第5話

 黒曜石が敷き詰められた部屋の中心には長方形に組まれた畳が六枚。

 畳の脇には『カコン』と気味の良い音を立てる鹿威しと、龍と虎が描かれた金色の屏風。

 畳と扉の間には、通路のように鉛色の飛び石が敷かれている。

 ここは城の一角にある和室だ。

 と言っても無理やり作った即席の和室である。


 和室で寛ぎたくなり、ルームテーマを『(ルームテーマ):日出国 ★5』に変えたところ、城がしゃちほこ付きの名古屋城のようになってしまったため、ルームテーマで和室を作るのは諦めて簡単に作ったのがここである。

 それでも凄く和むので、たまにこの部屋でこうやってごろごろするのだ。

 ちゃんと衣装も『(衣装)アルテミスミコドレス ★4』という、月の紋章が入った紫の袴を着ている。

 畳の中心にはちゃぶ台、その上には緑茶と煎餅。最高だ。


「マイロード、この『センベイ』なる菓子は口内にダメージを負います。攻撃力が高い上、防御力も高いようです」

「それはまだまだ修行が足りないということだよ。サニー」


 サニーは私の言葉を聞くと目を見開き、青天の霹靂といった様子で煎餅を見つめた。

 可愛い。

 私は寝仏のように寝転がりながらバリバリと煎餅を食べつつ、サニーを見ている。


「私が未熟でした。流石です、マイロード」


 『修行あるのみです』、と呟きながらバリバリ煎餅を食べ進める姿に癒される。

 さすが私の相棒。

 あ、歯茎に刺さったな。

 痛そうだ。

 そんな穏やかで幸せな時間を送りつつ……今日も暇だ。


「さあて、何しようかねえ」

「ご趣味の方は?」

「畑も終わったし、時間が余っちゃってさあ。サニーは何かしたいことある?」


 と、聞いても返事は分かってるけど。


「私はマイロードのお手伝いやお供をさせて頂くのが何よりも喜びです」


 ですよね。

 そう言ってもらえるのは嬉しいが、たまにはサニーのワガママなんかも聞いてみたいものである。


「サニーはさあ、退屈になったりしないの? 私と二人で」

「なりません」


 即答か。可愛い、抱きしめたい。


「んー……でも他の誰かと喋りたいなあとか、彼氏欲しいなあとか思わないの?」

「思いません。皆無です」


 またまた即答だ。

 抱きしめることが決定したが、やっぱりサニーの意思を感じたいというか、私以外のことにも興味を持って欲しい。

 サポートキャラだからなのかなあ。

 恋愛感情とかもないのだろうか。

 慕ってくれるのは嬉しいけれど、私がサニーの自由を縛っているようで心苦しい。

 一人の『人間』、『女性』として生きて欲しいと思うのだけれど……。


「マイロード」

「うん?」

「……マイロードは思うのでしょうか。私以外の者がいれば良いと」

「えっ」


 サニーを見れば心無しか、しゅんと肩を落としているように見える。

 まるで耳と尻尾の垂れた子犬だ、あの勇ましいサニーが!

 きゅうん。

 ……やだ、この子本当に可愛い!


「賑やかなのが恋しくなる時があるけど、サニーがいるから平気! サニーがいればいいわ!」


 頭を撫でてやると黙ったままだったが、喜んでいることが空気で分かった。

 なんという癒し、主を萌えさせる機能まで搭載されているとは恐ろしい。


「……そういえば、マイロード」

「何?」


 すっかり元の調子に戻ったサニーが背筋を正し、尋ねてきた。


「以前、私の後輩を召抱える準備があったとお聞きしましたが」

「んー? ああ、あったね」


 私のレベルがカンストした時に、更にサポートキャラを一体作れるようになったのだがサニーで十分だし、手をつけないままになっていた。

 どういう風な子にしようかは頭の中で決めていた。


「金髪碧眼のツンデレ美少年の予定だったんだよ」


 完全に私の趣味だ。

 と言ってもリアルでの趣味ではない。

 二次元での趣味だ。

 自己申告だが信じて欲しい。

 マンガやゲームでは金髪美少年を気に入ることが多かった。


「呼んでおけば良かったかなあ。サニーも楽になっただろうし、後輩が出来て楽しかったかもしれないのにねえ」


 真面目に厳しく後輩を指導するサニーの姿が目に浮かぶ。

 後輩というより、『弟』と言った方がいいかな。

 麗しき姉に美少年の弟だなんて、私の心が潤う。


 それに、弟の方がサニーに家族が出来たようで嬉しい。

 私とサニーも家族だけど、私以外の誰かとの繋がりをあげたい。


 そんな事を考えていると、サニーが無駄のない動作で立ち上がった。


「……心得ました。お任せを」


 表情は真剣だ。

 胸に手を当て一礼し、凛々しい顔をしてサニーは出て行った。


「え?」


 何が?

 優雅な振る舞いについ見とれてしまったけど、何を心得たの?

 嫌な予感しかしない、冷たい汗が首筋を流れた。


「まさか…………嘘でしょ? サニイイイイカムバアアアアアック!」


 城に虚しい私の雄叫びが木霊した。




※※※




「マイロード、帰還いたしました」


 嫌な汗をかき続け、げっそりとした私の前に甲冑美女が颯爽と現れた。

 一週間後ぶりの帰還だ……長かった。


 手には戦利品。

 いや、『品』ではない。

 やっぱり……やっぱりか……やりたがった!


「くっ! 離せ! 僕をどうする気だ! 人攫いクソ女!」


 ロープでぐるぐる巻きにした、金髪碧眼の美少年を誇らしげに携えていたサニーのどや顔はやたら眩しかった。


 やっちゃったよ……とうとう私、犯罪者だよ……。


 ああ、頭が痛い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます