[2] 命運

 10月17日、チュイコフはまたしても司令部を移動させた。ドイツ軍がトラクター工場から南へと「赤いバリケード」工場の防衛線に向かって進撃してきたからである。結局、司令部を「ママイの丘」と同じ高さの北渡船場に近い河の土堤の陰に移動させた。

 10月18日、「ママイの丘」から第100猟兵師団は「赤い十月」金属加工工場への進撃を続けていた。昼前までには第193狙撃師団の北翼を突破し、隣接する第308狙撃師団を包囲しようとしていた。チュイコフはグルチエフに対し、後退するよう命じた。

 10月19日、ドン正面軍と第64軍によって牽制攻撃が開始された。第62軍は牽制によって出来たわずかな休息を用いて、崩壊寸前の部隊を東岸に移送させ、増援を加えて再び戦闘態勢を整えた。

 10月22日、パウルスは工場攻撃の支援に第79歩兵師団(シュヴェーリン中将)を送り、この師団は夕方には「赤いバリケード」工場のソ連軍陣地を突破した。第6軍は「赤い十月」工場の北西の一角に到達し、翌23日の夕方までに「赤いバリケード」工場の3分の2を占領した。

 10月25日、第94歩兵師団はスパルタノフカにいるソ連軍の守備隊に対する攻撃を再開した。住宅地区はドイツ軍に占領され、守備隊は河岸まで後退した。この後、ソ連海軍のヴォルガ艦隊が応援に到着し、強力な艦隊砲撃によってドイツ軍は押し返された。

 10月27日、「赤い十月」工場に突入していた第79歩兵師団が、第39親衛狙撃師団の司令部に迫ろうとしていた。チュイコフは急いで軍司令部衛兵隊の1個中隊を派遣して、この急場を救った。しかし、応援部隊はチュイコフの司令部に戻れなくなり、そのままジョルデフの指揮下に入った。

「赤いバリケード」工場と「赤い十月」工場の周辺では、壮絶な消耗戦が続いた。ドイツ軍のある将校によると、第305歩兵師団の大隊司令部では「敵がすぐ迫っていたので、電話の向こうで『ウラー!』と叫ぶロシア兵の声が連隊長に聞こえた」という。

 最も多く死傷者を出したのは、経験豊かな将校と下士官だった。独ソ両軍どちらを見ても、市街戦の緒戦から残っている兵士はほんの少数だった。「あれは、我々が8月に戦った連中とは違うドイツ兵だ。我々の方も違っていた」と、ソ連軍の古参兵は書いた。

 この間に、ドイツ軍の機関銃部隊が「赤いバリケード」工場と「赤い十月」工場の間を通り抜けて、ヴォルガ河から400メートルもない地点に進出していた。

 チュイコフは第62軍に残された最後の渡船場を確保するため、第45狙撃師団(ソコロフ大佐)を増援に呼び寄せた。ソ連軍の先鋒は西岸に到着した途端、機関銃の容赦ない銃撃にあって攻撃を阻まれたが、30日まで戦闘を続けた。最後には、ドイツ軍も大きな損害を被って撤退した。

 この時点で、第62軍の各部隊はもはや中隊、小隊規模でしか存在していなかった。これらの部隊は「ママイの丘」、工場の建物のいくつかに立てこもり、ヴォルガ河の河岸にしがみ付いていた。その長さは数キロに及ぶが、幅は数百メートルしかなかった。

 ドイツ軍の攻勢は11月初旬には、部隊の疲労と弾薬不足のために先細りになっていた。11月7日の「十月革命記念日」はソ連軍の総攻撃があるのではないかという憶測が飛び交ったが、大した戦闘は起きなかった。

 11月8日、ヒトラーはミュンヘンの地下ビアホールで、自身の傲慢さを露骨に示す長広舌をふるった。

「私はヴォルガ河に達したかった。正確に言えば、特定の都市の特定の場所に達したいと望んだ。たまたまその都市はスターリンの名を冠している。しかし、それだけの理由でかの地に進軍したのではない。それが非常に重要な位置にあるから進撃した・・・これを攻略したかった。諸君に分かるように、我々は満足している。我々はそれを手に入れたも同然である。残っているのは、ほんのわずかに過ぎない。『なぜもっと迅速に戦いの歩を進めないのか?』と言う者がいる。そのために第二のウェルダンとなっては困る。むしろ小規模な襲撃隊でこの仕事をするのが好ましい。時は今や重要ではない。これ以上、1隻の船もうヴォルガ河をのぼらないだろう。それが決定的な問題である!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます