第45話 魔王「これが痛み?」

エルフ兵士「キリキリ歩け!」

魔族子供1「いてーな! 言われなくても歩くから押すなよっ!」

エルフ兵士「生意気な口を聞きやがって…」

エルフ兵士「今ここで殺してもいいんだぞ!」

魔族子供1「だ、だからやるならや、やれって言ってるだろ!」

エルフ兵士「ふん! 本当に私がやらないと思ったら大間違いだぞ?」

エルフ兵士「見せしめにお前が死ねば、他のやつも生意気な事も言わなくなるだろうからな…」

魔族子供1「ごくっ…」

魔王「止めてください!」

エルフ兵士「うるさいっ!」ビシッ!

魔王「? 脅してるのに何で軽く叩くんですか?」

エルフ兵士「なっ…! 貴様~舐めた口を…!!」

魔法使い「止めろ…」

エルフ兵士「あ、ま、魔法使い様…しかし」

魔法使い「良いから…子供は人質だ、魔族をおびき寄せるまで傷つけるな」

エルフ兵士「しかし…い、いえ分かりました」

魔法使い「それと自称魔王も迂闊に傷つけるな」

エルフ兵士「え?」

魔法使い「私が壊す楽しみが無くなるだろ」

エルフ兵士「え、ええ、そうでしたね、失礼しました」ニヤリ

魔法使い「うむ」

魔族子供♀「…」ジー。

魔法使い「…何だ」

魔族子供♀「えっと、魔族子供1ちゃんを助けてくれてありがと」

魔法使い「ふん…助けたつもりはない、それに私たちに礼など言って良いのか?」

魔族子供♀「え?」

魔法使い「私たちはお前たちを利用して、お前たちの親を殺そうとしてるのだぞ?」

魔法使い「そんな者に礼など…」

魔族子供♀「いないもん…」

魔法使い「何?」

魔族子供♀「私のお父さんもお母さんも、戦争で死んじゃったもん」

魔法使い「…!」

魔法使い「ふ、ふん、そうか…私が女勇者と魔界に攻めこんだ時にでも殺したか?」

魔族子供♀「うん…たぶん、勇者を迎え撃つって出てちゃって帰って来なかったから…」

魔法使い「む…」

魔族子供♀「ここにいる子供はみんなそうなんだ…」

魔法使い「何…?」

魔族子供1「…」

魔族子供2「…」

魔族子供3「…」

魔族っ子幼「みんなせんそーこじってやつになったんだけど、おとーさんが拾ってくれたんだよ」

魔法使い「お父さん?」

魔王「七魔将軍の一人の戦魔将軍さんの事ですよ」

魔法使い「ああ…そう言えばそんな奴もいたな」

魔法使い「七魔将軍の癖に何処に逃げたのかと思っていたが…そんなくだらない事をやっていたのか」

魔族子供1「くだらないとは何だよっ!」

魔法使い「くだらないからくだらないと言ったんだ…魔族が良い事をしてるフリをするな…」

魔族子供1「! ふざけんなっ! 戦魔のおっちゃんは良いフリなんかしてない! いつでも本気でやってるんだ! 馬鹿にするなっ!」

魔王「お、落ち着いて魔族子供1さん、ここは、し、刺激してはいけません…」

魔族子供1「うっせー! 腰ぬけ魔王は引っ込んでろ! やっぱりこいつらはとーちゃんたちの仇なんだ!」

魔族子供1「その上俺達の面倒を見てくれた戦魔のおっちゃんまで馬鹿にしやがって!」

魔族子供1「死ね、死んじまえ! クソエルフ!」

エルフ兵士「こいつ…調子に乗りやがって…やっぱりここで…」

魔法使い「構わん」

エルフ兵士「し、しかし」

魔法使い「構わんと言っている」

エルフ兵士「は、はあ…」

魔法使い「おい小僧」

魔族子供1「な、何だよ…」

魔法使い「良いだろう私を嫌え」

魔族子供1「な、何だって…?」

魔法使い「私もお前たちを嫌うからな、徹底的に…」

魔族子供1「何…」

魔法使い「親が殺されただと? なら私は魔族に娘を殺された」

魔族子供1「…!」

魔法使い「お前と同じように悲しみ怒り憎んだ」

魔法使い「だがお互い様だなどと言う気は無い…」

魔族子供1「何…だと」

魔法使い「そんな言葉で片付けられない…片付けられないほど…ただ純粋に魔族にこの怨みを返したい」

魔法使い「謝罪もいらない、聞かない」

魔法使い「魔族が何をしてもされても…例えただ一人になっても、肉片になっても娘を殺されたこの怨みは必ず魔族に返す」ギロ

魔族子供1「ひっ…」

魔法使い「子供が…勢いだけで物を言うなよ?」

魔族子供1「…」

魔族子供♀「魔族子供1ちゃん…」

魔法使い「だからお前も私を親の仇と怨んでも良いのだぞ?」

魔族子供♀「私は…」

魔族子供♀「よく分かんない…」

魔法使い「分からない…? 私はお前の親を殺したのだぞ?」

魔法使い「怨みを感じたりしないのか?」

魔族子供♀「それは…」

魔法使い「気にするな…お前が怨むように、私もまた怨むのだから」

魔族子供♀「…私は頭悪いから上手く言えないけど」

魔族子供♀「私がお父さんが死んで一番嫌だったのは悲しかった事」

魔族子供♀「何か怨みあってると、その悲しいのがずっと続きそうで…」

魔族子供♀「それが嫌だから、例え魔法使いさんが親の仇でも、私は怨みたくない…かな?」

魔法使い「…!」

魔法使い「…ふん、わからぬな」

魔王「…本当にそうですか?」

魔法使い「何?」

魔王「ぼ、僕たち魔族が言う事じゃ無いかも知れませんが…」

魔王「こ、こんな怨みを晴らしあうような事をやっても不毛じゃありませんか?」

魔王「そんなことより、そんな出来事が二度と起こらないような世界を作ることの方が大事何じゃないですか?」

魔王「それが悲しみを味わった者が本当にすべき事何じゃ無いですか?」

魔王「ま、魔法使いさん、本当は魔族子供♀さんが言ってる事分かってますよね?」

魔法使い「…」

エルフ兵士「黙れっ!」バキ

魔王「…」

エルフ兵士「あれ?」

魔王「あの…本気で止める気がないなら、申し訳ないですけど下がっていてもらえませんか?」

魔王「僕は真剣に話しているんです」ゴゴゴ

エルフ兵士「ひっ!」

魔法使い(な、何だこの魔力は…)

魔法使い(…! 女勇者が本気でやれと言ってたのはこの事か…)

魔法使い(ふ、面白い…)ゴクリ

魔法使い「良いだろう…お前の話を聞いてやろう」

魔王「…! ほ、本当ですか?」

魔法使い「勘違いするな…」

魔王「え?」

魔法使い「これから私はお前を殺すつもりで攻撃魔法をやる」

魔王「え?」

魔族子供♀「殺す…!」

魔魔族っ子幼「ころすなんてダメだよー!」

魔族子供1「マジかよ」

魔法使い「それに全て耐えきれれば、お前の言葉は我が怨みを超えて信ずべき物と考えてやろう」

魔王「ま、魔法使いさんの殺すつもりの魔法を…」ゴクリ。

魔法使い「怖じけついたか? 止めても良いんだぞ?」

魔王「…! いえ…わ、分かりました」

魔族子供たち「!?」

魔法使い「ほお…良い度胸だな」

魔王「いえ…その代わり僕が耐えきったら、子供たちは解放してください」」

魔法使い「…良いだろう」


~エルフの村の外~


魔法使い「ここなら村に被害が出ないから、本気を出せるが…」

魔法使い「さて…本当に始めて良いのだな」

魔王「い、良いですよ…」

魔法使い「ふん…良い度胸だな…まあ止めると言っても、こちらはもう止める気は無いし…」

魔法使い「それに案外被害を出さなくても、お前を壊すには事足りるかも知れんがな…」

魔王「…?」

魔法使い「とりあえず軽く試して見るか…」

魔法使い「…創造神の御使いにして、剣たる蒼雷神(そうらいしん)よ」

魔法使い「その雷槍をもちいて、我に仇なす反抗の逆徒を浄破し、塵とせよ…」バチバチバチ

エルフ兵士「おお…! 雷系の最強呪文…魔法使い様は本気だ!」

魔族っ子幼「なんかすごいばちばちしてるぅ~!」

魔族子供1「よく分からないどとにかくすげー…!」

魔族子供♀「魔王様…!」

魔法使い「ブールムライトニングっっっ!」

魔法使いが呪文発した瞬間。

巨大な青い稲妻が魔王に落ち、凄まじい放電が辺りを包み爆風が吹き荒れる。

魔族子供1「これで軽くとかふざけんなよ!」

魔族っ子幼「きゃはは! ばちばちすごーい!」

エルフ兵士「わははは、魔法使い様の実力が分かったかクソガキども!」

魔法使い「…」

魔法使い「ふんやはりな…」

エルフ兵士「え?」

魔王「…」

エルフ兵士「ばかなっあれだけの魔法を食らって無傷だと!?」

魔王「魔法使いさん! ふざけないでください!」

魔王「僕は覚悟を決めたのに、こんな子供でも出来るような魔法で手加減するなんて!」

エルフ兵士「あいつ何を言ってるんだ…?」

魔族子供1「さ、さすが魔王だぜ!」

魔族子供2「調子がいい…」

魔族子供1「う、うっせーな…」

魔王「そんな魔法しかやらないなら、勝負は僕の勝ちで良いんですか!?」

エルフ兵士「く…」

魔法使い「ふん…まあ慌てるな」

魔法使い「言っただろ? 試しだと」

魔王「え?」

魔法使い「じゃあ今度はこれならどうだ」ぎゅ

魔王「な、何ですか、僕の手を掴んで」

魔法使い「…ぶつぶつ」

魔法使い「はっ!」パア

魔王「?」

魔王「また何も起きませんが…?」

魔法使い「…サンダーボルト」

エルフ兵士「サンダーボルト…そ、そんな初級魔法…」

魔王「!」

魔王「うああああああ!!!」バリバリ!!

魔族子供♀「!?」

魔族子供1「ま、魔王!?」

エルフ兵士「な、何だあいつブールムライトニングを食らってもピンピンしてたのに、あんな初級魔法で大袈裟に声を上げて…」

魔王「う…」ガク

エルフ兵士「! き、効いてる!?」

魔法使い「…;」ニヤリ。

魔王(な…んだ…全身が…熱い針で刺される…よ、ような)

魔王 (こ、こ…れは…)

魔王(痛み───?)

魔王「う…」ばたり

魔族子供1「魔王!?」

魔族子供♀「魔王様!?」

魔族っ子幼「まおー!?」

魔族子供2・3「あ…あ…」ガクガク

魔王(ダメだ──意識が──視界が暗くなる)

魔王(皆さんすみません───)


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます