第26話

 悪魔到達まで、残り3秒。

 審判は様々なコマンドを試していて、今はCボタンと別のボタンの組み合わせを模索しているようだ。

 虚ろな詠唱により、会場に異様な空気が漂い始める。


「虚無の世界の探検家。ゼロの世界の蒐集家。不毛の大地の健啖家。重なる虚無と求めし魂、伸ばした手を手を手折るは己」


 残り2秒。

 須田は手をひっくり返し――その掌を、盃を持ち上げるように挙げて見せた。


「虚ろの世界の希望の形……自壊の歓喜・『紅蓮地獄』」


 詠唱の終了と共に――

 天使が急に、燃え上がった。


「!?」

『な、何事だーーーーー!?』


 画面の中の天使は『ギャアアアアアアアアアア!』とけたたましい叫び声を上げながら敵に突進し、悪魔をなぎ倒した。しかし爆走は止まらず、画面の端までたどり着くと、そこで力尽きて黒焦げになって倒れる。

 当然ながら、蘇生は無い。

 ゲームオーバーだ。


『じ! じじじ、自殺技搭載です! なんということでしょう! 審判、紅蓮地獄はどのコマンドで出せましたか!?』

「し、CとAを同時押ししただけだ! こんな簡単なコマンドに!?」

「た……体力が減るどこの話じゃねえぞ、一撃死って!?」

「コマンドミスったら死ぬってどんだけリスキーなんだよコレ!」

「……!」


 さっきの死にステータスの話題は、完全に奪われてしまった。

 体力が減るどころか、特定の簡単なコマンドを押してしまえばその場で死亡……。そのインパクトは、会場の話題を完全に塗り替えていた。

 間違いない。俺はこの時点で確信をする。

 相手の無間天獄は――

 計算された、『ギガンテスタワーキラー』ゲーム。

 文字通りのキラータイトルゲームなのだ。


「お、おい、四十八願(よいなら)、これって……!」

「分かってる……」


 偶然では片づけられない一致ばかりで、流石に四十八願も気が付いたようだった。相手のゲームは、ギガンテスタワーを倒すために――ギガンテスタワーの短所を更なる短所にし、クソ要素を目立たないように作られている。

 純粋にギガンテスタワーの下位互換となっているだけに、審判の評価も観衆の評価も、より低い方に移るのは必定のことだ。

 何故、ここまで非公開のゲームのことを知っている? 知り尽くしている?


「おい、仮面野郎! 言え、あいつはどうやってこんなゲームを作った! オイ!」

「……」

「言えっつってんだよ! やるか!」

「待った、イッチ―! 早まらないで! 返り討ちに遭うだけだよ!」

「そういう問題じゃねえだろ、コレは! 明らかに不正だ!」

「証明出来るものが無いんだよ! どっちが真似したかなんて! この戦いが終わるまでに証明出来ないでしょ!」

「こいつをぶっ倒して吐かせりゃあいいだろ! 黙って見てるよかマシだ! 二人がかりでやるぞ!」

「『随分偶然にも』、似たゲームのようね! 須田 蘭火!」


 マイクを通して響いたのは、剛迫の声だった。

 ステージを見ると、剛迫がこっちを向きながら、マイクを握っている。

 その眼差しは、強く。

 頼もしい、希望の光が宿っていた。


「残念ながら、私のクソ要素と被ってしまってるわ……。でも、そんなこともあるわよね、着眼点がたまたま重なってしまうことなんてね」

「そうだね。そうなる確率は『3』くらい。よくあることだよ」


 よくもぬけぬけと、あの女――!

 怒りに歯ぎしりする俺だったが、ステージの剛迫は諫めるように続けた。


「でもね」


 圧倒的不利。

 対策に対策を取られて。あらゆるクソ要素を真似さ。上回れた女は。

まるで諦める様子も見せずに、傲岸不遜に腕を組んで見せた。

 水を打ったように沈黙する会場に、気丈な声が響く。


「それでも――私の勝ちは揺るぎないわよ!」


 おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

 瀕死の咆哮に、観衆は呼応した。

 実況もその雄姿に興奮したのか、パンチラも気にせずに実況席に足を思い切りかけて、スタンドプレーを始める。


『素晴らしい気迫だあああああああああ! 剛迫 蝶扇! まるで怯む様子を見せません! 贔屓目に見ても優勢とは言えぬこの状況で、なお美しく強く舞い続ける、孤高の蝶! その魂の在り様、ここにあり!』

「贔屓目に見ても優勢とは……? 違うわね、おねーさん! 使うのよ、『技』を!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます