勇者な彼女がトイレから出てきません。

木本雅彦

ほんのちょっぴりの「序」

ここからはじまる日常のささいな出来事


 これから何回も同じことを言います。


 彼女がトイレから出てきません。


 本当に何回も同じことを言うと思いますが、もはや僕には彼女がトイレから出てこないことが日常の一部になっており、それならそれでいいんじゃないかとすら思っています。


 トイレから出てこないのは、彼女なりの理由があるのでしょう。


 そこを詮索するのは野暮というものですし、非難するのも的外れです。


 今日も彼女がトイレから出てきません。


 でもそれは、僕らの日常なのです。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます