第4話

 私とサニーが身を任せていた人の波が中心部まで辿りついた。

 この一帯は道幅が広く、両側に白い布を張ったテントの露店が並んでいる。

 昼過ぎの賑わい刻とあり人の数も多く賑やかだ。

 そんな中とある露店の一つ、主に骨董品を扱っている土産物屋でちょっとした騒動が起きた。


「なんでこの金色に塗っただけのコップが五十万ライルもするの? どんな高価な土で出来ているの」


 ちなみに騒動の渦中にいるのは私だ。

 コップを手に取りにっこりと微笑み、額に青筋を浮かべながら店主に詰め寄った。


 ライルとはこの世界でのお金で、一円一ライル。

 つまりこのど派手なだけの安そうなコップは五十万円というわけだ。

 道沿いの露店が、こんな高級店だとは思わなかったなあ?


「何を仰るお嬢さん、これは貴重な黄金の杯ですよ」


 この見た目だけはやたら良い店主の笑顔が余計に私を苛つかせる。

 艶のある長い金色の髪は後ろで一つに束ねてある。

 切り取って売り飛ばしたらこのふざけたコップよりは良い金になるだろう。

 日差しが降り注ぐ露天の店主とは思えない肌の白さと美しさが異様に見えた。

 背は高いが線は細く、上品なご令嬢方に好かれそうな優男だ。

 だが、私は生憎ご令嬢ではないので、いくら見目のよい優男でも容赦はしない。


「それ、本気で言っているの?」


 薄らと浮かべていた微笑みも消え、真顔で店主に詰め寄った。


「もちろん! これはかの勇者が奇跡的に持ち帰ったとされる杯で……」

「なんでそんなものがここで売ってんのよ」


 こんな露店で勇者が持ち帰ったなんて国宝になりそうなものを売っているはずがない。

 ありえないのにしらっとホラを吹く勇気は認めてもいいかもしれない。


「うん?」


 文句を言っていると視線を感じたので周りを見ると……この優男のファンなのか、身なりの良いご婦人方が迷惑そうに私を見ていた。

 見世物じゃないぞ。


 更に苛々が増した私に、店主はまだ馬鹿な説明を続ける。


「そ、それはとあるルートから奇跡的に……」

「奇跡起きすぎ。大体本物だったらそんな値段じゃないでしょう」


 奇跡的に持ち帰り、奇跡的にここに売られることに……ってどんな確率だよ。


「お美しいお客様に特別にお譲りしたく……」


 奇跡の次は媚びか。

 ……一番腹が立つタイプだな。


「最初からこの値段がついてたようだけど?」

「それは……その……」

「くだらん。ふんっ」

「ああああああああ!?」


 黄金の杯を林檎のように握り潰す。

 簡単にぱりぱりと割れて崩れた。

 やはりただの陶器に金箔を貼っただけだ。

 造りが安すぎる。

 ぼったくるにしてももう少しマシな物が用意出来なかったのだろうか。


「ああ、ごめん。金色のコップ割っちゃった。弁償するわ。で、いくらなの?」

「え、えっ営業妨害だ!」

「え!? 何!? 詐欺商売の妨害しちゃった!? ごめんねえ!」

「そんな大声でっ…もう、もう! 勘弁してくださいっ」


 騒ぎを耳にして周囲もこちらを気にし始めた。

 もうここでは商売出来ないだろう。

 下らないことしやがって。


 まあ……この優男も運がなかったのだ。

 偶然私が通らなければ……『あの言葉』さえ耳に入らなければ、ただのよくあるぼったくりとしてスルーしてやったのだから。

 この優男が声高らかに語っていた呼び込みの言葉、それは――。


『こちらはなんとクイーンハーロットの穢れた金杯! 勇者アークが7人の美しい男に跨った大淫婦クイーンハーロットとの死闘の末、奇跡的に持ち帰った一品だよ!』


 ――ズサーッ


 私は見事に転んだ。


 『マイロード!?』


 サニーも目を剥く、コントの王を決める大舞台に出ても問題無いレベルのスライディングを魅せた。


 突っ込みどころが多すぎる!

 どうやって七人の男に跨るのだ。

 組体操でもやればいいのか。

 『ピラミッド!』とか言って!


 私はクイーンハーロットと言われているだけでクイーンハーロットではない。

 こんなことを聞いても関係ないといえばないのだが、こいつは妙に癇に障ってしまった。


「こちらですわ!」

「ん?」


 周り騒がしいと思ったら、詐欺優男のファンと思わしきご婦人の一人が警備兵を引き連れてこちらにやって来る。

 優男に何かとんでもない物を買わされていたのだろうか。


 ちょうどいい。

 この阿呆を引き渡してしまおう。

 そう思い、警備兵の到着を待ち構えたのだが……。


「言いがかりをつけて暴れているというのはお前か!」


 警備兵が『私』を取り囲んだ。


 ……ん?

 あれ、私?


「はい?」


 どういうことなの?

 間違えていますよ、貴方達。

 捕まえなきゃいけないのはこの金髪優男でしょう?


「言いがかりをつけて、商品を壊して暴れましたのよ!」


 取り巻きのご婦人方が口を揃えて『乱暴』やら『捕まえろ』やら『品がない』やら喚いている。

 優男は保護されるように警備兵の後ろに隠された。

 怯えているような、迷惑そうな顔をしている。

 まるで『被害者』だ。


 ああ、捕まえるのは『私』で間違っていないのね。

 そういうことですか。


 頭が痛い。

 ちらりと周りの露天を構えている商人達を見た。

 彼らはこちらを見ず、関わらないようにしていた。

 興味がある様子の輩もいるが、彼らはどちらかといえばご婦人方に乗るようだ。


 ……なるほど、同業者か。

 奴らは運命共同体。

 ここでは詐欺など当たり前なのだ。

 いや、詐欺とも認識されていない。

 偽物か本物かどうかなんて関係無く、買うか買わないかだけなのだ。

 買わないでグダグダ言っている私の方が迷惑な存在なのだろう。

 確かにこの通りは雑然としていて、ちゃんと店を構えた店舗が並ぶ通りより胡散臭く見える。

 私が野暮なのか。

 ああ……普段通りスルーすれば良かったなあ。


「マイロード、始末しますか?」

「やめなさいって。興醒めだ。帰る」


 私はサニーの肩に手をぽんと置き、帰ることを告げた。


「待て! 逃がすか!」


 私が去ろうとしている気配を察知した警備兵が斬りかかってきたがレベルは低いようで、剣速は欠伸が出そうなほど遅く、軽く頭を傾けてかわすだけで済んだ。

 だが……。


 ――しまった。

 頭を動かした拍子にフードが取れてしまった。


「ひっ」


 警備兵を引き連れてきたご婦人が短い悲鳴を上げた。

 私の角が露になるとあれだけ騒がしかった辺りが静まり、場が凍った。


『クイーンハーロットだ』


「……っ」


 コソコソ、と怯えるように話す声が聞こえる。

 気配を消しながら、逃げるように立ち去っている姿も見えた。


 ええっと、なんですかこの罰ゲーム!

 居た堪れない。

 クイーンハーロットじゃないのに……。

 私を取り囲む冷たい視線、嫌悪に満ちた空気。

 泣いてもいい?


 帰ろう……やっていられない……帰ってお茶を飲もう!


「……御機嫌よう!」


 人に受け入れられない淋しさと気まずさで焦った私は、何故か優雅ぶって退場。


 そして一瞬で見慣れた景色に戻ったのだった。


「はあ……悲しい……」


 下がったテンションと同じように体をソファに沈めた。

 気分転換にならなかった。

 嫌な思いをしただけだった。

 しかも……あの去り際の立ち振る舞い。

 何キャラなの、自分。

 何処を目指すの、自分。

 でもまあ、違和感無く立ち去れた気がするからいいかな。


「よろしかったのですか?」


 膝を折り、私に視線を合わせながら尋ねてくるサニー。

 凛々しい瞳を鋭く尖らせ、ピリピリとした空気を放っている。


「何が?」

「不愉快でした。今から戻って殲滅してきましょうか?」

「放っておきましょう」


 サニーは不満そうだ。


「……仰せのままに」


 渋々納得、といった様子で下がった。

 感謝を込めて頭を撫でると気が済んだようで空気が柔らかくなった。

 私の為に怒ってくれてのだ、可愛い奴め。


「ありがとうね。お茶にしましょう」

「御意」


 結局、買い物は出来なかった。

 もっと外の空気を吸いたかったなあ。

 でももう、暫く商都には行かないぞ!




 ※※※




 『おい、聞いたか。クイーンハーロットが金杯を取り戻しに来たらしいぞ』

 『とうとうクイーンハーロットが森を出て動き始めたようだ』


 商都クロスホライズンには衝撃が走っていた。


 まず、商都を覆っていた結界がいとも簡単に破られていた。

 商都を共有する二国『ルフタ王国』『マクリル』が精鋭を集め、共同で開発した最高傑作であるはずの結界魔法が、だ。

 しかも、恐らく『一瞬』で。

 各国最高の魔法使いが長い長い詠唱を唱えてでも破れるかどうか分からないものが、気づかないうちに無残に破り捨てられていたのだ。

 何が起こったのかと騒然となっていたところに恐るべき一方が入った。


 商都内にあの『クイーンハーロット』が現れた、と。

 俄かには信じがたいが、クイーンハーロットと思われる『それ』は兵に囲まれた中、忽然と姿を消したということだった。

 『瞬間移動』で。


 再び衝撃が走った。

 『瞬間移動』、それは人が使うことは『不可能』とされている超高等魔法だ。

 緻密に座標計算を計算し、移動距離によって変わる必要魔力量を狂い無く正確に消費することが求められるため、固定し、設定した『装置』でないと無理なのだ。

 設定しなくも瞬間移動を『実行する』ということは出来るのだが、全てが正確でないと目的地ではなく知らないところへ飛ばされてしまったり、『体の一部を置いていく』なんということが起きるため、人の匙加減で思いのままに使用するのは事実上不可能とされている。

 失敗するのが当たり前で高リスク、だから誰も使わない、それが瞬間移動だ。

 それを躊躇無く使った。


 間違いなく『クイーンハーロット』だ。

 誰もがそう思った。

 結界を破ったのもクイーンハーロットだろう、そう理解された。


 『クイーンハーロットが森を出た』


 その衝撃は強国であるルフタを通して世界中に広がった。

 そしてそのクイーンハーロットが、去り際に妖しげに微笑んでいたということも――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます