今日のお話は・・・

アレサ「 ソーラーさん 以上でC言語の基礎事項の解説は


おおよそ行われました。」


ソーラー「えっ もう おわり?」


アレサ「はい いよいよ シューティングゲーム作製にとりかかるところまで


きましたの。」


ソーラー「な、なんか・・・・・


え? そうなの?


いつのまにやら こんなところまで・・・


いやあ・・・


いがいと はやく C言語基礎編はおわったね。」


アレサ「はい 


C言語にかぎらず


どの分野の


学習においても


絵でも

音楽でも


学習量が多いようでも


毎日すこしづつでも


遊びながらでも


知識、技術の習得は


     

         🌞実はかなりの速さで達成されるものなのですの🌞




ソーラー「 そなのか~ 」


アレサ「 みなさまが


それぞれ 学習されておられる分野におかれましても


すこしづつでも


すすんで行かれるならば そんなに 難しいこともなく


かなりの成果をあげられると おもわれます。


・・・


ソーラーさん 今日も大変暑くなってきました。


ほら、みてください


窓の外に・・・。


この眩しい輝きは・・・


精霊さんがいっぱい集まっています!!。」


ソーラー「あちゃ~~ 今日は これまた 大量 だね~~~


ちょっと ちょっと 表にでてみない アレサ?😊」


アレサ「はいっ ソーラーさん😊」



楽しい予感に


二人で家のドアを オープンすると


そこには・・・













          



 

          たくさんの精霊や妖精さんたちが・・・・

          















 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

ソーラー「k、これえは・・・」

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

ソーラー「こ、こんなにたくさんの精霊、妖精が・・・」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン

アレサ「 これは いったい・・・・」

🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

アレサ 「ま、眩しい・・・ものすごい数の精霊さんです。

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

どうなされたのでしょうか」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

ソーラー「 わはは わ~お こりゃ いいや」

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

アレサ 「精霊さんたちが こんなに親しげに・・・」

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

ソーラー 「いい気分だね アレサ」

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

アレサ 「今日は  みんなで遊びにこられたのかしら・・・」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン


🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

ソーラー 「はは、やあ、妖精君 どうしたんだい?」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

アレサ 「わわ・・・暖かい・・・」

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン


🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン


🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

ソーラー 「え~と ふんふん・・・なになに?」

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

アレサ「  精霊さんたち・・・ 今日はどうなされたのです?」」

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン


🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

ソーラー「もっとC言語の話をしてほしいのか~~い」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン

それとも やはり、僕のボケたおしを・・・」

🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

アレサ「次から次へと まだまだ あつまってこられます。😊」

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン


🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

ソーラー「ははあ、わかった  なあ~るほど」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

アレサ「わたしも わかりましたの・・・」

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン


🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン

ソーラー「つまり、これは やはり 僕の 聖なる歌声が聞きたいと・・・」

🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

アレサ「・・・いうことではなくって・・・」

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

ソーラー 「C言語基礎編が おわったので  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

これから 作製するゲームに出たがっている精霊たちが 

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

ここに集まってきたってわけなんだね」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

アレサ「こんなに たくさんの 精霊さんたちが・・・」

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

ソーラー「 みんなが おもての世界に出られるようにしてあげなくちゃね。」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

アレサ「 はいっ ソーラーさん こんなに精霊さんたちも嬉しそうにしているの

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

ですもの 」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

    ソーラー「さあ、お次はシューティングゲーム作製編だ💖」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

    アレサ 「 私も お手伝いいたします」

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン


🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞


 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  


サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

ソーラー 「おおうう  あつまりすぎぃぃぃぃぃぃぃぃっぃぃぃぃぃ」

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

アレサ 「精霊さんたちったら  喜んでるんですの。。。ね」

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞

 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  

サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン

🌞  サン🌞 サン🌞  サン🌞  サン🌞  サン🌞





                               つづく