第6話

「マイロード、ご所望の品です」

「サニー、あのねえ……」


 尻尾を振って『褒めて褒めて!』な目をしても駄目だ。

 何ということを仕出かしてくれたのだ!


 いや、私は本気で止めようとしたら止める事が出来たはずだ。

 『面倒だからまあいいか、気のせいかもしれない』と思ってしまい、動かなかった私が悪い。


「ねえ、少年」


 私が声をかけると少年はビクッと身を縮め、恐る恐るこちらを見た。

 ふむ、確かに進人族の『金髪碧眼美少年』だ。

 私とサニーよりも背は低く、まだ幼さの残る顔つきをしている。

 十四、五歳といったところか。


「……ん?」


 あれ……どこかで見たことある?

 整った顔立ちに、誰かの面影が見えた気がしたが……気のせいか?


 確認するため近づいて顔を寄せると、少年は見て分かる程ガタガタと震え出した。

 そんなに怖がらなくても……生まれたての小鹿か!

 どれだけ私が怖いのだ、ちょっと傷ついちゃうじゃないか。

 あ、そうか。

 角をやこの姿を見て、『クイーンハーロット』だと思っているのか。

 世間で『災悪』と呼ばれている者に拉致されたら怯えるのはしかたないか。


「大丈夫、捕って食ったりしないから。まあ、お茶でも飲みなさいな。サニー、ロープ取ってあげて」


 私の言葉を聞いて、怯えていた少年の表情が変わった。

 分けが分からないという視線をこちらに向けている。


「よろしいのですか? 逃亡する恐れがありますが」

「構わないさ」

「マイロードのお心遣いに感謝しろ。妙な動きをしたら始末するからな」


 サニーの声を聞いて、再び丸まって怯える少年。

 こら、小鹿を虐めるんじゃありません。


「脅さないの! ごめんなさいね、手荒な真似をしてしまって」


 縄を解かれた姿を見ると、相当暴れたようでいたるところにロープの擦り傷が出来ていた。

 回復魔法をかけ、私の前の席に座るように促した。

 少年は傷が治ったことに驚きつつもとぼとぼと歩き出し、席についた。

 座ったのを確認して、目が合ったところで宣言した。


「君をすぐに解放しよう」

「え」「えっ」


 サニーと少年の声がハモった。

 サニー、『そんな馬鹿な……』と言いたげな驚愕の表情をしているが、馬鹿なことをしたのは君だから。

 私も共犯のようなものだけど。


「ちょっとした手違いでね。君には申し訳なかった。すぐに元のところに送り届けるから」


 怯えないよう、出来るだけ穏やかに語りかけた。

 出来るだけ大事にしたくない。

 戻った後も黙っていて貰いたい、という腹積もりもあるし。


「貴方は……」

「うん?」


 てっきり喜んで貰えると思っていたのだが、少年は複雑そうな顔をしていた。

 怯えながらも、話したいことがある様子だ。


「貴方は、クイーンハーロット……様、ですよね」

「違うし!」


 高速否定した。

 そう思われていることは察していたが、そうかと問われれば全力で否定するのみだ。


「でも、その角とか、お姿とか、このお城とか……」

「そう呼ばれてるのは私だけど、私は違うし」

「ええ?」


 意味が分からないようで、眉間に皺を寄せて混乱していた。

 そうだろう、そうだろう。

 私もよく分からないの。


 それにしてもこの子、一応落ち着いた喋り方出来るんだなあ。

 怯えているからか?

 私の姿を見るまでは随分口が悪かった。

 そんなことより、流れから察するに『クイーンハーロット』に何か用があるのだろう。


「で、クイーンハーロットだとしたら、何か用なの?」

「あ…………はい」


 少し迷いを見せていたが、意を決した様で少年は真っ直ぐにこちらを見据え、口を開いた。


「兄を…兄を助けてください!」

「はい?」


 特に何を言われるか予想していたわけではないが、全く考えもしない方向の話で間抜けな声を出してしまった。

 気の抜けた私に相反して、少年の方は必死だ。


「兄を……どうか、兄を許してやって欲しいんです! クイーンハーロット様の怒りを買ったことで処刑されることになって!」

「ん? どういうこと?」


 処刑だなんて穏やかじゃない単語が出てきた。

 余計に意味が分からない。


「金杯の贋作なんかを売りさばいていた兄が悪いのです。それを知ったクイーンハーロット様が怒り、不浄の森を出たと。そのことの責任を取りるため、兄は処刑されることになったのです……」


 金杯の贋作……最近目にしたなあ?

 確かこの手で握りつぶしたはずだ。

 あの一連の出来事は、今思い出しても胸糞悪い。

 確かクロスホライズンの露店で……って。

 あれのこと?


「ちょっと待って、君の兄って……クロスホライズンで露店してた?」

「はい」


 ああ……被害者面したあの優男!

 あいつの弟か!

 そうか、それで見たことがあると思ったのか。

 確かに数年経てばほぼ同じ姿形になりそうな程似ている。

 見つめていると苛々してくるぐらいに!


 それにしても……なんでそんな『処刑』なんてことになっているんだ?


「なんでそんなことになっているの? 私はただ、買い物をしに出ただけなのだけど」

「そ、そうなのですか? 僕も詳しくは分かりませんが……噂ではクイーンハーロット様がルフタを滅ぼそうと狙っているとか。クロスホライズンに現れ、不敵な笑みを浮かべ『破滅の宣告』をしたと。そのきっかけを作ってしまった兄は、国を危機に陥れた罪に問われたと聞いています」


 不敵な笑み?

 ……ああ、クロスホライズンから帰る時に気まずくなって何故か出てきた『ご機嫌よう』のこと?

 ちょっと優雅ぶって立ち去っただけなのになんでそうなるんだ!

 『破滅の宣告』って何?

 理解できない……解せぬ!


 それはそれとして、優男が連れて行かれたのは私のせいなのか?

 違うだろう。

 あんな阿漕な商売をしていたのが悪い、自業自得じゃないか。


「冷たいことを言うけれど……私が助ける義理はないんじゃない?」

「分かってます……でももう、クイーンハーロット様にお願いするしか……! 兄は馬鹿だし、どうしようもない守銭奴だけどたった一人の家族なんです。お金は無いけど……僕に出来ることならなんでもします!」

「うーん……」


 恐らくこの子は、嘘は言っていないだろう。

 話していることは事実で兄への想いも本物だろう。

 家族愛を訴えられ、手を貸してやりたい気持ちも湧いてはくるが……。


「そう言われてもねえ。お金なんていらないし、君に望むことも何も無い。逆に君は何が出来るの?」

「それは……」


 私に問われ、少年は口を噤んだ。

 必死に思考を巡らせている様だが思い当たるものはないらしい。


「体で払って貰えば良いのでは?」


 少年の言葉を待っていたのだが、待ちきれなくなったのかサニーが口を挟んだ。

 身体で……労働か。

 畑仕事は私が好きでやっているんだし、必要ない。

 でも……そうだなあ、城の掃除?

 部屋数が多く広さもあるため、結構大変ではある。


「それはありかもしれない」

「!!!!」


 私達のやりとりを聞いた少年の顔が急に強張った。

 それに赤い、耳まで真っ赤だ。

 どうしたというのだ。

 そんなに肉体労働は嫌なのだろうか。


「……っ。わ、分かりました……! 僕も男だ!」


 そう呟くと拳を握り締め、勢いよく立ち上がった。

 意を決したような気迫を見せ、服を脱ぎす少年。

 白い綺麗な肌が見え、眼福だ。

 華奢でいい。

 実に好みだ。

 前の世界で好きだった、少年アイドルグループを思い出した。

 いいぞ、もっとやれ!

 ほうほう、この世界の少年はボクサータイプの黒パンツを穿くのか。


 ……ってそろそろ止めなければまずいか。


「何故脱ぐ!」

「経験が無いので上手に出来ないかもしれませんが頑張ります!」

「何をだ! 違うから! そっちの『体で払う』じゃなくて『肉体労働』でって意味」

「えっ」

「そうなのですか?」


 やはり意味を勘違いしていたな?

 まあ、『大淫婦』なんて言われているものと間違われている私を前にすると、そっちの思考に寄ってしまうのは分かるが。

 驚いた少年はともかく……サニーよ。

 君までそっちの意味で言ってたの?

 この一連のやり取りの中で一番の驚きなのだけど!


 「はあ」と溜息をついた私の目の前では、勘違いしたことが恥ずかしいようで美少年が更に赤くなっていた。

 ほぼ裸だから、白い肌が赤くなっているのがよく見える。

 一部の人が鼻息を荒くして喜びそうな光景だなあ。


「にっ、肉体労働とは何をすれば……」

「城の掃除ね」

「え、そんなことでいいんですか? やりますいくらでも! やったら兄を助けてくれるんですよね!」

「助けるって言ったってねえ。処刑されるんでしょ? いつ、どこで?」

「噂でそう聞いただけで…。確認しようとあちこち走り回ってたら、そこの人にここに連れてこられました。兄が連れて行かれたのはアルダメリアみたいですけど……」


 『アルダメリア』は、クロスホライズンの北側を統治しているルフタ王国の王都だ。

 王都に連れて行かれたのなら本当に処刑もありえる。

 連れて行かれそうなところを探せば見つかるだろうか。

 見つけたとしても、強行して連れてきたらまた余計な憶測が飛びそうだ。

 処刑されたと思わせといて、連れてくるのがベストかな?

 いや、そもそも処刑自体が決定事項かどうか分からないんだった。


「まずは情報収集、確認かな。処刑がもう終わってたりしてね」

「笑えますね」

「そんな……」


 サニーよ、笑えないから。

 ちょっと意地悪言った私が悪いけど。

 ほら、少年が絶望してるよ。


「処刑なんてそんなにすぐにするもんでもないでしょ。まあ、早速探してみよう。少年、兄の名前と年齢を教えて頂戴」


 ステータス画面から『キャラクター検索』を開く。


 これはユーザーやNPCを検索すると、検索されたユーザーのステータスや位置情報を見ることができる。

 検索項目は名前、年齢、性別、種族がメイン項目としてある。

 その他にも、役職や武器等の項目があるがとりあえずメイン項目だけで検索してみよう。


「兄はユミルといいます。今、五十四です」

「え……ご、五十四!?」

「え、はい……」


 あの優男が!?

 若作りが過ぎるぞ!

 ……ってそうか。

 進人族は普通の人間である旧人族の倍の寿命で、老化もその分遅い。

 私の感覚でいうと半分の二十七歳といったところか。

 うん、妥当かな。


 ちなみにサニーは進人族だが、一緒にいた約二百年間全く老けていない。

 サポートキャラだから特別仕様なのかもしれない。

 とりあえず今は少年の兄の居場所だ。

 『ユミル・五十四・男性・進人族』で検索。


 【検索結果・一件】


 一発で出た。

 ちょろい。

 内容を確認してみる。


 ***


 ★ユミル(進人族) レベル十 商人 (フレイヤ高原)


 ▼


 ***


 『▼』はプルダウンになっていてステータスを見ることが出来る。

 今はどうでもいいので放っておこう。

 優男の居場所が分かった。

 あれ、近い。

 フレイヤ高原は私の領土と隣接している場所だ。


「フレイヤ高原にいるんだけど……」

「ええ!? ここって不浄の森ですよね? だったら目の前じゃないですか! 僕、行ってきます!」

「ちょい待ち!」


 飛び出そうとした美少年の手を掴んで止めた。

 怪しいでしょ、どう考えても。

 処刑されると噂の人が私の領域の近くに来てるなんて。

 ここはテルミヌス大陸の最西端で偶然通りがかるようなところでもなければ、一人で来れるようなところでもない。

 私の嫌な予感レーダーはびんびんに反応している。


「私が様子を見てくる。二人はここで大人しく待機」

「マイロード、私が見てきましょう」

「僕も行きます!」

「いや、自分で確認してきたいから。少年はお留守番。サニー、後はよろしく」

「かしこまりました」

「じゃあ、行ってくる」


 移動先リストから、自分の領土内で一番フレイヤ高原に近いポイントに飛んだ。

 自分の領土はルームロックをしている状態なので、私が許可した者以外は絶対に入れないのでとりあえず安全だ。

 重ねて言うが、領土がルーム扱いなのは気にしたら負けだ。


 安全を確保したところで、フレイヤ高原周辺の地図画面を開く。

 すぐ近くで生体反応がある。


 数は五つで表示記号は『△』。

 これは敵でも味方でもないということを表している。

 敵意がないなら、近づいても大丈夫だろうか。

 いや、怖いから私は領土から出ないようにして、境界のところまで来て頂こう。


 地図の△五つを選択し、『コール』を選択。

 これは対象に話しかけられる電話のようなものだ。

 相手側もコールが出来ないと会話が出来ないので、一方的になってしまうのが不便だ。

 だが今は自分の言いたいことを伝えることが出来れば十分だ。


「そこで何をしているのかしら? そのまま西に進んだ先にある『不浄の森』までご招待したいのだけれど来て頂けます? お待ちしております」


 返事を貰えないのでどうなるか分からないが、とりあえず待ってみよう。

 再び地図を見ると記号が『×』に変わった。

 これは敵意を表している。

 思い切り警戒されたようだ。

 仕方ない、当然だよね……って、ええ?

 一つ『〇』がある。

 丸は敵意が無い、味方であることを示している。

 何故だ、おかしい……不浄の森に来いと突然話しかけられて味方になるなんて。

 知り合いでもないようだし、わけが分からない。

 変な奴がいるのかも……。


 地図を見守っていると、五つの記号はは移動を始めた。

 結構移動速度が速い。

 移動中記号が×になったり、△になったりしている人がいたりする。

 疑心暗鬼中、といったところか。


 暫くすると空に大きな鳥のシルエットが見え出した。

 ジャターユだ。

 五人はどうやらあれに乗っているようだ。

 ジャターユといえば『鳥の王』と言われていて高位の魔物なのだが、ああやって乗れるんだなあ。

 今度挑戦してみよう。


 そんなことを考えている間に一行は目の前に到着していた。

 ジャターユが身を低くすると、五つの記号の正体が降りてきた。

 種族は進人族、獣人族、エルフとばらばらだが、全員男だ。

 それも異様なくらいの美男子揃いだ。


 その中に……いた。

 例の優男ことユミル、少年の兄だ。

 二度と会うことはないと思っていたのに、こんなところで再会することになるとは。

 少しげっそりした気がするが兄が生きてて良かったなあ、少年よ。


 しかし、とりあえず真っ先に一つだけどうしてもツッコミたいことがある。

 何故全員『執事服』なのだ!

 ジュターユから降りてくる美形執事集団に嫌な眩暈がした。


「クイーンハーロット様!」


 少年の兄、ユミルが私に駆け寄ってくる……が。


――ゴオオオン


「はうあああっ!?」


 見えない壁に激突し、馬鹿が吹っ飛んだ。

 そこからは領地との境界線だから入れないんだよ………言わないけど。

 他の連中は、その様子を唖然とした様子で見ていた。

 急に一人で吹っ飛んだように見えたのだから、そりゃそうか。


「無闇に近づかないで頂戴」


 優男は見た目だけは良いのに、どうしてこんなに残念なのだろう。

 少年にはこうはならないで貰いたいものである。


「重ね重ね、ご無礼をお許しください」


 他四人のうち、年長と思われる進人族の男性が一歩前に出て優雅に一礼した。

 私の感覚で言うと、四十代くらいのダンディなオジサマだ。

 後ろに流して整えた黒髪と、ビシッと着こなした執事服はエリートの空気を醸し出している。

 五人を代表して口を開いているような素振りから、彼が責任者なのだろうと感じた。


「こんなところに何用? まさか、観光にきたわけではないでしょう?」

「ええ、もちろん。クイーンハーロット様にルフタ王国からの贈り物をお届けに参りました」

「ルフタから? 贈り物?」

「そうです。お詫びの品、というべきでしょうか。ルフタ国民が無礼を働いたということで、お怒りを静めて頂ければと……」


 エリート執事はちらりと優男を見た。

 私もそれにつられ、視線を向けた。

 優男は激突の痛みで蹲っていたが私達の視線に気づくと体裁を整え、深々と頭を下げた。

 ……はあ、そういうことか。

 なんというか……お詫びだなんてある意味律儀で感心するが。


「で、その品というのは?」


 見る限り彼らは手ぶらだ。

 何も持っていない。

 そこで気がついた。

 彼らの服装……。

 まさか……。


 目の前のエリート執事は、にっこりと笑顔を浮かべて言い放った。


「我等五人が献上の品です」


 くらっ


 ああ、眩暈がする……嫌な予感がしたと思ったらこれだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます