第10話 魔王「勝負してください!」

戦魔副長「よーしお前ら囲め!」

戦魔兵「ヘッヘヘ」ゾロゾロ

勇者「ち…カスどもが調子に乗りやがって…」

勇者「テメーら雑魚魔族がより集まったところで、本気でアタシに勝てると思ってるのか?」

戦魔副長「まーまるで相手にならないだろうね~」

勇者「だったら何で…」

戦魔副長「俺らは腐っても魔王軍一血の気が多い猛者揃い!」

戦魔副長「死ぬとき綺麗なベッドの上で、なんかじゃねえ」

戦魔副長「このきったねえ戦場の、土の上が棺桶だって決まってるのよ!」

戦魔副長「分かったかクソ勇者様よ!」

戦魔兵「そうだそうだ!」

戦魔兵「死ぬのなんか怖くねぇ!」

戦魔兵「勇者が何だ!」

戦魔副長「って事だ…」

勇者「おもしれぇ…」

戦魔副長「…」

戦魔副長「…大将」

戦魔将軍「…何だ」

戦魔副長「大将は逃げてくだせえ」

戦魔将軍「…! 副長…貴様! 何を言っているでござる…!」

戦魔将軍「この戦魔将軍に仲間を盾に逃げだせと…!」

戦魔将軍「生き恥を晒せと、本気で言って…」

戦魔副長「大将はもう戦魔将軍じゃありやせんぜ」

戦魔将軍「何っ!」

戦魔副長「お嬢たちの、パパでしょ」

戦魔将軍「パ…///」

戦魔副長「まあと言うことで、大将は将軍職引退しましてので?」

戦魔副長「俺が、将軍職は引き継ぎましたから」

戦魔副長「まあ、つー訳で?、ただの民間魔族の方は迅速に避難してくださいみたいな?」

魔族っ子「副長さん…」

戦魔副長「ふ…お嬢…幸せになるんですぜ」

戦魔将軍「…副長」

戦魔副長「さっ、行ってくだせえ大将」

戦魔副長「すぐに、お早く、迅速に、手早く、さあさあさあさあ」

戦魔将軍「ふん…そうだな」

戦魔将軍「ただし目の前の勇者を倒してからな!」ズウン

戦魔副長「あ…やっぱそうなります?」

戦魔将軍「当たり前だ! 儂から将軍職を奪いたかったら勝ち取って見せよ!」

戦魔副長「いや大将に勝つとか、マジ無理ですから」

戦魔副長「あーあせっかく将軍職に出世できるチャンスだったのに残念」

戦魔将軍「何チャンスはまだあるぞ」

戦魔副長「え?」

戦魔将軍「ふん、後でたっぷり相手してやるから、儂から将軍職勝ち取って見せよ! この不届きものが!」

戦魔副長「!」

戦魔副長「…後でね」

戦魔副長「大将と戦うなんて、真っ平ごめんだけど」

戦魔副長「おっかしいなー、後ですげえ戦いてぇや…はは」

戦魔将軍「ふん」

魔族っ子「お父さん」

戦魔将軍「魔族っ子…お前は」

魔族っ子「ううん…ここで自分だけ逃げて後悔するなんて真っ平ごめんよ」

魔族っ子「私も戦う!」

戦魔将軍「だが…」

魔族っ子「駄目だよ、それにもしも私に言うことを聞かせたかったら」

魔族っ子「勝ち取って、見てよお父さん」ニコ

戦魔将軍「魔族っ子…!」

魔族っ子幼「おとーさん、わたしもたたかうっ!」

戦魔将軍「魔族っ子幼…」

戦魔将軍「…」スッ(目を閉じる)

魔族っ子「お父さん?」

戦魔将軍「我が魔生でこれほど満ち足りた事があったでござろうか」

戦魔将軍「もういらぬ」

戦魔将軍「もう何も望まぬ…」

戦魔将軍「これでもう…」

魔族っ子「…」

魔族っ子幼「?」

戦魔副長「…」

戦魔兵たち「…」

戦魔将軍「お前たちの気持ちは分かった…」

戦魔将軍「よしいくかお前たち! 魔王軍切っての強者魂を、生き様を…最後の最後まで見せてやれ」

戦魔軍たち「おおおおお!!!」

魔王(だ、駄目だ…この魔族たちは、もうここで死ぬ気なんだ)

魔王(は、早くどうにかしないと)オロオロ

勇者「話終わったー?」

戦魔将軍「応! 待たせて悪かったな!」

勇者「べっつにー? それより盛り上がってるところ悪いけど」

勇者「アタシに何か見せるとか大口叩いてるけど、そんな深い傷を負ってまともに戦えるの?」

戦魔将軍「傷? このかすり傷がどうかしたか?」キズドン!

勇者「あーはいはい、そう言う熱血系ね、臭い臭い」

勇者「メンドクセーから本隊が来るまで、待とうかと思ったけど」

勇者「クセーから、久々に本気でやってもう処理するか…」

魔王「!」

魔王(本格的に戦いが始まっちゃう!)

魔王(戦いが始まったら、もう止める手立ては…!)

魔王(でも僕に何が…)

魔王(~~~~)

戦魔将軍「行くぞ勇者!」

勇者「言われなくてもいくっつーの」

魔王「…! 待ってくださいーーー!!!」

戦魔将軍「むぅ…?」

勇者「はあ?」

魔王「あ…」

魔王「…><」ブルブル

魔王「待って…」

勇者「あ?」

魔王「待ってください! まだ説得中です!」

勇者「何…言ってんだ。説得は、お前が殺されそうになったら終わりだろ」

魔王「殺され…そうですよね?」

魔王「だったらまだ説得を続けても良いはずです」

勇者「は?」

魔王「だって僕全然殺されそうになっていないですもん」

勇者「…は? …は?」

勇者「はあああああ!!?」

勇者「う、嘘ついてんじゃねよ!」

魔王「う、嘘じゃないですよ!」

勇者「だ、だって戦魔の攻撃受けてゲロ吐いてたじゃねーか!」

魔王「あ、あれは…あ、あれだってちっとも痛くなかったですから!」

勇者「ふざけんな! 痛くないのに吐く訳ねーだろ!」

魔王「い、いや、ちょっとここに来るまでの乗り物で酔ってただけですから!」

魔王「痛みで吐いた訳じゃありませんから!」

勇者「乗り物酔いって、はー!? ふざけた屁理屈こいてんじゃねー!」

魔王「と、とにかく全然ダメージ受けてませんから、殺されそうにはなっていません」

魔王「だから説得は続けさせて頂きます!」

勇者「んな!? て、てめこの…」

魔王「と、という事で戦魔将軍さん、もう少し話は続けさせて頂きます!」

戦魔軍たち「ドヨドヨドヨ…」

戦魔兵「何だこのガキ」

戦魔兵「さあ?」

戦魔副長(確か人間が決めた新しい魔王だとかなんとかだっけ…)

戦魔副長(まあそんな事はどうでもいいけど、このタイミングは悪い…)

戦魔副長(下手したら殺されるぞ、あのガキ…)

魔族っ子「あ、あんた…」

魔族っ子幼「にーに?」

魔王「ま、待っててね、きっと戦魔将軍さんは説得して、誰も死ななくてすむようにするから…」

魔王「君が頼んだ通りね」

魔族っ子「い、いや、そうじゃなくて…」

魔王「え?」

戦魔将軍「手加減しすぎたか…」

魔王「え? 今何か…」

魔王「…!」

魔王がそう言った瞬間みぞおちに戦魔将軍の斧の柄の部分がめり込み、そのまま吹き飛ばされる。

魔王 (また…)

戦魔将軍「一応前魔王様のご子息だから、例え人間にへつらう愚の極みをしていても、命を取るまではせんと思っていたが…」」

戦魔将軍「戦士の命を懸けた戦いに、くだらぬ世迷言で邪魔をするとは…」

戦魔将軍「この不作法者がぁぁぁああ!!!」

戦魔将軍「貴様など魔族ですらない! 二度と儂の前にその姿を晒すなぁぁぁああ!!!」

戦魔将軍「早く消え失せんと、今度こそ本当に殺すぞ!!」

魔王「…ぁあなたこそ!!」

戦魔将軍「ぬ!?」

魔王「貴方こそ僕を馬鹿にしないでください…」

戦魔将軍「何だと…?」

魔王「貴方が戦いに命を懸けているように…」

魔王「僕だって貴方を説得するのに命をかけているのです!!」

魔王「そ、それなのに…」

戦魔将軍「…」

魔王「手加減するとか馬鹿にしないでくださいっっっ!!」

魔王「こ、こんな痛くも痒くもない攻撃で、僕を黙らせようなんて…」

魔王「ば馬鹿にしないでください!!」

戦魔副長「あちゃー」

戦魔将軍「痛くも痒くもない…だと」

戦魔将軍「ふふ、ふふふ、ふはははっっっ!!」

戦魔将軍「はははははっっっ!!」

魔王「!?」

戦魔将軍「くくく…確かに手加減しすぎたかも知れんな」

戦魔将軍「良いだろうっっっ!!」くわ!

魔王「う」ビク

戦魔将軍「そんな減らず口が叩けぬよう、今度こそ足腰立たぬくらいの一撃を叩き込んでくれるわっっっ!!!」

戦魔将軍「手加減出来ぬゆえ、死んでも恨むなよ、小僧っっっ!!」

魔族っ子「馬鹿止めろ!」

魔族っ子「あんた本当に殺されるわよ!」

魔王「だ、大丈夫!」

魔族っ子「え?」

魔王「必ず、そのお父さんは説得して、みんな殺されないようにするから」

魔王「安心して!」

魔族っ子「そ、それはもう良いんだ!」

魔族っ子「私はお父さんと死ねればもうそれで」

魔族っ子「それで良いんだから、関係ないあんたまで…」

魔王「良くないよ!」

魔族っ子「!」

魔王「良くないんだ…戦争は終わったのに、何で無駄な血を流す必要があるんだよ…!」

魔王「死ぬためだけに戦うなんて…そんなのおかしいですよ!」

魔王「戦わなければ…戦いを止めれば、みんな死ぬこともなく平和に生きていけるのに」

魔王「僕は戦魔軍のみなさんには死んで欲しくないんだ!」

魔王「こんな…誰かのために簡単に命を投げ出せる」

魔王「そんな暖かい繋がりで結ばれている戦魔軍の皆さんを誰一人として殺させたくない!」

魔王「殺させたくないんだ!」

魔王「…僕は…魔王…だから」

魔王「魔王だから!」キッ

戦魔将軍「…! 小僧…」

魔王「戦魔将軍さん、勝負してください!!」

戦魔将軍「何? 勝負だと」

戦魔将軍「ほう…面白い儂と一対一で戦う気か?」

魔王「違います」

戦魔将軍「何? ならどうやって勝負するというんだ?」

魔王「僕は争いは嫌いです。出来ません」

魔王「だから…貴方の全力の攻撃を受け止めて見せます!」

戦魔将軍「!」

魔王「もしも受け止められたら…僕の言う事を聞いてください!」

戦魔将軍「小僧…」


続く

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます