風花 ~舞い散るは きみへの想い~

汐凪 猗綺子 (シオナギ アキコ)

プロローグ 

 あれは、いつだっただろう。


 運命の日。


 たぶん、それは、ぼくの家が建ったとき。その家に引っ越した日だ。


     ◇ ◆ ◇


 ぼくの家の隣は、町内で一番の立派なお屋敷だ。高い鉄柵に囲まれ、大きな門柱が威容を放ち、中を覗こうとする者を圧する。


 茶色い屋根に飾り柱、白い壁の大きなお屋敷は、どこかの避暑地のお洒落なホテルのような外観をしている。


 庭は広々と、緑が多く、ぼくの家と同じくらいの規模の別棟も建っており、そこからは毎日のように美しい音楽が漏れ聴こえる。


 旧折橋邸。


 近所の家では、有名なお屋敷だ。


 大正時代、昔からの地主が建てたという。素封家で音楽好きだった当主が建てた、音楽堂つきのお屋敷。


 その家名は現在では跡絶えてしまったが、お屋敷には、いまでも音楽家の一家が住まっている。


     ◇ ◆ ◇


 ぼくの家が建ったのは、10年ほど前。

 ぼくが4歳になる少し前のことだ。


 引越しの挨拶にお屋敷を訪れたとき、ぼくは彼女に初めて出逢った。


 それが運命の出逢いだと思うようになって、もう、随分経つ。


 だけど、彼女にとっては運命ではなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます