[2] ロストフの陥落

 南方における戦況を重くみたスターリンはそれまで固辞し続けていた「ソ連軍部隊は撤退してはならない」という方針をいったん棚上げにする決断を下した。

 7月6日、スターリンは南西部正面軍に対して「全面後退」を命じた。南東へ戦線を後退させることによって、敵の攻撃軸をモスクワから誘導させることが目的だった。

 7月7日、ヒトラーはドン河上流域とカフカスへの二方向攻勢を効果的に進めるため、南方軍集団をA軍集団とB軍集団に再編した。A軍集団司令官にはリスト元帥、B軍集団司令官にはボック元帥をそれぞれ任命した。

 7月9日、「青」作戦の第2段階が開始された。第1装甲軍と第17軍がスラヴィヤンスクからドン河を渡って、ドンバス地方の工業都市ヴォロシロフグラードに向けて攻勢を開始した。この段階の最初の目標はミレロヴォで包囲網を形成し、多数のソ連軍部隊を崩壊させることだった。

 7月12日、「最高司令部」は南西部正面軍をスターリングラード正面軍に改称し、その残存部隊に戦略予備から3個軍(第62軍・第63軍・第64軍)を編入させた。各部隊は大きな不安を抱えながら、スターリンの退却命令に従って東方への撤退を続けた。

 7月13日、ヒトラーはスターリングラードへ東進させるはずの第4装甲軍を南へ差し向け、第1装甲軍とともにロストフ周辺の敵を包囲するよう命じた。

 7月14日、ヴォロネジから南進してきた第4装甲軍が第1装甲軍とミレロヴォで合流した。しかし、このとき包囲できたのは第9軍と第38軍の一部だけだった。南方軍集団が得られた捕虜はこの3週間余りで、わずか5万4000人に留まった。ヒトラーは「第4装甲軍の遅延は最も不快な現象である」と激怒して、ボックをB軍集団司令官から解任した。

 7月16日、ヒトラーは自らA軍集団・B軍集団を監督するため、陸軍総司令部と国防軍総司令部の作戦課を東プロイセンのラステンブルグからウクライナのヴィニッツァ付近に設置された総統大本営「人狼ヴェアヴォルフ」に配置させた。

 7月23日、A軍集団の先鋒をゆく第1装甲軍が劇烈な市街戦の末、ドン河下流の要衝ロストフを占領した。しかし、この地で得られた捕虜は第12軍と第18軍の一部でしかなかった。

 前年のキエフに匹敵する包囲殲滅戦を目論んでいたヒトラーは苛立ちを募らせたが、参謀総長のハルダーが「敵の後退によるものでは」と推論を述べると、ヒトラーは「ばかばかしい」と一蹴した。

「敵は逃げている。ここ数か月で我が軍から受けた打撃のため、崩壊中なのだ」

 ヒトラーはハルダーの反対を押し切って、第4装甲軍を分割してB軍集団に第24装甲軍団、A軍集団に第48装甲軍団を合流させた。また、A軍集団に合流させるはずだった第11軍をレニングラードの攻略に派遣し、「大ドイツ」自動車化歩兵師団とSS自動車化歩兵師団「アドルフ・ヒトラー親衛隊旗(LAH)」(ディートリヒ上級大将)を休養と補給のためにフランスへ帰還させた。

 さらに「総統指令第45号」において、ヒトラーは「青」作戦に変更を加えた。その内容は、カフカス全域の占領を最優先事項とするというものだった。

「3週間と少々の作戦で、私が東部戦線南翼に課した目的は大体において達成された。包囲を逃れてドン河南岸に達した部隊は、ティモシェンコ指揮下の一部のみである。

 A軍集団はまずドン河流域の敵兵力を包囲殲滅し、次に黒海東岸全域を占領し、黒海艦隊と沿岸諸港の機能を奪った上で、カフカスのグロズヌイを占領、さらにカスピ海沿いに進撃してバクーを占領。

 B軍集団はドン河流域に防衛線を構築しつつスターリングラードへ進出し、周辺地域に集結中の敵兵力を殲滅した後に同市を占領し、さらに快速部隊をアストラハンへと進出させて、ヴォルガ河の水運を封鎖せよ」

 ヒトラーが下した判断について、ハルダーはこの日の日誌に次のように記している。

「敵の力に対する過小評価は徐々にグロテスクな形を取りつつあり、危険の度合いが増している」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます