第54話 魔王「こ、これが闇夜を照らす陽光石…凄い」

魔王「魔法使いさんここです」

魔法使い「ふむ…」

魔法使い「これが荒れ果ての地か…」

魔法使い「お前はここに我ら妖精界のような自然を育みたいと言うのだな?」

魔王「はい…でもそれには…」

魔法使い「それで陽光石か…」

魔法使い「うーむ…」

魔王「やっぱり無理ですか?」

魔法使い「いや…そんな事は…」

エルフ兵士「無理とは何だ! 魔法使い様に出来ない事なんてある訳無いだろっ!」

魔王「ひっ! す、すみません!」

魔法使い「…! 馬鹿! 刺激するなっ!」

エルフ兵士「あ…す、すみません…」

魔王「?」

魔法使い(全く…創造神様も厄介ごと押し付けた物だ)


~先日の創造神との話~


創造神「よく集まってくれましたね」

女勇者「ちっ…」

神官妹「いえ創造神様にお呼び頂けるなんて光栄です!」

神官姉「あの…!」

創造神「…え、貴女は確か神官妹さんの姉さんの…」

神官妹「す、すみません、何か無理矢理ついてきて…」

創造神「い、いえ…で何ですか神官姉さん」

神官姉「えっと…ですね…」

創造神「はい?」

神官姉「その創造神………様は…魔王ちゃんに…その」

創造神「?」

神官姉「そ、率直に…聞きます! 昔魔王ちゃんに…その、いかがわしい事をしたんですか!」

創造神「は?;」

神官妹「この馬鹿姉っ!!!」ドス!

神官姉「ぐはっ!」

女勇者「ちっ! ちっ!」

創造神「…;」

魔法使い「お前らいい加減にしろ! ちゃんと創造神様の話聞かんか!」ダン!

女勇者「うっせーな…話したければ勝手に話せば良いだろう…」

魔法使い「何だと…このクズ…」

創造神「大丈夫です魔法使い、聞いて話を理解してくれれば私はそれだけで構いません」

魔法使い「ですが…!」

創造神「大丈夫です」ニコ。

魔法使い「は、はあ創造神様が良いと言うなら…」

魔法使い「で、では創造神様…魔王の力の秘密の謎をお聞かせ願えますか?」

創造神「はい…」

創造神「…」

創造神「…ん」

魔法使い「創造神様…? いかがなさいました?」

創造神「あ…いえ、どこから話したらと…少し考えて…失礼しました」

女勇者「ちゃんとまとめてから話せよばーか!」

魔法使い「女勇者貴様!」

創造神「魔法使い、私は気にしてませんから、そうですね女勇者私が悪かったわごめんなさい」

女勇者「…!」

女勇者「ふ、ふん、べ、別に…わかりゃー良いんだよ…」

創造神「ふふ」

創造神「それで魔王の力の正体ですが」

一同「!」

創造神「あれは…なんと言ったら良いか…私と同じような存在とでも言いましょうか…」

女勇者「!」

神官妹「!」

神官姉「魔王ちゃん…がこの女狐と同じ?」

神官妹「ふん!」ドス!

神官姉「ふぐぅ!」

魔法使い「創造神様…で、では魔王は、創造神様と同じ創造神なのですか?」

創造神「あ、いえ…創造神ではありませんが…」

女勇者「じゃあ何なんだよ?」

創造神「創造神ではありませんが、魔王は私と同じ旧世界から存在してた………神の一人…なのです」

一同「!」

神官妹「ま、魔王が神…?」

神官姉「素敵…改宗…しなきゃ!」

神官妹「今現在信仰してる神の目の前で言うな!」ドス!

神官姉「はぐ!」

創造神「…;」

女勇者「神…じゃあ聖剣が全く効かなかったのも…」

創造神「そう…聖剣に神は傷つけられない絶対的な特性も与えていたからです」

創造神「その特性がある限りどんなに威力をあげても傷一つつけられないでしょう」

女勇者「くそ! だから闇のまとい以前にアタシの攻撃が全然通じなかったのか…」

魔法使い「し、して魔王は一体どう言う神なのですか?」

創造神「…彼は…恐ろしい力を持った………邪神です」

魔法使い「!」

魔法使い(邪神…だったのか…)

魔法使い(いやそれより…旧世界とは何だ?)

魔法使い(昔は今と違う世界があったと言う事なのか?)

神官妹「邪神! って魔王とあんまり変わらないような…」

神官姉「邪教素敵! 入信しなきゃ!」

神官妹「もうお前は喋るな!」ドスドス!

神官姉「ひぐ!」

創造神「残念ですが魔王と同じではありません」

創造神「何故なら彼の力は私より遥かに強く、世界を一瞬で滅ぼす力を持っているのですから」

一同「!」

女勇者「んだと…」

神官妹「え…本当ですか」

神官妹(やばい…と言うか創造神大した事ない? あれ敬う必要ない?)

神官姉「す、凄い力…そんな力を持っている魔王ちゃんの使徒になりたい!」

神官妹「…」

神官姉(あれ…何も…してこない?)

魔法使い「ほ、本当ですかその話は…?」

創造神「本当です」

魔法使い「あいつがそんな恐ろしい存在だったとは…」

魔法使い「創造神様…あいつを倒す手段は無いのですか?」

創造神「倒す事は出来ません」

創造神「いえ…倒してはいけないのです」

女勇者「なんだそれ…その言いぶりだと倒す方法はある見たいじゃないか」

神官妹「創造神、あるならその方法を教えてくれません?」

創造神(…? あれ神官妹さんの態度が急に…)

創造神 (そうかこれも…はあ)

創造神「ダメです…何故ならその方法を使えば魔王を殺してしまう事になるからです」

神官妹「別に良いのでは? それで世界の脅威が取り払われるなら…」

神官姉「絶対反対! 反対!」

神官妹「うっさい!」

女勇者「…神官妹の言う通り、確かにそれで良いと思うけど」

創造神「…ふふ」

女勇者「…? 何だよ」

創造神「女勇者、そう言葉で言いつつ、言い出すのが遅れてましたね」

創造神「少し躊躇いましたか?」

女勇者「は? はあ? た、躊躇ってないし!///」

女勇者「つーか! あんたのそう言う見透かしたところが大嫌い何だよ!」

女勇者「アタシの事なんか全然分かってない癖に、恥ずかしくなるようなデタラメ言うな!」

創造神「あら、私の言う事が貴女の言う通り本当に検討違いなら、そこまで焦ったり恥ずかしがる事はないんじゃ無いかしら?」

女勇者「っっっ!///」

創造神「あらあらうふふ、可愛い顔」

女勇者「てめえ…おちょくってんのか…」

創造神「まさか…」

魔法使い「創造神様…確かに可哀想かも知れませんが…奴が世界を滅ぼす邪神なら心を鬼にして滅すべきかと思いますが」

創造神「確かに…彼が旧世界の邪神なら、私も旧世界からの神だった者として、滅ぼす役目を担って然るべきですが…」

創造神「魔王は邪神その物では無いのです」

神官妹「どう言う事?」

創造神「魔王は、その邪神をおろす器にされてしまっているだけなのです」

女勇者「器…だって? 魔王は邪神のその生まれ変わりか何かじゃ無いのか?」

創造神「ええ…魔王は不幸にもその邪神に器として目をつけられてしまったのです」

創造神「ただそれだけで邪神の器にされてしまっただけなのに、それであの純粋で優しい魔王を殺す事は出来ません」

創造神「皆さんもそうですよね?」

神官妹「いえ余裕です」

女勇者「世界と天秤にかけるなら…まあ余裕っしょ!」

魔法使い「すみません創造神様…私も邪神が復活するなら、可哀想ですが魔王を破壊した方が良いかと…」

創造神「…;」

神官姉「私は、創造神…様の味方! 魔王ちゃんの破壊…絶対反対…!」

創造神「…あ、ありがとう、愛する子;」

創造神「…」

創造神「すみません隠していた事がありました」

女勇者「はあ?」

創造神「実は魔王を殺す破壊すると、その衝撃だけでも邪神が復活する可能性があるのです」

一同「!」

神官妹「ちょっとちょっとちょっと!」

神官妹「情報の出し惜しみは止めてよね! 創造神!」

女勇者「ほんとだぜ! ふざけるな!」

魔法使い「創造神様…貴女の深きお考えに口を出すつもりありませんが…」

魔法使い「命をかけて戦うので…そのお願いします」

創造神「ご、ご免なさい」

神官妹「それで…どうすんのよ創造神」ドカー(机に足投げ出し)

創造神「…;」

創造神「はあ…」

創造神「まあ…殺すと復活して世界が滅んでしまうので…皆さんにはその邪神が覚醒しないように立ち回って欲しいのです」

女勇者「覚醒させないように?」

魔法使い「覚醒させない方法とは?」

創造神「それは魔王が望む綺麗な世界を作る事です」

女勇者「は?」

神官妹「何それ?」

創造神「魔王の中に眠る邪神は、争い事や醜い事に反応して覚醒するのです」

創造神「魔王が人が変わった見たいなった時など、何か心当たりがある出来ごとがありませんでしたか?」

女勇者「そう言えば…」

神官妹「確かにえげつない戦いになった時は、何かちょっと変わっていたような…」

創造神「それが邪神が目覚めかけていた証拠なのです」

一同「!」

創造神「あまり貴方たちの世界に干渉するのは良くないと思い今日まで静観してたのですが」

創造神「まさか貴方たちが神の力でとつてもなく強固になっていた魔王の闇のまといを祓って、あのような方法で魔王の苦痛を与えるとは思いもしませんでしたので」

魔法使い「す、すみません」

創造神「良いのです、元々あの結界破りの魔法を教えたのは私ですし、そもそも前魔王が施したあの強力な封印を解いてまで、魔王を復活させるとは思ってませんでしたので…」

神官妹「そうよ! 何で封印を解くのよ女勇者!」

女勇者「お前が新しい魔界の傀儡にするから解けって言ったんだろうがっ!」

神官妹「だ、だって参謀が弱いって言うから…」

女勇者「そうだよな…元々あの参謀に嵌められたんだ…」

創造神「それ以前にそう言う勇者としてあるまじき行為は慎みなさい…;」

魔法使い「そうだぞお前ら、何でそうすぐに人間は欲に走るのだ! 恥を知れ!」

神官妹「だって…」

女勇者「お金欲しいんだもん…」

創造神「…;(あ、頭痛い…)」

神官姉「は…い!」ぴょんこぴょんこ。

創造神「な、何ですか神官姉さん」

神官姉「私は…お金いら…ない!」

創造神「し、神官姉さん…!(貴女の心は清いのですね!?)」

神官姉「ただ魔王…ちゃんが…欲しい…だけ!」

神官妹「それも欲だから…お金より醜い慾望だから…!」

創造神「…;」ガク。

創造神「分かりました」

女勇者「今までの話で何が分かったんだよ」

創造神「貴方たちに人道を解くその無意味…いいえもう良いです」

女勇者「そこまで言えば分かるし」

創造神「とにかく魔王に醜い争い事など刺激的な光景を見せたり状況を作っては行けません」

創造神「そうすれば覚醒する事は防げます、魔王が綺麗な心であるかぎり、邪神は目覚める事は無いのですから…」

女勇者「話は分かった…でもそれだと目覚め無いだけで、邪神が復活するって状況は無くならない訳だよな…? それはどうするんだ?」

創造神「…」

女勇者「…? 聞いてるのか?」

創造神「…ええはい、実は可能性の話なのですが」

創造神「魔王が望む綺麗な世界を作って、魔王が本当にそれを守りたいと思える強い心が出来れば、自身の自我が強くなり邪神に心を奪われなくなるかも知れません…」

神官妹「よく分からないけど…じゃあ私たちは魔王が言っている、人間も魔族も平和に暮らしたって言う、ゆ、ゆーとぴあ? ってお花畑世界を作るのに協力すれば良いって事?」

創造神「そうです」

創造神「皆さん何かと大変かと思いますが、くれぐれも魔王は刺激しないようにし、彼の望む世界作りに協力してあげてください」

創造神「世界を守りたければ…お願いします」




魔法使い(…と言う感じで魔王の国作りに協力する事になってしまったのだが)

魔法使い「何でお前まで付いて来るのだ?」

エルフ兵士「え!?」

エルフ兵士「そ、それは魔法使い様のお手伝いに…」

魔法使い「だったら魔王に争いを連想させるような、厳しい言葉遣いするな」ヒソヒソ。

エルフ兵士「は、はあすみません」ヒソヒソ。

魔王「あのー何の話でしょうか?」

魔法使い「! な、何でもない…気にするな」

魔王「そ、そうですか、それであの陽光石は難しいのでしょうか?」

魔法使い「いや、荒れ果ての地全体となるとどれだけ必要になるのか…ざっと計算してただけだ」

魔法使い「魔界の土地に陽光石が合うか分からんが、この程度の土地なら何とかなるだろう」

魔王「あ、ありがとうございます」

魔法使い「何…創造神様に仰せつかったのだ。お前が気にすることでは無い」

魔王「僕個人が魔法使いさんにお礼を言いたいのです」

魔王「きっとその魔族に思うところがまだまだあると思いますのに…それを押して協力してくれてありがとうございました」

エルフ兵士「当たり前だ…もっと感謝しろ…!」

魔法使い「…」ギロ。

エルフ兵士「あ…と感謝とか良い…ですよ?」

魔王「?」

魔法使い「ふう」

魔法使い(それにしても普段は本当に優しい性格をしてるのだな…)

魔法使い(…この優しさ…何とか守ってやれればな…)

魔王「ところで陽光石ってどう言う風に使うのですか?」

魔法使い「ん? ああ…ここに一応見本を持ってきたんだが」スッ

魔王「これが陽光石…陽光と言う割には、青色に光ってるんですね…」

魔法使い「それはそうさ…何故なら青空を作る青だからな! そら!」

魔王(陽光石を空中に…投げた!?)

魔王「あ!」

魔王「す、凄い…」

魔法使い「ふ…」

魔王(陽光石を飛ばした先に青空が広がって…あ、暖かい光が辺りを包んで行く)

魔王「はー…」

魔法使い「どうだ? 凄いだろう?」

魔王「は、はい! ここまで凄い物だとは思ってませんでした! か、感動しました!」

エルフ兵士「当たり前だ…我らエルフだけが創造神様に作る事を許された唯一の技術何だぞ!」

魔王「はい! 凄いです!」キラキラ。

エルフ兵士「う…そ、そうか、そ、そうだろそうだろ! はっはっは!」

魔王「はい! エルフさん凄いです!」

エルフ兵士「そうかそうか! はっはっは!」

魔法使い「ふ…」

魔法使い「それとずっと光っている訳では無く、地上で言う夕方あたりになると石は休息状態に入り輝くのを止めるから夜にもなる」

魔法使い「そしてまた朝日が昇る時間に光出す。便利な物だろう?」

魔王「は、はい本当ですね!」

魔王「後は戦魔将軍さんが耕した土地に植物を植えて育てるだけですね!」

魔法使い「耕したってそう言えばそこら中耕されてるな…これ戦魔将軍とやらが全部やったのか?」

魔王「はあ、まあそうですね」

魔法使い「それは凄いな…そいつも今ここに来ているのか?」

魔王「いえ…全身筋肉痛とかで今寝込んでます」

魔法使い「そ、そうか…そりゃあまあ(そうなるわな)」

魔王「戦魔将軍さんも年ですね、この程度の範囲の土地を耕しただけで寝込んでしまうなんて…」

魔法使い「! この程度!?」

魔王「はい…ご老人は労らないといけませんでしたね…僕の配慮が足りませんでした」

魔法使い(まあ何となく分かってきたけど、こいつは神クラスの力を持っているのに、その力が一般もしくはそれ以下だと勘違いしてるから何かと話が合わないところが出るのか…)

魔法使い(魔族ながら戦魔将軍とやらも哀れだな…)

魔法使い「まあともあれ、日の光りも手に入れ、適した土壌も出来れば次ぎはいよいよ植物を育てる段階だが…」

魔王「はいっ!」

魔法使い「今から豊かな植物を育てるには10年、20年とかかるが…まあ気長にやっていくか…」

魔王「え? そんなにかかるのですか!?」

魔法使い「あ、当たり前だろう…草花ならそんなに時間もかからないかも知れないが…木などは別だ」

魔法使い「それぐらい時間をかけても、豊かな緑になるには程遠い程度しか成長しないぞ」

魔王「そ、そうだったんですか…魔王城で少しばかりガーデニングをしてた時はあったのですが…流石に木は育てた事が無かったので分かりませんでした…」

魔王「でもどうしよう…」

魔法使い「どうした?」

魔王「はい、ここの街を作る時に商人さんに【しゃっきん】と言う物をしてしまって、早く開業にメドをつけてお金をお返ししないと【たんぽ】をお渡ししないといけないらしく…」

魔法使い「…ちょっと待て」

魔王「はい?」

魔法使い「一応聞くが…お前…担保に何を入れたんだ?」

魔王「荒れ果ての地と魔王城ですが」

魔法使い「…!!!」クラクラ。

魔王「ど、どうしたんですか!? 魔法使いさん!」

魔法使い(く…何でこう人間は慾望に走るのだ!)

神官妹「ちょっと待って魔王様! その話本当なの!?」

魔王「はい」

神官妹「何て事…」

神官妹(く…姫派のやつと言うか姫! 体よく利権を根こそぎ奪うのが目的で商人を差し向けたのね…)

神官姉「魔王ちゃんを…騙す…なんて…許せない!」

女勇者(つーか騙されたって感じたらこいつが受ける刺激ってやばくね…?)

魔王以外の一同(そうなると邪神が…!)

呪族の幼女「ふむ…なにかおこまりのようじゃの」

魔王「あ、呪族の王女さん、お久しぶりです!」

女勇者「げっ…」

呪族の幼女「そんなつれないかおをするなゆうしゃ」

神官妹「で何の用なの? 今は幼女に何か付き合っている暇は無いんだけど?」

呪族の幼女「まあまて、おまえたちすぐにでも、くさき(草木)をここにはやしたいんだろ?」

神官妹「そうだけど? 貴女なら出来ると言うの?」

呪族の幼女「わらわならできるぞ?」

一同「!」


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます