break文でおはようございます。

#include <stdio.h>

int main(void){

int a=0;


for(a=1;a>0;a++){

printf("おはようございます\n");

printf("おきてください\n");

printf("新しい朝が来ましたよ\n");


if(a==3)break;

printf("もしもし\n");

printf("あ、またっねようとしてる\n");

}


printf("・・・・・・・・・(^^)\n");

printf("にゃ、にゃお~~~ん(^^)\n");

printf("おはようございます\n");

printf("やっとおきられましたね\n");


return 0;

}

コンパイル結果

おはようございます

おきてください

新しい朝が来ましたよ

もしもし

あ、またっねようとしてる

おはようございます

おきてください

新しい朝が来ましたよ

もしもし

あ、またっねようとしてる

おはようございます

おきてください

新しい朝が来ましたよ

・・・・・・・・・(^^)

にゃ、にゃお~~~ん(^^)

おはようございます

やっとおきられましたね



このプログラムは


for(a=1;a>0;a++){}のはたらきにより


{}の中の命令文


printf("おはようございます\n");

printf("おきてください\n");

printf("新しい朝が来ましたよ\n");

if(a==3)break;

printf("もしもし\n");

printf("あ、またっねようとしてる\n");

をずっとくりかえしていきます。


printf("もしもし\n");

printf("あ、またっねようとしてる\n");

の前に記述されている


if(a==3)break;



if(a==3)の中の

aの値が3をとるとき以外は


論理式

a==3


0


偽の値をとるため


実行されません。



そしてfor文のa=3回目がくりかえされるとき


if(a==3)の中の


論理式

a==3

1


真の値を持つので


if(a==3)break;


が発動、実行され


for文からぬけだし


for文の次につづく命令文


printf("・・・・・・・・・(^^)\n");

printf("にゃ、にゃお~~~ん(^^)\n");

printf("おはようございます\n");

printf("やっとおきられましたね\n");


が実行されて


ねこちゃんが起きてくるわけです。


その最後の3回目の繰り返しの際


for文の中の

printf("おはようございます\n");

printf("おきてください\n");

printf("新しい朝が来ましたよ\n");

の命令文は実行されますが


a==3となったことにより


if(a==3)につづく


break;が実行されて


if(a==3)break;


につづく

printf("もしもし\n");

printf("あ、またっねようとしてる\n");

は実行されません。


for文の実行途中でぬけだしていますね。



どの位置でbreak;文をもってくるかが

使いどころですね。


このプログラムはbreak;文の便利な使い方の例です。


ぶーにゃん 「にゃおん おはようにゃん。」


てんC 「おはようございます。ぶーにゃんさん。


break;文で


わたしたちもあちらの世界からぬけだしてきたようです。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます