど、その大変さに創作の面白さが詰まっている様に思う。


という訳で次回作はまた一から書きたいと考えている。


ってか、まだ書きかけの物語も幾つかあるんだけどね。


それも書かないとならないかな。


とにもかくにも、此処まで読んで頂けた方、本当にどうもありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!