誰かに伝えたい何かがある

作者 美織

3

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

こう書いてしまうと語弊があると存じますが、大変興味深く、そして読み物として面白く読ませて頂きました。

自身の汚い所も書いておられ、少々驚きました。この手の話を聞く際は、必ずと言っていいほど「自身の正当化」が測られているものです。
それなのに「気に食わない相手を無視する」という、ある種のイジメのようなものを決行する事さえも、包み隠さず描いてくれて、何故だか感謝の気持ちが湧きました。

何故、嫌な気持ちにさせられるのでしょうね。そして、その時に湧いた思いや、自分が体験してきた経験は、何故、恥ずかしいと思ってしまうのでしょうね。
そして何故、何も気にせず自由奔放に振る舞う人は、相手の事を考えずに、何度でも人を嫌な気持ちにするのでしょうね。
理解に苦しみます。そして何故、こちら側が苦しまなければならないのか……と、またジレンマを感じてしまいます。

嫌な事をされた時に湧いた想いや感情で、自身が汚されたような気持ちになってしまいます。
出来る事なら純粋で居たかったと、この年になってしみじみと、思ってしまいます。
美織様はまだそういったように感じないかも知れませんが、過去の経験は、根深いです。大人になっても、付き合い続けなければなりません……。
これからの人生、過去の嫌な事を打ち消すほどの素晴らしい出来事が、美織様に起こる事を、願っております。