第43話 魔王「初めて妖精界のエルフの村に来ました」

魔王「き、君たちが一緒に来てくれるのですか?」

魔族子供1「おうよ!」

女勇者(流石に子供には頼まんだろ…)

魔王「お願いします」

女勇者(頼んだ!?)

魔族子供1「おう任せとけってビビりの魔王さんよ!」

魔王「ありがとう~」ウルウル

魔族っ子幼「まおーさま、ないてるの? かわいー☆」

女勇者(付いてきてくれる魔族なら子供でも良いのかよ…)

女勇者(元から無いかもだけど魔王のプライドとか皆無だな…)

女勇者(まいっか…)

女勇者「んじゃま行きますか!」

魔王・魔族子供「おー!」

女勇者「…」

女勇者「何か子供の遠足引率している先生みたいな気分になってきたな…」

神官姉「素敵…可愛い…子供たち…食べちゃい…たい!」キラキラ。

女勇者「まあ…何か邪過ぎる先生もいるけどな…」ズーン|||


~妖精界付近~


魔王「先程とは一変して随分緑が濃くなってきましたね…」

女勇者「? 妖精界が近いんだから当たり前だろ」

魔王「そ、そうなんですか?」

魔王「あまり魔王城から離れた場所には行った事が無いので分かりませんでした…」

女勇者「ふーん」

女勇者(まあこいつの身の上話は置いといて…どうやって魔法使いとこいつをぶつけるか考えないとな…)

魔族子供1「何だよ魔王はこんなところにも来た事ない癖に魔王なのかよ!」

魔王「はは…お恥ずかしい」ぽりぽり

魔族子供1「ふーん魔王っつっても俺たちと同じチンチクリンな見た目通り大した事無いんだな」

魔族子供2・3「ははは!」

魔族子供♀「駄目だよー魔王様にそんな失礼な事言っちゃ…」

魔族子供1「うっせーな! このイイコしい!」

魔王「良いんですよ、ありがとう魔王子供♀さん」ニコ

魔族子供♀「は、はい流石に魔王…様///」ぽっ

女勇者(そーいや、このガキたちも付いてきちまったけど…)

女勇者(あいつ…ガキも殺すのかな?)

女勇者(って、魔族のガキの一匹や二匹死んでもかまわねっつーの!)

女勇者(だいたいこいつらアタシに爆裂魔石投げて殺そうとしたんだし)

女勇者(死ねばいいっつーの!)ジー。

魔族子供1「何だよ馬鹿勇者…ジロジロ見て…俺たちはお前を許した訳じゃ無いんだからな!」

魔族子供1「気安くみてんじゃねーよ! このブス勇者!」

女勇者「前言撤回今すぐ死ね!」ギラ

魔族子供1「う、うわー!」

魔王「わ、わー! 勇者さん落ち着いて、子供相手に聖剣を抜かないで下さい」

女勇者「ちっ…」

女勇者(まあこんな雑魚どうでもいいし、気にする必要もねー)

女勇者(目的は魔王を…)

魔族子供♀「…」ジー。

女勇者「…んだよ、お前もアタシをブスってか?」

魔族子供♀「え? ち、違うよぉ…」

女勇者「? じゃ何なんだよ」

魔族子供♀「うん…えっとね…」

女勇者「あ?」

魔族子供♀「そのね」

女勇者「…」イライラ。

魔族子供♀「だからね…」

女勇者「何だようぜえな! 言いたいことがあるならはっきり言え!」ダン

魔族子供♀「ひっ!」

魔族子供♀「あ…の…」

魔族子供♀「ここここの前は助けてくれてありがとう! そ、それだけ!」

女勇者「え?」

魔族子供♀「ひぅ!」タタタ。

女勇者(この前って…魔獣を倒してやった時か…?)

魔族子供♀「…」チラ

女勇者(べ、別に助けてやった訳じゃねーし///)ぽりぽり。

神官妹「エルフの村が見えてきましたわよ」

魔族子供♀「わあ…」

魔王「あれがエルフの村…」

魔族子供1「へ、へーん、あんなのも見たこと無いのかよ魔王は」

魔族子供2「俺たちもここまで来るのは初めてだろ」

魔王「え?」

魔族子供1「余計な事を言うなよっ!///」

魔王「ははは…;」

神官妹「さてじゃあ行きましょうか…」

女勇者「えーと…こほん」

神官妹「? どうしたの女勇者」

女勇者「とりあえず俺たちと魔王だけで行こう」

神官妹「はあ?」

女勇者「ガキ連れだと、その何かしまらないからな…」

魔族子供1「はあ? しまらないって何だよ! 子供だからって馬鹿にするなよ!」

魔族子供1「しまらないのはお前のブス面だろ! バーカバーカ!!」

女勇者「このやろ…人がせっかく…」プルプル。

魔族子供♀「だめだよう…魔族子供1ちゃんそんなこと言っちゃ…」

魔族子供♀「女勇者様…ごめんなさい」

女勇者「…!」

女勇者「ん…まあいいよ、子供相手に本気になってもしょうがないしな…」

魔族子供♀「…! ありがとう」パア

女勇者「ん…///」ぽりぽり

神官妹「…どうでも良いけど行きますわよ」

女勇者「あ、ああ」

女勇者「…ふー」

女勇者(何くだらないやりとりやってるんだアタシは…)

女勇者(気持ちを切り替えてっと…)

女勇者「じゃー魔王、アタシが魔法使いに話をつけるから一緒に来てくれ…」

魔王「は、はい!」




門番エルフ「…」

門番エルフ「…!」

女勇者「よっ」

門番エルフ「止まれ!」

門番エルフ「お前は…確か女勇者…?」

門番エルフ「何の用だ!」

女勇者「何の用だとはご挨拶だな…まっいいや魔法使い呼んでよ」

門番エルフ「ふざけるなっ! 私たちエルフは、人間が要求を受け入れない限り、お前たち人間とは話はしないと言ったはずだ!」

女勇者「要求って魔族を滅ぼせってやつだろ? その事を含めて今日は話に来たんだよ」

魔王「え?」

女勇者「いいからいいから…とりあえずあって貰えるようにしないと、だろ?」

魔王「は、はあ…まあそうですね」

門番エルフ「信用できるかっ! その醜い顔も目障りだ! とっとと消え失せろ」

女勇者「あ?」ピク

魔王「ゆ、勇者さん、落ち着いて…」

門番エルフ「聞こえないのか!? 消えろと…」

???「待て」

門番エルフ「あ、魔法使い様…」

魔法使い「ありがとう、後は私が…」

門番エルフ「し、しかし……わ、分かりました」

女勇者「おっ…よーひさしーじゃん!  魔法使い!」

魔法使い「人間の寿命は短いから、少し里に籠ってれば、死んでくれると思ったのにね女勇者」

女勇者「態度悪いな…;」

魔法使い「当然よ、貴女が私に与えた屈辱を忘れたの?」

魔法使い「本来ならこうやって会うのも嫌だけど、まあ昔旅を共にした間柄と言う事で特別に会ってあげてるの…感謝なさい」

女勇者「えーと…お前…まだあの時の事怒ってるの?」

魔法使い「絶縁クラスの事をしておいて、怒ってないと思える貴女の無神経さに、また新たな怒りを感じるわ」

魔王(こんなに魔法使いさんを怒らすなんて…勇者さん昔何を言ったんだろ…)

女勇者「へーへーそうかそうか、まあ今日はあんたと仲直りしに来た訳じゃないし別に良いけど…」

魔法使い「? では何しに来たと言うの?」

女勇者「お前まだ魔族を恨んでいるか?」

魔法使い「恨んでいる?」

魔法使い「…」

女勇者「?」

魔法使い「…あ」

魔法使い「当たり前だ…」プルプル

魔法使い「私の子供を奪った魔族…この恨み1日たりとて忘れやしないっ!」ギリギリ

魔王(こ、怖…あの顔…本当に怒ってるよ…)

魔王(こ、ここは慎重に…対話して何とか魔法使いさんのお怒りを静めてからゆっくり謝罪していかないと)

女勇者「そっかー安心した!」

魔法使い「何?」

女勇者「えっとなー」ポン(魔王のかたを叩く)

魔王「え?」

女勇者「こいつ新しい魔王で、お前らの陽光石寄越せって言ってるよ」

魔法使い「…は?」

魔王「え…」

女勇者「んじゃまそーゆー事で♪」タタタ。

魔王「…」

魔王「えええええええっっっ!?!?」


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます