2日目 女の敵は、魔王の敵

● 1日目南エリア 夜


GM:

 クスクルの「夜行動」はクエストで上書きされてなくなりましたので、次、ロリアさんの夜行動ターンです!


 夜行動は以下の4つから選択可能です!


―――――――――――――――――――

・偵察(【ST】-2・隣のエリアのイベントが判明する)

・交流(【ST】-2・同じエリアにいる仲間1人との【好意】を1アップさせる)

・探索(【ST】-2・ランダムイベントを発生させる、やると次は全員「進行」)

・進行(実質的にパスする選択肢、上の夜行動を行わずに次の日に行く)

―――――――――――――――――――


ロリア:

 長い旅だから温存しないとつらいかも。「進行」で!


GM:

 OK! では、これで夜が明けます!



*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 1日目南エリア 夜明けの進行



GM:

 お二人とも2日目へと「進行」します! 移動前に、「進行ルート表」だけ振りますので、これはどんな道を歩いて、どれだけ疲れたかを出す表ですね。

 ※厳密には「進行ルート表」は移動先を決めた後に振るのですが、行き先を宣言したログが流れてしまうのでこのセッションでは先に振ってます。


 1D6 ロリア  (コロコロ…) ダイス 1 = 1

 1:少し荒れた地形が続く。【日数】から【筋力】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)


 1D6 クスクル  (コロコロ…) ダイス 6 = 6

 6:広い川を船で渡る。【日数】に2を足して【魅力】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)「水泳」


 【日数】=1 です。


クスクル:

 これまた極端な目が……。


GM:

 クスクルさんは船で渡るということで、船守さんと出会いました。


 船守「ああーん? アライグマがなんでこんなところに!?」


クスクル:

 「お前を洗うためだよ、うはははは」(じゃばじゃばー)


GM:

 船守「アーッ!!」


ロリア:

 ホラーだ。こっちは【筋力】1あるので【ST】減らない!


クスクル:

 【魅力】が2だから、【ST】1減りましたー。


GM:

 クスクルは【魅力】があったので多少許された!


クスクル:

 カワイイからね、クスクルカワイイからね!


GM:

 では2日目のどこへ行きますか? お二人の現在地は「1日目」の「南」地点なので、北には行けません。


ロリア:

 次に選べる行き先の幅を考えると真ん中ですよねー。


GM:

 イーリス「上にも下にも行きやすいしね!」


クスクル:

 それで、次は魔王が出てくるから一緒の方が良い? それともあえて別れる?


 あ、でもタクーシがロリアと一緒にいたいと思うからロリアについていくのもありかなー。ねー、タクーシー。


GM:

 タクーシ「もちろんですぞ! それにクスクル殿どのの装備も守りますぞ!」


クスクル:

 「よし、ど真ん中に突撃だー、うぉー、みんなついてこーい」


*  *  *  *  *  *  *  *  *

◆ 2日目 草原 ◆

 現在のマップ http://www.silversecond.net/sc/trpg_owh/01_map02.jpg


*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 2日目中央エリア 昼


GM:

 では2日目です、お二人は中央地点にやってきました! ラッキーなことにここは……。


クスクル:

 黒タイツの泉? エッチな森? 


ロリア:

 HはHでもHELLの森。


GM:

 タクーシ「ロリア隊長の新しく生えた獣くさい耳のにおいをかぎほうだいのハウスですな!」


ロリア:

 タクーシにタイキック。


GM:

 タクーシ「ドゥフ! 最終的にはロリア隊長の尻尾しっぽの匂いをかぎたいですぞ!」


クスクル:

 タクーシ強いな、強い。


GM:

 さて、ロリアは荒れ地をこえ、クスクルが船に乗ったりして2日目の中央地点に2人がやってくると……そこにいたのは「料理屋」でした!


 なぜ2人が違う道をたどっているんだ!


ロリア:

 一緒に行動してるはずなのに……


GM:

 では、イベントを展開っ! バーン!


―――――――――――――――――――

<料理屋>


 【料理屋】と遭遇した。腹は減っている。

判定:【生命】 ジャッジ:空腹アピール。

―――――――――――――――――――


GM:

 料理屋「やあ、君も旅の人みたいだね……んっ、半獣? うーん、そういう人にはあんまり近寄ってほしくないんだが……」


クスクル:

 「おのれ、半獣で何がわるい、ボクなんか全獣だぞ!」カメラはなにも身に着けていない下半身にアップ。


ロリア:

 「そういえば昨日から何も食べてませんね――って、2人はともかくイーリスちゃんは何を食べるの?」


GM:

 イーリス「実は最初は3人いたイーリスがいつのまにか道中で2人になったんだよ」


ロリア:

 ざわ……。


GM:

 イーリス「おいしかった!」


ロリア:

 イーリスを捨てますか?

 => はい

  いいえ


GM:

 イーリス「ぎゃー冗談! 冗談!」 


 (GMが変な流れにしちゃったので)ジャッジはOKです!


ロリア:

 ところで、そのクスクルさんに寄生してる騎士のほうは「協力」してくれないんですよね。


GM:

 騎士タクーシはクスクルが判定する場合だけ「協力」してくれます。


ロリア:

 役に立たないな!


GM:

 タクーシ氏にとってロリアさんはいまのところただの愛でる対象です。


ロリア:

 あれか、失敗する姿も可愛いとか言い出すタイプか! 面倒くさい!


 2D6+3+1>=8 【生命】判定! 

  (コロコロ…) ダイス (3+3) + 4 = 10  +2成功!


GM:

 ヒュー! セーフ!


 料理屋「なんてね……たとえ姿が普通と違っても、腹をすかせているならみんなお客さんさ♪」(キラーン)


―――――――――――――――――――

成功:【経験値】2獲得。【おいしいお弁当】の購入とアイテムの売却ができる。

―――――――――――――――――――


ロリア:

 【経験値】1→3。【レベル】3になり【盾の訓練】覚えました。これで盾の「装甲」が1上がる!


GM:

 【おいしいお弁当】のスペックは以下の通りでーす。


―――――――――――――――――――

アイテム【おいしいお弁当】 重量0 700シルバ


 いつでも使用でき、使用すると消費される

 自分の【LIFE】4回復、【ST】10回復

―――――――――――――――――――


クスクル:

 お? 【おいしいお弁当】は重量0。なら5つほど戴こう、って700シルバ、高い!!


ロリア:

 弁当たかーい! クスクルさんと所持金を合わせれば1個は買えますね。


GM:

 イーリス「売れるもの売ればもう1個くらい買えない?」


ロリア:

 「食べ物がないとこの先は厳しいでしょうし、売りますか、杖」


クスクル:

 「売る、売るるー」


ロリア:

 これで【おいしいお弁当】を2つ買います。


GM:

 料理屋「いいとも! お腹が減っているならおいしくたべてくれるだろう!」


ロリア:

 残高350シルバは175シルバずつ分けよう。


クスクル:

 タクーシはご飯たべなくていいのかな。しかたない、ロリアの匂いで我慢して貰おう。


GM:

 タクーシ「畜生風情ちくしょうふぜいが気をつかってくれるですと!? ありがとうございます! ありがとうございます!」


 なんだこのキャラ。


クスクル:

 「バカだな、タクーシとボクはエロ仲間じゃないか……あ、畜生的な扱いの方が嬉しいのかな」


ロリア:

 「はいはい、食べる時になったらタクーシにも少し分けてあげますから」(緊急時を除く)



*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 2日目中央エリア 夕暮れ



GM:

 では2日目の昼行動が終わった頃……ここでロリアさんのクエスト公開です!


ロリア:

 ばばーん。


GM:

 ロリアさん、クエストの伏線ふくせんはっててもよかったんですよ!


ロリア:

 そういえば公開条件だけ気にしてて声について描写するのすっかり忘れてました。


GM:

 そう、実はロリアは城を出たときからずっと、“誰か……助けてください……!”という、助けを求める不思議な声を聞いていました。


 その声をたどってきた結果、ロリアは1つの枯れ井戸にたどり着きます。その中には……!?


―――――――――――――――――――

クエスト 『弱者を守る力』


・公開条件: 2日目の昼行動後に即座に公開(夜行動を上書き) 【経験値】5


・イベント

 “誰か……助けてください……!” 城を出たときから響いていた、ロリアの頭に届く声。2日目の夕暮れ、君が声をたどっていくと1つの枯れ井戸にたどりついた。覗いてみると、なんと井戸の底には縛られている半獣人の娘が! この者を守りながら魔王を倒せたなら、きっと強さの真の意味に気付けるはずだ。アイテム【半獣の理術士シース】を得る。彼女とは交流可能である。【筋力】で目標値7に成功すればシースは君の力強さに感激し、【好意】が1上がる。

 ジャッジ:シースを井戸から救い出す描写。


・クリア条件:【半獣の理術士シース】を所有したまま魔王を倒す

・報酬: 【伝説P】30 + 特徴【強そうな】をアンロック 

―――――――――――――――――――


クスクル:

 枯れた井戸だと洗えない、水を投入しろー、ざばー。


GM:

 ざばばー! 井戸の中の少女がびしょ濡れになります。


 ロリアは井戸の中に、縛られて転がされている灰色の髪の半獣人の娘がいることに気付きました! すでに疲れ果てているのかぐったりしていますが、彼女はロリアに気付きます。


 “お願いです、水責めはゆるしてください……助けてください……”


 彼女はロリアの頭の中に直接話しかけてきています。


クスクル:

 「そして、濡れ濡れ少女を洗うぞ。タクーシ手伝え!」


ロリア:

 「ちょっ、何をしているんですか!!」


GM:

 これむしろ判定目標値が上がりそうだな!


ロリア:

 「大丈夫ですか! 今引き上げますから! クスクルさんは正座!」


クスクル:

 「正座……」(ちょーん)


GM:

 さて、この少女を上手に助けられるかロリアは【筋力】で目標値7判定してください! ジャッジとして、彼女を井戸から救い出す描写をすれば目標値-1です。


 失敗しても助けられますが、途中で彼女の頭をゴツゴツぶつけたりします。まず井戸に降りていきますか? ロープなど小道具は用意されています!


クスクル:

 正座しているから「協力」できないにゃーん。


GM:

 あ、忘れないうちにロリアさんはクエスト公開による【経験値】5を足してください。これで能力アップする、かも!


ロリア:

 【経験値】3→8になりました。【レベル】3→4!


 「ここにロープがありますけど固定しただけで登ってこれますかー! 無理ならタクーシ……同僚の騎士に固定させて私が井戸の中へ行きます!」


GM:

 少女はしばられてるので、芋虫のようにってロープのところまで来るものの、ダメですーという風に首を振ります。


 ついでにロリアは気付きました。この少女、なんとなく声を出せないような気がします。


クスクル:

 (そんな!? 聞こえてないのに超反応してしまったボク……)


ロリア:

 「怯えてるのか、声が出せないのか……」


GM:

 タクーシ「ならばわたくしめがロープを持っておきますぞ! ロリア隊長は下へ!」


ロリア:

 「ええ、行ってきます。ここは頼みました」


GM:

 ではジャッジOK! 続きは成功後! 【筋力】で目標値6を判定して下さい! クスクルとの協力で【筋力】に+1されます。


ロリア:

 2D6+1+1>=6 【筋力】判定! 

  (コロコロ…) ダイス (5+2) + 2 = 9  +3成功!


 正座しながらクスクルもロープ固定に手伝ってくれました。


クスクル:

 「器用だなー、ボクって」(正座でロープ固定しつつ)


GM:

 ではロリアは半獣の少女をかかえ、井戸から無事、救出することに成功しました! ずぶ濡れです!

 少女はロリアの頭に直接話しかけてきます。


 シース “ああ、ありがとうございます。私はシースといいます……私が半獣になったせいで、村の人達にこんなことを……”


ロリア:

 「あなた……もしかして喋れない?」


クスクル:

 「???」


GM:

 実は彼女、近くの村で理力を研究してましたが、半獣化したせいで村人にこんな仕打ちを受けてしまったというのです。


 「闇に侵されて人を襲う獣になってしまった半獣人」の話はこの辺りの村にまで届いており、半獣人となった彼女がいずれ獣化することを恐れた村人たちは、彼女ののどを焼き、縛り、助けさえ呼べない状態にして枯れ井戸の底に放置した……という顛末てんまつをシースが教えてくれます。


ロリア:

 「そう……私はロリア。一応騎士だけど、この通り半獣化しちゃってるの」


GM:

 シース “はい、あなたもなんですね……私、こんな耳や尻尾しっぽになってしまった人って身近にいなくて……その……”


クスクル:

 「??? 説明して、通訳して、ねぇねぇ、ロリアー」


ロリア:

 「えっと、この子はシースと言って――」


 理力を研究していたこと、半獣化したこと、喉を焼かれ井戸の底に縛られた状態で放置されたことを話した。


クスクル:

 「村の連中も酷い事しやがるぜー」


GM:

 彼女は言うのを一瞬ためらいましたが、決意したのか、申し訳なさげに言ってきます。


 シース “ロリアさん、い、一緒に行ってもいいでしょうか……? やっぱり、旅のお邪魔、でしょうか……”


ロリア:

 「騎士は戦えない者達の味方です、一緒に行きましょう、シースさん」


GM:

 シース “ロリアさん……ありがとうございます……!”


 シースは笑顔を浮かべてついつい尻尾しっぽを振りながらついてきます!


 シース “私は時空の理力の研究をしていまして、念話や収納のフォースを使うことができます……ロリアさんのお荷物を守ることができる……と思います”


クスクル:

 おお? これは次元倉庫とは違うんですね。タクーシを収納します。


GM:

 シース “すみません、亜空間に人間は入れられないんです……”


クスクル:

 ちっ。


 おっと、ボクはカワイイ、カワイイんだった。


GM:

 タクーシ「怒るクスクル殿どのもかわいいですな! わたくしめには及びませぬが!」


クスクル:

 「タクーシはカワイイキャラじゃないでしょ!!」


GM:

 ということで、判定に成功したのでロリアさんはシースの【好意】を1にしておいてくださーい! 


 アイテムとしての【半獣の理術士シース】の性能は以下の通りです。


―――――――――――――――――――

アイテム【半獣の理術士シース】 重さ0 売却不能


 時空の理力使い。装備中のもの以外のアイテム破壊を無効化できる。魔王戦が始まったとき、別PCを同じエリアに呼ぶことができる。「交流」可能、能力値は全て1。受け渡しはできない。次元倉庫には入れられない。

―――――――――――――――――――


GM:

 シース “それでは、ロリアさんのお荷物、私が守りますね……使うときは言ってください”


 そう言ってシースはロリアの荷物を不思議空間に収納してくれました。ゲーム的にはアイテム破壊されなくなるだけで、何の制限もなくアイテムを使用可能です。


ロリア:

 「ところでこの声はなぜ私だけに?」


GM:

 シース “その……私の力で見えた人の中で助けてくれそうな人が、あなたしかいなくて……”


ロリア:

 「そう……」


クスクル:

 はーい、助けてくれなさそうな人でーす!


GM:

 まあ「戦闘能力のある半獣人」で検索するとロリアしかヒットしなかった的な表現です。伝えようと思えば普通に他の人にも念話を届けられるっぽいですね。


 あ、そういえばシースのイラストはこれでーす!

 イラスト http://www.silversecond.net/sc/trpg_owh/NPC_main_Sheath.jpg


ロリア:

 なんか神秘的だ。


GM:

 シースは灰色の髪の半ケモ理術士です!


ロリア:

 横獣耳! 横獣耳!


クスクル:

 ロリア、ごめん、シースさんの尻尾しっぽの匂い嗅ぐわーーー。


ロリア:

 膝蹴ひざげり。


クスクル:

 おうっ! ボク、魔王より味方に殺されそう……。


*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 2日目中央エリア 魔王遭遇


GM:

 2日目の日が暮れようとしているこのタイミングで、強烈な威圧感が辺りを支配します!


ロリア:

 ああ、やっぱり魔王来るのね!


GM:

 皆さんの目の前で、空中に理力が渦巻き、長い金髪の若い女性が突然現れます! 黒い衣装をまとい、圧倒的な力のオーラを放つ彼女こそ、ヴィクターの言っていた「魔王」に違いありません!


 魔王「貴様らが『勇者』か……ずいぶん多いな」


 魔王は空中から君たちを見下ろしています。


 魔王「だが何人で来ようと同じこと。力をつける前に、ここで倒しておくとしよう!」


 シースの顔がみるみるまに青ざめます。(すごく危ない人に助けてもらっちゃったー!?)と思ってます。


クスクル:

 「ボクは通りすがりのアライグマだよ、勇者じゃないよ」(うきゅぅ?)


GM:

 魔王「そんなデカいアライグマがいるかっ!?」


ロリア:

 「タヌキですよね」


クスクル:

 「おい、タヌキ、頑張れ!」


GM:

 魔王「ええい、誰であろうが勇者っぽいものは全て倒す!」


 ということで、魔王との戦闘開始です! 全員で「戦闘」するか「逃走」するか選んでください!


ロリア:

 魔王の【LIFE】いくつでしたっけ。


GM:

 えーと現時点の魔王の性能は……2日目なので【LIFE】120です!


―――――――――――――――――――

モンスター【魔王】

 【LIFE】120 【防御値】8 【反撃ダメージ】6+火炎3

 【経験値】0

―――――――――――――――――――


クスクル:

 まだ早いかな、行けるかな。


GM:

 イーリス「いまおおざっぱに計算してみたけど微妙にダメージレースで勝てない気がする!」


クスクル:

 うーん、そうだよねー。


ロリア:

 いけそうでぎりぎり負けそう。絶対に勝てないってわけじゃなさそうなのがもどかしい。


GM:

 イーリス「まだ今日のリアルプレイ時間は90分あるよ! 4日目まで行けるかも!」


ロリア:

 メメタァ。


クスクル:

 逃げるかー、いや逃げるんじゃない、戦術的撤退ー。


ロリア:

 「まだこちらは満足に戦える状態じゃありません。皆さん、ここは引きましょう!」


GM:

 タクーシ「隊長の命令は絶対であります! うおおー!!(逃げ)」


クスクル:

 「そうと決まれば、」シースとロリアの尻尾しっぽをひっぱって逃げよう、あはははっ。


ロリア:

 「ひうっ!」 “ひゃあっ!”


GM:

 では逃走判定に移ります! 能力値決めますねー。


 1D6 逃走表  (コロコロ…) ダイス 5 = 5

 5:背中を向ける勇気が出るか? 【意志】を使用する。


クスクル:

 ボクだなぁー。


ロリア:

 「遊んでないで逃げますよ! クスクルさん先行をお願いします!」


GM:

 ロリアは【意志】0なので「協力」できませんが、タクーシは【意志】1あるので「協力」できます!


クスクル:

 おお、タクーシ優秀!


GM:

 タクーシ「魔王よ、こちらですぞワッホー! クスクル殿どのはやく退路を!」


クスクル:

 2D6+2+1>=8 【意志】判定! 逃げちゃうよー

  (コロコロ…) ダイス (3+2) + 3 = 8  +0成功!


ロリア:

 ひー。


クスクル:

 あぶない、あぶない、でも逃げちゃうもんねー、あっはっはっは。


GM:

 魔王の火弾かだんがあやうくクスクルのマントを焦がしそうになったりしましたが、全員逃走に成功しました!


 が、逃げても魔王は攻撃してきます! 夜行動の前に「魔王追撃表」が発生するのでご注意くださーい。


―――――――――――――――――――

◆「魔王追撃表」って?


 無事に戦闘から逃走できても、魔王はしつこく追いかけて攻撃してきます。その被害の結果を出すのが「魔王追撃表」で、アイテムが破壊されたり、装備を失ったり、【LIFE】が減ったりしてしまいます。

 この表は、なんらかの「夜行動」をする前に1回振ります(次の日への「進行」前も含む)。

―――――――――――――――――――


*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 2日目中央エリア 夜



GM:

 さて、2日目の夜になりました! まだ魔王に追われている最中です! 【ST】を消費する夜行動をするとさらに魔王に「追撃」されてしまいます!


ロリア:

 「進行」!


GM:

 ロリアさん、「進行」了解! 「進行」は全員の処理が終わった段階でまとめて実行しまーす。


クスクル:

 て、「偵察」……は無理だよね。


GM:

 イーリス「タクーシの装備破壊無効化を活かせるチャンスってあとここくらいだけだから、リスク覚悟で夜行動やってもいいと思うよ?」 ※意訳:もうちょっとピンチになってほしいなー


クスクル:

 そう? じゃぁ、「偵察」するるるー。


GM:

 するか! 立派だ! では「偵察」の前に「魔王追撃表」が発生します! さあ、恐怖の「魔王追撃表」の結果は……!?


 恨まれるのはイヤなので自分で1D6振ってくださーい。


クスクル:

 1D6 魔王追撃ー  (コロコロ…) ダイス 1 = 1

 1:装備以外のアイテムのうちGM指定の1つを失う


 「タクーシ、アイテムを守ってー!」


GM:

 タクーシ「わたくしは装備しか守れませぬうううグオオ!」


 クスクル、装備以外のアイテム破壊! 【覚醒】で振り直しも可能ですがいかがいたしますか?(※)


―――――――――――――――――――

※実はここの【覚醒】処理でルールミスしてました!


 【覚醒】は「“判定”のサイコロを1つ振り直す」スキルですが、実はここで言ってるような「ランダム表の振り直し」には使えなかったのです!(ランダム表を振るのは“判定”ではないため) プレイ後に編集部の人にツッコまれてしまったので、みんなも気をつけよう!

 次回からは正しいルールで運用していますが、うっかり今回だけ【覚醒】で表の振り直しを許可してしまっています。

―――――――――――――――――――


クスクル:

 じゃぁ、【覚醒】するかなー。


 1D6 もう一度、追撃表  (コロコロ…) ダイス 1 = 1

 1:装備以外のアイテムのうちGM指定の1つを失う


 同じだったーー!!!


GM:

 残念、クスクルの運命は変わらなかった!


クスクル:

 タクーシ、お前が壊れろ!!(怒)


 おっと、ボクはカワイイんだった、カワイイ、カワイ……タクーシお前が壊れろー!!(激怒)


GM:

 タクーシ「わたしめは壊れませんぞー!」


 ん? 待って、タクーシってアイテム的に壊れる?


ロリア:

 ざわ……。


GM:

 あっ! 【エッチな騎士タクーシ】のアイテム説明には「破壊されない」とは書いてない!


クスクル:

 「もう壊れてるよーーーーー」(激怒)


GM:

 わあい! じゃあ失うアイテムどちらにしようかなー、ダイスで決めましょう。1ならタクーシ、2ならお弁当。


クスクル:

 いや、まって、ここで魔王の追撃をタクーシが身を挺して守ったらカッコよすぎ……。


GM:

 1D2 1タクーシ・2お弁当 破壊

  (コロコロ…) ダイス 2 = 2   【おいしいお弁当】!


クスクル:

 ってやっぱタクーシおまえが壊れろー!!(激怒)


GM:

 残念! クスクルの【おいしいお弁当】 が魔王の火弾かだんで燃やし尽くされました!


 魔王「どうだ、おまえたちの生きる糧を奪ってやったぞ!」


ロリア:

 「私とタクーシは三日三晩飲まず食わずでも走れますので!! 伊達だてに遠征部隊やってませんよ!」


GM:

 魔王「なら4日ならどうかな? フフ……」


 クスクルさんは【おいしいお弁当】を消滅させておいてくださーい。


クスクル:

 【おいしいお弁当】は【あたたかいお弁当】になりませんか?


GM:

 コンビニじゃないのでそういうサービスはありません。


クスクル:

 うみゅぅ、700シルバがぁぁぁぁぁー!


GM:

 タクーシ「ふぅぅぅー生き延びましたぞぉぉー!!」


*  *  *  *  *  *  *  *  *


GM:

 ということで夜行動の前に大変なことがありましたが、ひとまず「偵察」ということで【ST】を-2しておいてくださーい。


 なお「偵察」は【ST】-2して判定に成功すると右隣のエリアのイベントが判明する夜行動です、重要!


 1D6 偵察表振りまーす  (コロコロ…) ダイス 3 = 3

 3:広い湖だ…… 【水泳】  判定:【生命】 ジャッジ:湖面を泳ぐ描写


クスクル:

 湖面、ふむ、タクーシに乗っていきます。


GM:

 タクーシ「うおおおお(ざばざば!)」


クスクル:

 ノリが軽いからきっと水に浮くハズだよねー。


ロリア:

 水に浮くフルプレートとは一体。


GM:

 タクーシはだんだん沈んでいきます……さあこのピンチを乗り越えられるのか! 


ロリア:

 「協力」使えない上に【生命】とか……。 ※【狩人】は【生命】が弱い


クスクル:

 ん、タクーシの協力は得られないのか!? 一緒にいるのに!! ……あ、「偵察」は「協力」が発生しないって書いてある。


GM:

 タクーシは沈んでいきました。シースはおろおろしながら見守っています。目標値は8です!


クスクル:

 2D6+1>=8 【生命】判定! 

  (コロコロ…) ダイス (5+4) + 1 = 10  +2成功!


GM:

 ウヒョー出目9! つええー!


ロリア:

 今日のクスクルさん全体的にダイス目良いような……。


クスクル:

 どりゃー、浮け、浮くんだタクーシ!


GM:

 タクーシ「ぶはあっ! クスクル殿どのはなかなかハードコアでありますな!」


クスクル:

 ダイス目がいいので、やっぱりさっきのは【あたたかいお弁当】にしましょう、それがいい、それが――。


 焼け焦げた弁当を見つめるアライグマ……。


GM:

 残念だけどお弁当は戻ってこないんだ……。


 では「偵察」の結果、3日目の中央は「道具屋」だと判明しました! おめでとう!


クスクル:

 道具屋……どうしよう、お金が無いよ……。


 ロリアの下着を売る?


ロリア:

 めり込むような顔面パンチ。


クスクル:

 (ひらり)「タクーシの鎧を売ろう」


GM:

 ひとまずご相談は次の「進行」フェイズでお願いします! 次行きますよー。



*  *  *  *  *  *  *  *  *


● 2日目中央エリア 夜明けの進行



GM:

 さて、夜行動を終え、お二人は「進行」します! が、「進行」の前に「魔王追撃表」が発生します!


ロリア:

 1D6 魔王追撃  (コロコロ…) ダイス 2 = 2

 2:装備のうちGM指定の1つが壊れる。


GM:

 装備破壊! さっきからあげたNPCとの防御機能が絶妙にかみ合わないいいぃぃ!


ロリア:

 装備ぃー!!


GM:

 シース “すみません……私は所持アイテムしか守れなくて……!”


ロリア:

 装備も突き詰めればアイテムではー!!(ゴネる)


GM:

 もっと正確には、シースが守れるのは「装備中以外のアイテム」だけですね。切ない!


 【覚醒】もできますが使いますか? ※さっきも言いましたが判定ではないので本当は使えません!


ロリア:

 なら【覚醒】使いましょう。


 1D6 追撃表2回目  (コロコロ…) ダイス 1 = 1

 1:装備以外のアイテムのうちGM指定の1つを失う


 よしよしよしよし!


GM:

 これなら守れる! ではロリアは気合で装備破壊を逃れた代わりに、魔王から所持アイテムを破壊されそうになります! が、シースがうまいことアイテムを次元なにかに収納していたので破壊はありません!


 シース “ロリアさんのためなら!”


クスクル:

 1D6 追撃表  (コロコロ…) ダイス 1 = 1


GM:

 あれ、1って……。  → 1:装備以外のアイテムのうちGM指定の1つを失う。


クスクル:

 タクーシーーーーーーー!!!!


GM:

 クスクルさん合計3回も出目1振るって!! そんなにタクーシさん燃やしたいのか! ああ分かったよ!


 魔王の執拗しつよう火弾かだん攻撃は、ついにタクーシに直撃してしまいます! 激しく燃え上がるタクーシ!


 タクーシ「ぐあああああクスクル殿どのぉぉぉーーロリア隊長を頼みますぞーーーーッ!!」


ロリア:

 「タクーシ!!」


クスクル:

 【あたたかいタクーシ】を手に入れました。


GM:

 そんな生ぬるい結果ではありません! 【ただ焼いたタクーシ】です! ってそう言うとなんかまだ生きてそうだぞ!


 タクーシは魔王に焼かれて倒れ、そのままぶすぶす燃えています。あの炎の直撃では、タクーシはもう助からないでしょう……。


 魔王「フフフどうだ、勇者が1人減ったぞ? まだあらがうか!?」


ロリア:

 「くっ! 彼は……彼は勇者じゃないのに!」


クスクル:

 「おのれ、まおう、面白いことしやがって、おいしいじゃないか、おいしすぎるよ!」


 「だが、4日目に倒してやるから、まってろよー、まってろよー、てろよー、ろよー、よー」(スタタタタタタ)


GM:

 シースも涙をのんで皆さんと共に逃走します。


ロリア:

 振り返ることも許されずにみんなで逃走しました。


クスクル:

 「惜しい変態を亡くしてしまった……」


GM:

 タクーシの爽やかな顔が夜空に浮かんでいます。


 タクーシ「代わりにロリア隊長の尻尾しっぽの臭い、かいでおいてくださいであります……!」


ロリア:

 しまらねぇぇぇ!!!


クスクル:

 クンカクンカ。


ロリア:

 回し蹴り。


クスクル:

 おおうせっかく逃げたのに魔王の前に戻っちゃうぅぅぅー。


GM:

 そろそろクスクルがへこんできちゃう!


 さて、夜明けと共に、魔王の顔に疲れが出てきました。


 魔王「くっ、この勝負、あずけておくぞ……!」


 そう言って魔王は去っていきました! おめでとう、皆さんは生き残りました! 残念なことに、1人の犠牲が出てしまいましたが……。


クスクル:

 あ、もし【覚醒】使ってたらどうなるか、試してみてもいいですか? いいですよね?


GM:

 いいですよ。要するに結果反映なしにただ1D6振るだけってことですね。

 ※注:さっきも注釈で述べましたが魔王追撃表などでは【覚醒】は使えません。


クスクル:

 ほら、なんか1が出そうじゃないですか? 1D6 もし覚醒したら


  (コロコロ…) ダイス 1 = 1

  → 1:装備以外のアイテムのうちGM指定の1つを失う。


 ほらね!!!


GM:

 ブッ、コーヒーこぼれたじゃないですか!! どれだけタクーシ殺したいんだ魔王!


ロリア:

 魔王は変態に容赦ようしゃがない……もしかして魔王はいい人なのでは。


クスクル:

 魔王「女の敵、許さない!」


GM:

 ブワッ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます