第44話 魔王「戦後謝罪に行ったら勇者にむちゃくちゃにされた件」

魔王「ちょ、ちょっとどう言う事ですか勇者さん!」

女勇者「え? お前陽光石が欲しいって言ってたじゃん」

魔王「寄越せなんて乱暴な言い方してませんよ!」

魔王「と言うか今回は陽光石を貰いに来たんじゃなくて謝罪を…」

魔法使い「この子供が…新しい魔王…だと?」ギロ。

魔王「ひっ!」

魔王「あああああの、ここここの度はままま魔族のせいで、お子様が不幸な事になってしまった見たいで、大変遺憾に感じて、これはイカンと思って、イカンともしがたいようなそんな感じで」アセアセ

魔法使い「遺憾だと…? お前ら魔族がやったのだろうがっ!! そんな他人事みたいにっ…!」ギリ

魔王「ででですよね! すすすみません、ホント!」

魔法使い「それでその謝罪に子供がくるだと…? エルフ舐めるのも大概にしろ魔族っ!」

魔王「で、でも僕は魔王で、魔族の代表ですから…」

魔法使い「ふざけるなっ! お前のような子供が魔王な訳無いだろっ!」

魔王「と、と言われましても実際そうな訳で…」

魔法使い「ああっ!?」

魔王「な、何でもありません。ごめんなさい!」

魔法使い「…く、まあいい」

魔王「え?」

魔法使い「子供だろうと、敵対している国に近づいてどうなるか…遊び半分でしたで済まない事は分かっているよな?」バチバチ。

魔王「…! 何かバチバチしてる! な、何かお手てがバチバチしてますけど!?」

女勇者「おーい魔法使い!」

魔法使い「…何だ?」

魔王(ゆ、勇者さん、やっぱり僕を助けて…!)

女勇者「そいつ凄い硬いから本気でやった方が良いぞー?」

魔王「ちょ、ちょっと勇者さんー!?」

魔王(何で煽るような事を言うのですかっ!?)

魔王(…そう言えば最近理由は分かりませんが、女勇者さんを何かと怒らせていたような気がしてましたが…)

魔王(まさかその復讐!?)

魔王(僕が悪かったかも知れないけど、このタイミイングは止めてー!!)

魔法使い「世迷言を…」バチバチ。

魔法使い「この程度の魔族の子供…この程度で充分だ」スッ

魔王「あ、ちょ、待ってください! まず話し合いましょうっ!」

魔法使い「問答無用…!」

魔王「ひええ!」

魔族子供1「あ、あいつヤバイぞ!」

魔族子供2「ど、どうするんだよ」

魔族子供3「どうするって言っても、近づいたら俺たちも殺されちゃうよ…」

魔族っ子幼「まおーさま、やばいっ!」

女勇者「にしし」

魔族子供1「くっそーあのブス勇者やっぱり裏切りやがってっ!」

魔族子供♀「魔王様!」タタタ!

魔族っ子幼「魔族子供♀ちゃん!?」

女勇者「! ちょ、何でお前が行くんだよっ!」

魔法使い「ん?」バチバチ。

魔族子供♀「あ…う」ブルブル。

魔法使い(また魔族の子供だと…?)

魔王「だ、ダメです! 魔族子供♀下がっていて下さい!」

魔族子供♀「ま…」

魔法使い「…ん?」バチバチ。

魔族子供♀「魔王…様を虐めないで…」

魔法使い「何だと…?」

魔族子供1「ばかっ! 戻れ魔族子供♀っっ!!」

魔族っ子幼「こらー魔族子供♀をいじめるなー!」

魔族子供1「あ! お前まで…」

魔族子供1「くっそー! 行くぞお前らっ!」

魔族子供2「行くって本気か!?」

魔族子供3「死んじゃうぞ!?」

魔族子供1「バカヤロー! 女が行ってるに、ここで行かなきゃ男じゃ無いだろっ!」

魔族子供2「マジか…」

魔族子供3「短い魔生(人生)だった…」

魔法使い「む…」

魔族っ子幼「むー!」

魔族子供1・2・3「…」ゾロゾロ。

魔族子供♀「み、みんな」

魔王「み、皆さん、だ、ダメです! 危険だから下がっていてください!」

魔族子供1「うるせー、び、ビビり魔王は引っ込んでな」ガタガタ。

魔王「君も随分ビビっているように見えますが…?」

魔族子供1「う、うっせー!」

魔法使い「おい…私は子供だからと言って容赦はせんぞ…?」

魔法使い「今すぐ視界から消え失せれば許してやらん事はない…消えろっ!」バチバチ。

魔族子供1「う、うっせー! 子供に大人気ない真似すんな! このババア!」

魔法使い「なん…だと」バチバチッッッ!!

魔族子供2「威力が上がった!?」

魔族っ子幼「うひゃあー! すごいばちばち!」

魔族子供♀「だめだよう…女性に失礼な事言っちゃぁぁ…!」

女勇者「ちっあいつら馬鹿じゃねえのか!」ダッ。

神官妹「待ちなさい、女勇者!」

女勇者「な、何だよ?」

神官妹「どこへ行こうとしてるの?」

女勇者「何処って、あいつらが」

神官妹「はあ? 私たちの目的は魔法使いに魔王を殺してもらう、もしくは殺す方法を探してもらうのが一番の目的だったでしょう?」

女勇者「で、でも関係ない子供が…」

神官妹「…? 関係ないから…良いじゃない」

女勇者「そ、そうじゃなくて!」

神官妹「女勇者貴女まさか…魔族の子供何か心配してるの?」

女勇者「!」

女勇者「い、いや別に…してねーし」

神官妹「…なら良いじゃない、じゃあ行くわよ」

女勇者「あ、ああ」

女勇者「…そう言えば神官姉は?」キョロキョロ。

神官妹「…聞くまでも無いでしょ」

魔法使い「お前は…」

神官姉「…」

魔王「神官姉さん!?」

魔族子供♀「女勇者様の友達のお姉ちゃん?」

魔族子供1「何でお前が…」

魔法使い「確か…元僧侶の姉…」

魔法使い「何の用だ…我らの邪魔立てをするなら人間でも容赦はせんぞ」

神官姉「子供たちは…」

魔法使い「は?」

神官姉「子供たちは私が守る…!」キラーン。

魔法使い「言っている事は素晴らしいのに、何故か邪悪な物を感じるのは私の気のせいだろうか?」

魔法使い「ともあれ、そう言う気なら死ね人間っ!」

魔法使い「ライトニングボルトっっっ!!」

神官姉「…!」

神官姉「あああああっっっ!」

魔王「神官姉さんー!?」

神官姉「う…」プスプス

神官妹(いくら神官でも、魔王倒した私たち勇者のパーティーに比べたら貴女は弱いのよ姉さん)

神官妹(その程度の防御魔法じゃ防ぎきれないわよ、残念だったわね)ニヤ

神官姉「く…」ドサッ

魔王「神官姉さん! あの程度の魔法で倒れるなんて…どこか体調でも悪いんですか?」

魔法使い「あの程度だと…?」

魔法使い「面白い…じゃあお前には最大級の魔法を使ってやろうか?」

魔王「僕だけ本気!?」

魔王(しまった! 何だかんだ言っても人間だからもしかして手加減したのかも…)

魔王(それに神官姉さんは勇者さんよりは強くはないから…あの程度でも充分だったんだ…)

魔王(神官姉さんはか弱かったのに、すっかり忘れてました)

女勇者「…」

神官妹「何やってるの女勇者行くわよ!」

女勇者「あ、う、うん」

魔王(勇者さん…まだ残っていてくれて…)

魔族子供♀「女勇者様…!」パア

女勇者「!」

神官妹「ほら早く!」

女勇者「く、ぐく…」

女勇者「フ、フライっっっ!」(飛行式移動魔法)

魔王「!」

魔族子供♀「!」

魔法使い「女勇者…逃げたか…」

魔法使い「しかし魔族とは言え子供を置いていくとは…相変わらずのクズめっ!」

魔法使い「と言うか何しに来たんだあいつは…」

魔王「勇者さん…」

魔族子供♀「…」

魔族っ子幼「おんなゆーしゃ…」

魔族子供1「やっぱり最低だ…あいつは…くそ! ブス! ブス勇者!」

魔族子供2・3「…」がっかり

エルフ兵士「魔法使い様…こいつら一体どうしましょう? 魔族などすぐに殺した方が良いかと思いますが」

魔王「!」

魔族子供たち「!」

魔法使い「そうだな…」

エルフ兵士「では…」

魔族子供1「へ、へっ! や、やれるものならやってみろ!」

魔族子供2「や、止めてー!」

魔族子供3「びええ! じに゛だぐな゛い゛ーーー!!」

魔族子供♀「…」

魔族っ子幼「やめろー! あたしたちにてをだしたら、おとーさんがゆるさないんだぞっ!」

魔王「や、止めてください! や、やるならまず僕をっ!」ビクビク

エルフ兵士「ふん! 同情を引こうと見え透いた友情劇などやるなっ! この汚らわしい魔族の」

エルフ兵士「子供がっ!」

魔法使い「!…子供」

魔法使い(…エルフ娘)

エルフ兵士「お前らがどんなに可愛い見た目とは言え、所詮魔族! 薄汚い本性は分かっているぞ!」

魔王「そ、それは偏見です! 魔族にだって優しい魔族だっています!」

魔族っ子幼「そーだそーだへんけんだぁー! …よくわかんないけどへんけんだー!」

エルフ兵士「黙れ!」

魔法使い「待て」

エルフ兵士「は…?」

魔法使い「殺すのは少し待とう…」

エルフ兵士「魔法使い様こいつら助けるのですか? 一番魔族に怨みがある貴女が…」

魔法使い「勘違いするな…こいつらは人質だ、醜悪な魔族とは言え、自分達の子供を見殺しには出来んだろうからな」

魔法使い「こいつらを利用して魔界から魔族を引っ張り出し、そしてそこで滅ぼすのだ」

エルフ兵士「な、なるほど! 流石魔法使い様!」

魔法使い「ふふ、それにこの自称魔王は私の魔法を軽んじた発言をした」

魔法使い「その大口が本当かどうか試してみたいのもあるしな…くく」

エルフ兵士「それは確かに…ふふふ」

魔王「な、何か…凄い嫌な予感を感じるのですが…;」


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます