[3] 高山を巡る戦い

 7月20日、ロストフの占領を完了させたA軍集団の第1装甲軍と第17軍は、ドン河南岸の橋頭保を出撃してカフカス地方への進撃作戦「エーデルヴァイス」を開始した。

 高山植物にちなんだ作戦名が物語るように、A軍集団の目指す先はヨーロッパとアジアの境界に位置する標高4000メートル級の高山地帯、カフカス山脈が立ちはだかっていた。山脈の麓まではロストフから直線距離で一番近いクラスノダール付近でも200キロ以上、重要な作戦目標であるグロズヌイまでは600キロも離れており、そこに至るまでの乾燥した平原地帯は装甲部隊による機動戦に適した土地だった。

 第1装甲軍(クライスト上級大将)の2個装甲軍団(第3・第57)が最初の難関であるマヌィチ河に到達すると、ソ連軍はマヌィチ河上流のダムを破壊して、ドイツ軍のドン河渡河点を水浸しにした。だが、その結果はカフカスに向かうドイツ軍を一時的に孤立させただけで、7月30日にはスターリングラードから黒海沿岸のノヴォロシースクに通じる重要な鉄道を遮断されてしまう。

 敵の突破を許した南部正面軍は7月28日に廃止され、その所属部隊は北カフカス正面軍(ブジョンヌイ元帥)へと編入された。

 この時点で、北カフカス正面軍には計7個軍(第9軍・第12軍・第18軍・第24軍・第37軍・第47軍・第56軍)が所属していたが、戦車兵力は正面軍全体でわずか3個旅団しかなく、敵の装甲部隊に対して反撃できる能力を有してはいなかった。

 北カフカス正面軍は戦車の劣勢を補うため、この戦域に計7本の装甲列車(装甲板で周囲を覆われ、鉄道上でのみ移動できる砲台)を投入し、敵の進撃を食い止めようと試みた。長距離砲撃を主眼とするドイツ軍の列車砲と異なり、ソ連軍の装甲列車は敵との近接戦闘を想定して設計されていた。

 だが、25年前のロシア内戦では大きな威力を発揮した装甲列車も、ドイツ空軍の爆撃などで線路を破壊されれば、後方へと離脱することすら出来なかった。結局、前線に投入された装甲列車のうちの5本は退却するソ連軍自身の手で爆破され、1本はドイツ軍の攻撃で破壊、残る1本のみが味方とともに南東へ退却した。

 8月10日、第57装甲軍団の第13装甲師団(ヘア少将)は石油採掘地のあるマイコプを占領し、A軍集団は黒海とカスピ海に挟まれた大きな地峡部を内側からくり抜くようにして、占領地を日毎に拡大させていった。

 前線のドイツ軍にとって、それは栄光の日々であるかに思われた。「戦車とハーフトラックは見渡すかぎりの大草原を前進していく。きらめく午後の空に、三角旗が翻る」指揮官たちは臆面もなく戦車の砲塔に立ち、腕を高く挙げて部隊に合図を送る。道筋から舞いあがる土埃が煙霧のようにあたりに広がった。

 スターリンにとってカフカス地方を敵に奪われることは、重要な石油産出地を失うという経済的打撃だけでなく、連合国からのイラン経由での貸与物資輸送やトルコ参戦の可能性など、計り知れないほどの政治的打撃をソ連邦に与えることを意味していた。

 国防人民委員部は7月28日、「指令第227号」を発令して徹底した軍紀の粛正と退却の厳禁を命じてはいたものの、独ソ両軍の兵力差と戦闘能力の差は歴然としており、この命令が前線で厳守されることは極めて少なかった。

 8月12日、カフカスの要衝クラスノダールを陥落させた第17軍は黒海の制海権を奪取すべく、第5軍団をノヴォロシースクに、第44軍団をツァプセに向けて進撃させた。

 また、その東翼では、第49山岳軍団(コンラート大将)に所属する2個山岳師団(第1・第4)の選抜隊が8月21日、カフカス山脈の最高峰であるエリブルス山(標高5624メートル)の登頂に成功していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます