3日目 本当に必要なものは、お金がないときだけ売っている

*  *  *  *  *  *  *  *  *

GM:

 では、次の日への「進行」前に「進行ルート表」だけ振りますので各々【ST】処理してください。


 1D6 ロリア  (コロコロ…) ダイス 1 = 1

 1:少し荒れた地形が続く。【日数】から【筋力】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)


 1D6 クスクル  (コロコロ…) ダイス 6 = 6

 6:広い川を船で渡る。【日数】に2を足して【魅力】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)「水泳」


 【日数】=2 です。なんかデジャブを感じる進行ルートが……。


クスクル:

 さっきと同じじゃないかー。


ロリア:

 凄く……同じです……。でも【日数】増えた影響で【ST】が減るように。


GM:

 本当だロリアさん【ST】ちょっと減ってる!! (ロリアの【筋力】1)


ロリア:

 【ST】が10→9になりました。体力自慢だけど力はないんですー!


クスクル:

 【魅力】2だからー、4-2で【ST】9→7に。船守さんを洗って疲れちゃった。ざばばばー。


GM:

 船守「ああ~!!」


 ではタクーシとの悲しい別れがありつつも、お二人とも3日目へ「進行」します! 現在地は2日目の「中央」なので、どこにでも行くことができますよ。


―――――――――――――――――――

【3日目】 地形:遺跡群

 北:???

 中央:道具屋

 南:???

―――――――――――――――――――


ロリア:

 とりあえず「進行」で道具屋に行きたいですね。


クスクル:

 ボク、お弁当も無くなっちゃって【ST】回復できないんだよねー。


ロリア:

 ええ、お金がないので道具屋でアンプルは買えないけど、【ST】回復用の草だけでも買ってもいいかなーって。


GM:

 では3日目の移動先を選択してください! 中央の「道具屋」でいいんです?


ロリア:

 3日目は魔王が来ないし、別行動でもいいのよ。


クスクル:

 じゃあロリアにお金を全部わたして、ボクは南に行く!


ロリア:

 ざわ……。


GM:

 お、面白いですね!


ロリア:

 では私の所持金を175→350シルバにして道具屋いきましょう。


GM:

 ロリアはお金を350シルバ持って中央の「道具屋」へ、クスクルは南の「???」へ!


クスクル:

 膝蹴ひざげりされて南へ飛んで行くのさー、あはははははっ。



*  *  *  *  *  *  *  *  *


◆ 3日目 遺跡群 ◆

 現在のマップ http://www.silversecond.net/sc/trpg_owh/01_map03.jpg


*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 3日目中央エリア 昼(ロリア)



GM:

 ではいよいよ3日目! 中央へ向かったロリアから処理していきます! 中央、「道具屋」のイベントは……。


―――――――――――――――――――

<道具屋>


 【道具屋】と遭遇した。すべてを悟ったような人物だ。

判定:【知力】 ジャッジ:旅の思い出を語る。

―――――――――――――――――――


GM:

 ロリアが荒れ地を歩いていると、ぽつんと立った柱の横に道具屋が立っています。


 道具屋「君も旅の人か……自分はもう歩けそうにない。最後に君の旅の思い出を教えてくれないか」


 ジャッジスタート! 旅の思い出を語ってください!


ロリア:

 「旅の思い出、旅の思い出ですか……」


 ~~

 クスクルからセクハラ

 クスクルからセクハラ

 タクーシからセクハラ

 クスクルからセクハラ

 シースを助ける

 クスクルからセクハラ

 タクーシからセクハラ

 クスクルからセクハラ

 クスクルからセクハラ

 ~~


 「フフフ……私ほんとうに勇者やっていけてるんですかね……」


 ロリアから殺気がモヤッと。


GM:

 「若い少女が旅をしているとそういうこともあるのだろう……大変なんだな……!」


クスクル:

 (まって、ああ、だれもつっこめない、若い少女じゃないんだ、道具屋さん!!)


GM:

 シース “ロリアさん、ご苦労されてるんですね……私もいろいろありましたから、わかります……”


クスクル:

 その頃のクスクルは……「あれー? なんか冷たい空気を感じるるー!?」


GM:

 ジャッジはOKです! 続きは判定後! 【知力】で目標値7+3-1で9を判定してください。あ、シースも協力しますので【知力】+1です。


ロリア:

 2D6+2+1>=9 【知力】判定! 

  (コロコロ…) ダイス (3+5) + 3 = 11  +2成功!


GM:

 成功!


 道具屋「そんな大変な話をしてくれるとは、君はいい人なのだろうな。私は死ぬ前にたった1人でよいから、ひとを信用して死にたいと思っている。君を信じよう。これをあげるよ」


ロリア:

 「店主さん……」


―――――――――――――――――――

成功:【経験値】1獲得。アイテムを贈られ、その他ドロップ表(160ページ)を使用する。「追加装備:装飾品」とすべての「消費アイテム」の購入とアイテムの売却ができる。

―――――――――――――――――――


GM:

 【経験値】を+1してください、アイテムドロップ振りますねー。


ロリア:

 【経験値】8→9に。


GM:

 2D6 その他ドロップD66  (コロコロ…) ダイス (1+1) → 11


 11 : 大きな石


ロリア:

 ( ゚д゚ )


GM:

 君を信じよう → 【 大 き な 石 】 バーン!


ロリア:

 「……」


クスクル:

 11だからね、ファンブルじゃないからね!


ロリア:

 「(こ、これは試されてる!?)」


 「あ、ありがとう、ご、ございます」 引きつりつつニッコリ。


GM:

 道具屋はその暖かい視線が痛くて目をそらします。


 「追加装備:装飾品」とすべての「消費アイテム」の購入とアイテムの売却ができる。ということなのでこの範囲でご検討くださーい。その間に次のクスクルさんの処理いきまーす。



*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 3日目南エリア 昼(クスクル)



クスクル:

 その頃、膝蹴ひざげりによって南マスに到達したクスクルは……。


GM:

 さーて、3日目の南には何があったのか?! ドゥルルルルル。


 じゃーん! 「ランダムイベント」です!


クスクル:

 タクーシ! タクーシじゃないか!


GM:

 ではランダムイベント振りまーす。ダンジョンが出たら【狩人の感覚】で2回振っていいですよ!


クスクル:

 サラッとスルーされた……。


GM:

 タクーシはもういないんだ!


 1D6 ランダムイベント表。  (コロコロ…) ダイス 4 = 4

 2D6 世界の旅D66  (コロコロ…) ダイス (1+3) → 13


 13! 「大荷物の商人」が出てきました!


―――――――――――――――――――

<大荷物の大商人>


 大荷物の商人と遭遇した。あなたを盗賊ではないかと疑っている。

判定:【魅力】 ジャッジ:盗賊ではないと説得する。

―――――――――――――――――――


クスクル:

 えーっと。


GM:

 大荷物の商人はクスクルがお金を持っていないのを感じ取って、いやみったらしくダッシュで近付いてきたよ!


ロリア:

 ちょっとー、商人!


クスクル:

 「盗賊デース」


ロリア:

 ぶー!


クスクル:

 「お前の荷物を置いていけー」


GM:

 ジャッジ:盗賊ではないと説得する ←


 商人「な、なんだきみは! 盗賊か! だが盗賊にしてはかわいいな!?」


クスクル:

 「カワイイ盗賊デス」


GM:

 商人「そうかそうか、で、何が欲しいんだ? おじさんに言ってごらんなさい」


クスクル:

 「オ金ヲクダサイ」


GM:

 ちなみにマジで強盗する場合に備えて、いま「大荷物の商人」の戦闘データを探してるんですけど、ないっぽいですね。


ロリア:

 能力値としては普通の店員さんと一緒かなぁ。


クスクル:

 ジャッジ失敗、買い物しません! うあああああああーーーーん。


GM:

 ジャッジは失敗でもいいですけど【魅力】判定だけは振ってええええ目標値10です! ファンブルしたら【経験値】増えるかもですよ!


クスクル:

 2D6+2>=10 【魅力】判定! 

  (コロコロ…) ダイス (3+6) + 2 = 11  +1成功!


 無駄に成功しているー、うあああああああああーーーーーーーーん。


GM:

 普通に成功してるし!


 商人「ほらほら、かわいい姿して盗賊なんていっちゃダメだぞ?」


―――――――――――――――――――

成功:【経験値】2獲得。あらゆる種類のアイテムの購入と、売却ができる。

―――――――――――――――――――


GM:

 ということなので【経験値】増やしておいてくださーい。


 しかも! なんとあらゆる種類のアイテムのお買い物ができます!(かがやく笑顔)


クスクル:

 売るモノすらないよーーーー、うああああああああああーーーーーーーん。


GM:

 ああ、切ない……。


 というかデータ見てて思ったんですが、ショップ系の人ってアイテム必ず落とすなら襲う選択肢のほうが有利じゃ? 襲えるならだけど!


ロリア:

 でも襲う選択肢がない! 「野営中の兵士」なら公式で襲えるのに!


GM:

 兵士さん……。


 では、クスクルは商人に別れを告げてとぼとぼと先へ進みました……。


ロリア:

 あ、こちらは買い物終わりました。


 ・【大きな石】売却(+1シルバ) ←※もらったそばから売ってる!

 ・【癒しのアンプル】1つ購入(-250シルバ)

 ・【スタミナ草】2つ購入(-100シルバ)


GM:

 OKです! アイテム振り分けは合流後にお願いしますね。



*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 3日目中央エリア 夜(ロリア)



GM:

 さて、3日目の夜、魔王に追われたりしない平和な夜です。


 PCがバラバラのエリアにいる場合は上から処理していくそうなので、まず中央にいるロリアさん、夜行動を選んでください! 夜行動は「偵察」「交流」「探索」「進行(パス)」の4つです!


ロリア:

 「探索」しようかな……じゃあ「探索」で。【経験値】が足りない。


GM:

 OK! えーと「探索」処理は……。


 まず【ST】2減らしてくださーい。


ロリア:

 【ST】9→7になりました。


GM:

 1D6 んでランダムイベント!  (コロコロ…) ダイス 2 = 2

 1D6 さらに1D6を振り3以下なら世界の旅、3超なら野外遭遇。

  (コロコロ…) ダイス 4 = 4  野外遭遇!

 1D6 野外遭遇! 

  (コロコロ…) ダイス 3 = 3  地形ごとの野外モンスター


ロリア:

 戦闘だぁぁぁ!


GM:

 1D6 遺跡群野外モンスター!  (コロコロ…) ダイス 3 = 3


 【鳥人】3体との戦闘が発生する! ダラリラリーン!


ロリア:

 ええっと、敵のステータスはどうかなー。


―――――――――――――――――――

モンスター【鳥人×3】

 【LIFE】15 【防御値】10 【反撃ダメージ】12 【経験値】9

 【ドロップ】(1D6×100シルバ(4/6)+ランダム宝石表(1/6))×3

―――――――――――――――――――


GM:

 イーリス「ロリアの能力値なら、逃げても倒そうとしても似た感じかなー!?」


 なおロリアさんの【筋力】1なので出目9以上が要求されます! が、逃げても【経験値】は半分もらえますよ! さあいかがなさいます?


ロリア:

 戦う!


GM:

 お、いいですね。今回初めてのまともな戦闘!


ロリア:

 「あれは……鳥人! シースさん、少し下がっててください!」


GM:

 シース “はい……!”


クスクル:

 『イーリス、向こうでは何が起こっているんだい? ああ、鳥人かー、焼くとおいしいってお婆ちゃんが言ってたなぁー』


GM:

 イーリス『マジで?!』


 ではロリアvs鳥人×3、バトルスタート! ロリアさんは【防御値】10を目標値として攻撃判定! 【筋力】で判定してください!


 温情ジャッジ:【鳥人】3体と戦うための作戦を提案する!


ロリア:

 「(あいつらは素早い行動を得意とするけど、その分混戦はあまり得意ではないはず、懐に潜り込んで、耐久を活かした防御でぶつかるのが得策かな)」


GM:

 おお、騎士っぽい発想! ジャッジOK!


ロリア:

 「はああああ!! 騎士ロリア、行きます!」


 2D6+1>=9 攻撃判定! 

  (コロコロ…) ダイス (6+4) + 1 = 11  +2成功!


GM:

 お、ジャッジいらなかった。すごい主人公力だ! 


クスクル:

 この主人公力、あざとい。


ロリア:

 槍を後ろに回すように構えてそのまま姿勢を低くしたままダッシュ!


クスクル:

 【火炎の】付きだし、焼き鳥人だねぇ~。


ロリア:

 そのまま一旦鳥人を通り過ぎるように駆け抜け、そのまま振り向きざまに――


 3D6+4+1 【火炎のシルバーランス】で攻撃! 

  (コロコロ…) ダイス (4+5+5) + 5 = 19 ダメージ!


GM:

 でかい! 19ダメージ! 【鳥人】3体の【LIFE】15を容易に粉砕ーッ!


クスクル:

 この主人公力! あざとい!!!


ロリア:

 「つら……ぬけぇぇぇぇ!!」


GM:

 【鳥人】はそのまま3体一気に貫かれます! 「ギエエーッ!」


 完全勝利したロリアは【経験値】9を入手です! 私がアイテムドロップ処理をしている間、自由にかっこいい描写しておいてください!


ロリア:

 描写しようとしたらソードマスターヤ○トが浮かんできたので中断されました。


 【経験値】9→18、【レベル】4→6!


―――――――――――――――――――

 【ドロップ】(1D6×100シルバ(4/6)+ランダム宝石表(1/6))×3


 ※ドロップアイテムは、たとえば(4/6)なら「1D6で4以下」なら入手できたことになる

―――――――――――――――――――


GM:

 1D6<=4 シルバドロップ判定  (コロコロ…) ダイス 5  失敗!

 1D6<=4 シルバドロップ判定  (コロコロ…) ダイス 4  成功!

 1D6<=4 シルバドロップ判定  (コロコロ…) ダイス 2  成功!

 1D6<=1 宝石ドロップ判定  (コロコロ…) ダイス 5  失敗!

 1D6<=1 宝石ドロップ判定  (コロコロ…) ダイス 2  失敗!

 1D6<=1 宝石ドロップ判定  (コロコロ…) ダイス 3  失敗!


 シルバドロップ成功、2つ! 宝石ドロップ、なし!

 1D6 ×100シルバ!  (コロコロ…) ダイス 6 = 6  600シルバ

 1D6 ×100シルバ!  (コロコロ…) ダイス 5 = 5  500シルバ


 600と500! ということでロリアは「1100シルバ」をゲットです!


ロリア:

 わーい。シルバ1→1101シルバに。端数はすうぅー!


クスクル:

 なんか、お金を手に入れるタイミングとお店に遭遇するタイミングが酷いねぇー。


ロリア:

 「ふぅ、シースさん、もう大丈夫ですよ。戦利品を回収したら行きましょう」


GM:

 シース “あ、はい……ロリアさん、お強いんですね……あなたに救われてよかった……”(ポッ)


ロリア:

 まさかの百合展開。



*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 3日目南エリア 夜(クスクル)



GM:

 次、南のクスクルさん! 夜行動はー?


クスクル:

 「探索」! カワイイから「探索」します! ボクもお宝ゲットだぜー。


GM:

 OK! 【ST】を-2しておいてください。ではランダムイベント!


 1D6 ランダムイベント  (コロコロ…) ダイス 1 = 1

 1D6 【日数】(今は3)以下なら施設、超えていればダンジョン

  (コロコロ…) ダイス 1 = 1  施設

 2D6 施設ランダム!  (コロコロ…) ダイス (6+4) = 10


 クスクルがやってきたのは「滅びた石の小屋」ですね!


ロリア:

 出てくるのはスケルトンかな?


―――――――――――――――――――

<滅びた石の小屋>


 小屋は魔物に襲われたようだ。物陰から【かつての住人】が姿を現す!

判定:【敏捷】 ジャッジ:警戒しながら廃墟に入る様子の描写。

―――――――――――――――――――


GM:

 クスクルは夜の小屋に入ります……そこは「滅びた石の小屋」でした! 警戒しながら入るジャッジがOKなら目標値が10→9です!


クスクル:

 ボクは通りすがりのアライグマですよー、と、四足歩行でこっそり接近します。


ロリア:

 動物擬態ぎたい


クスクル:

 靴も履いてないし、足音しないよね!?


GM:

 ガイコツ「服きとるがなー!」


クスクル:

 がーん!


ロリア:

 「(弓も背負ってるし……)」


GM:

 でもジャッジはOK! 【敏捷】で9で判定してください!


クスクル:

 2D6+6>=9 【敏捷】判定! 

  (コロコロ…) ダイス (2+4) + 6 = 12  +3成功!


GM:

 うーん余裕! ではそろりそろりと入り……。


―――――――――――――――――――

成功:【経験値】2獲得。【かつての住人】1体との戦闘が発生する。勝利すると【木の箱】1個が出現する。

―――――――――――――――――――


クスクル:

 【経験値】とりあえず2点貰ってとー。


―――――――――――――――――――

モンスター【かつての住人】 ※見た目はガイコツです

 【LIFE】物体10 【防御値】8 【反撃ダメージ】6  【経験値】4 

―――――――――――――――――――


GM:

 イーリス「【防御値】8! 戦う、よね!?」


クスクル:

 もちろん、粉砕しちゃうよー。


GM:

 では攻撃判定してください! クスクルは弓矢を装備中なので【敏捷】で判定可能です!


ロリア:

 ファンブル以外ほぼ大丈夫そうだなー。  ※クスクルの【敏捷】は6もある


クスクル:

 まず、攻撃判定ー。


 2D6+6>=8 攻撃判定(敏捷・弓)! 

  (コロコロ…) ダイス (3+1) + 6 = 10  +2成功!


 ほーら当たったー


GM:

 次、ダメージ算出! タクーシはもういませんので【好意】0です!


クスクル:

 1D6+5 【狩人の弓】で攻撃! 

  (コロコロ…) ダイス 5 + 5 = 10 ダメージ!


GM:

 あれ、ダメージ1D6? こんなもんでしたっけ。けっこう危うかった!


ロリア:

 むしろ【シルバーランス】が強すぎる!


GM:

 では10のダメージ! 【かつての住人】の【LIFE】10に達したので反撃受けず!


 クスクルの矢は、骨となっても動き続ける【かつての住人】をぎりぎり粉砕しました! これでこの住人も安らかに眠れることでしょう!


クスクル:

 「成仏せいよー」


GM:

 【経験値】4を獲得しておいてくださーい。住人ってけっこう強い方のモンスターですね、これ。


 そして勝利したので【木の箱】が出現します!


―――――――――――――――――――

クスクルは宝箱【木の箱】を攻撃で破壊し、【旅人の服】を入手しました。

―――――――――――――――――――


GM:

 イーリス「ヴァー」


クスクル:

 いらなーい、しくしくしく……とりあえず重くないから持っておくけどさぁー。


GM:

 イーリス「まあ冒険なんてこんなもんだよ……タクーシも死んじゃうし、悲しいことばっかりだよね……」


 ではこれで夜行動、終了!


ロリア:

 次は合流すべきだなー、クスクルさんに買った【スタミナ草】食べさせないと。


クスクル:

 そろそろ【ST】がやばいよ~。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます