第7話

「お前らなんぞいらん。帰れ!」


 『シッシッ』と手で追い払うアクションをしながら吐き捨てた。

 こんなものを貰っても困るだけだ。

 信用ならない連中を身近に置くなんて疲れるだけだ。


「我らは御眼鏡にかないませんでしょうか」

「かなうかなわない以前にいらないと言っているの。ああ、そこの激突金髪馬鹿には用があるから置いていって。他の者はさっさと帰って。私を怒らせたくないなら『構わないで』と王に伝えて頂戴!」


 本当にルフタ国王は何を考えているのだろう。

 男をやれば喜ぶと思われているのか?

 実に腹立たしい!

 大体こいつらは何者なんだ。


「待ってください!」


 代表である年長進人族の男とやりとりをしていたのだが、一人の男が間を割って入ってきた。


 雪のような純白の髪に白い肌、瞳は吸い込まれそうなほど透き通った紫水晶。

 種族は進人族か?

 他の種族に見られる特徴が見当たらないのでそうなのだと思うが、纏っている空気が異質だ。

 硝子のように儚いというか。

 見た目は二十歳程で、美男子揃いのこのメンバーの中でも一際目を引く美しさだ。

 執事服より王子様な衣装の方が似合いそうだ。

 そういえば課金くじ引きで引いた中にあったな、王子様チックなのが。

 あれ着せたいなあ。

 神官ぽいものも持ってるがあれも似合いそうだ!


「なんでもします! 殺されてもかまいません! どうか……どうかお側において頂けませんか!」

「え、いや……」


 どうした、白美人。

 縋るような視線で必死に頼まれ、思わず引いてしまった。

 他の連中も唖然とした様子でこちらを見ている。


「どうか……お願いします! やっと……会えぐああっ」


 だから、そこからは入れないんだってば。

 優男と同じ事をするなよ!

 美人の間抜けな姿って何故かせつない。


「ともかく、あんた達は今すぐ立ち去るように! じゃ! よいしょ」


 境界から手を伸ばし、優男の首根っこを捕まえて移動を選択。


「待ってください! お側において頂けるまでここを離れませんから!」


 何の嫌がらせなのそれ。

 聞こえなかったことにして、サニーと少年のもとまで一気に帰った。


 ばびゅーんとな。




※※※




「ただいま」

「ぐええっ」


 到着と同時に、優男を床に放りなげた。

 ぐったりとしている。

 首が絞まっていたようだ。

 ごめん、わざとだ。


「兄さん!」

「ネル! ネ、え? …………ネ……え、ネル?」


 どうした?

 感動の再会と思いきや優男の足が止まり、その場に崩れ落ちた。


「ああぁぁああぁぁ……ネル……私のせいで……身を捧げてしまったんだね……私は、私はなんて愚かな兄なんだ!」


 何なの急に。何スイッチが入ったの。

 残念な兄だとは思っていたが、残念を通り越して危険な兄だったのか。

 心を鬼にして少年と引き離すべきなのかもしれない。


「兄さん?」

「え、ちょ」


 駆け寄った少年を見て、納得。


「少年! あんた、いつまでパンツ一丁なのよ!」

「あっ! 忘れてました」


 『てへっ』とか言っちゃって、可愛くな……抜群に可愛いわ。

 しかし、君がのんびりしていたから、兄が大ダメージを負っているよ。


「あのねえ、手を出したりしてないから」

「じゃあ、なんで裸なんですか!」

「パンツはいてるじゃない。脱いだのはこの子が自分から脱いだのよ」

「そんな馬鹿な」

「あ、本当だよ兄さん」

「あんたを助ける報酬を、私にご奉仕することで……」

「それはもういいじゃないですか!」


 ズボンを穿きながら恥らう美少年。

 ごちそうさま。

 だが君は隙が多すぎるぞ、お姉さんは心配だ。

 それはさておき。


「さて、早速だが報酬を頂こうかな」

「ほ、報酬? ……やはりご奉仕」

「だからそっちじゃない! もうそのネタはいいから! 掃除をして貰うんだよ、この城のね。もちろん、あなたにもやってもらうからね?」

「掃除ですか? やりますけど……そんなことでいいんですか?」

「いいの。でも、手抜きは許さないから」


 それはもう、小姑のようにチェックしてやる。

 城は広いから思っているよりきついぞ。

 さあ、馬車馬のように働くがいい!


 『(ルームアイテム):掃除道具ロッカー ★3』を取り出す。

 各所に設置しているが、どうせなら新品を使ってもうらおう。


「今のは……ど、どこから……」

「ここに掃除道具が入ってるから。ぴかぴかにしてね」

「あ……はい!」


 急に現れたロッカーを見て呆気にとられていたが、すぐに立ち直ったようだ。

 少年は眩しい笑顔と気持ちの良い返事をし、兄を引き連れ城廻りお掃除ツアーへと旅立った。

 あ、優男に一緒に来ていた連中のことや、こうなった経緯やらを聞いておけばよかった。

 まあいい、後で聞くとしよう。


「サニー。一応、気をつけといて」

「かしこまりました」


 敵意はないようだから大丈夫だと思うが念のためだ。

 サニーがついているなら心配ない。


「貴様! 懐の物をだしてみろ! それは城の備品ではないのか!?」

「あ、え、っと…ちょっと見ていただけで、素晴らしい品ですね!」

「兄さん、僕は恥ずかしいよ……」

「ネル、違うんだ! あっ、従者様! お許しください! あああ!」


 遠くから賑やかな声が聞こえる。

 ずいぶんと楽しそうじゃないか。


 混ざりに行きたい気はするが、私は放置してきた連中を地図で確認してみよう。

 反応は四つ。

 まだいるし。記号は『○』が一つに『△』が一つ、そして『×』が二つだ。


 さっきの白美人は『○』だろうか。

 いや、案外『×』かもしれない。

 いずれにしても注意するに越したことはない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます